このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

今月の消費者展示コーナー(平成29年4月)

食品のトレーサビリティってな~に?

 

トレーサビリティ(traceability)は、trace(追跡)とability(可能性、能力)の2つの単語を合わせた言葉で、食品のトレーサビリティとは、「食品の移動を把握できること」を意味します。

日ごろから食品を取り扱った記録を残すことにより、万が一、健康に影響を与える事件・事故等が起きたときには食品の移動ルートを特定し、遡及・追跡して、原因究明や商品回収等を円滑に行うことが可能となります。そのため、消費者の健康被害の拡大を抑えることができます。

特に、国産の牛・牛肉や米・米加工品では、生産者や事業者にトレーサビリティの取組みが法律により義務づけられています。

4月の消費者展示コーナーでは、このような食品のトレーサビリティについてパネル等によりご紹介いたします。


  
展示期間:平成29年4月3日(月曜日)~4月28日(金曜日) 

  • 展示場所:東北農政局消費者展示コーナー
    (仙台合同庁舎B棟 1階行政情報プラザ)仙台市青葉区本町三丁目3番1号                    

 

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:山口、高橋
代表:022-263-1111(内線4330)
ダイヤルイン:022-221-6093
FAX番号:022-217-8432