このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

今月の消費者展示コーナー(平成30年11月)

「和食文化の保護・継承」~11月24日は「和食」の日~

日本人は、四季がはっきりした多様で豊かな自然がある中で、独自の食文化である「和食」を育んできました。「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいた「食」に関する「習わし」が、「和食;日本人の伝統的な食文化」として世界的に認められ、平成25年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

登録により世界的に和食が注目され、海外における日本食ブームが高まる一方で、我が国では食の多様化や核家族化、共働きの増加など価値観や働き方の変化の影響を受け、食生活は大きく変化しています。

和食文化の魅力を伝え、保護・継承を推進するため、11月24日の「和食の日」に合わせ、農林水産省の取組をポスター、展示物等で紹介します。

【展示内容】
和食文化の保護・継承に係る取組、和食に関するポスター・パンフレット等



展示期間:平成30年11月1日(木曜日)~11月30日(金曜日)

展示場所:東北農政局消費者展示コーナー 
             (仙台合同庁舎B棟 1階行政情報プラザ)
              仙台市青葉区本町三丁目3番1号 

washoku1   washoku100
展示コーナー全景   「一汁三菜」のサンプル
     
washoku2    washoku4
デジタルサイネージでも紹介しています    和食に関するすごろく、かるた 

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:山口、高橋
代表:022-263-1111(内線4419)
ダイヤルイン:022-221-6093
FAX番号:022-217-8432