このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

食育活動に役立つパンフレット等

農林水産省では、食育の推進に役立つパンフレットやリーフレットなどの各種資料を作成しています。ネットワーク会員皆様の食育活動に是非ご活用ください。
掲載の資料については、農林水産省ホームページに掲載されており全ページをご覧いただき確認できます。資料タイトルをクリックしアクセスしてください。ダウンロードも可能です。

食育全般


食育実践ガイドブック表紙

食育実践ガイドブック [農林水産省へリンク]

食や農林漁業体験等を通じ、食育活動を実践していただいている関係者の方々が、より効果的で広がりのある活動を目指すための食育実践ガイドブック。消費者の現状をより正確に把握するため、10,000人のデータから、その食習慣や食育プログラムへの参加意識などを分析するとともに、食育実践モニターの方のご意見や問題点を取りまとめ、課題解決のための様々な提案を行っています。
<A4版 44ページ>
 

食事バランスガイド


親子向け食事バランスガイドパンフ表紙

親子で一緒に使おう!食事バランスガイド [農林水産省へリンク]

1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいのか、コマの形のイラストでカンタンに教えてくれる食事バランスガイド。お子さまの分も、パパの分も、ママの分も、家族みんなの食生活をチェックして、元気な毎日をはじめましょう。「忙しい平日の朝の料理のコツは?」「塾で帰りが遅くなるとき、ごはんで気をつけることは?」「家族に役立つ1日のこんだては?」など、毎日の食生活の悩みや、料理の組み合わせの工夫に活用してみましょう。
さあ、親子で一緒にバランスのとれた食生活へ!
<A4版 23ページ>
<親子向け>

若者向け食事バランスガイドパンフ表紙

食事バランスガイド ココロとカラダのザスマート術 [農林水産省へリンク]

ザ☆スマート術を手に取ったアナタ、どんな願いを持っている?女子・男子にもてたい、カッコよく・キレイになりたい、仕事ができる男子・女子になりたい・・・、そんな願いを、ココロとカラダをスマートにしてかなえよう。
本パンフレットは、そんなアナタに役立つHOW TOを満載。
<A4版パンフレット 19ページ>
<若者向け(20代、30代)>

            中高年向け食事バランスガイドリーフ表紙

カッコいい中高年をサポートする 食事バランスガイド [農林水産省へリンク]

ウエストが気になるゴロゴロ50、ゴロゴロ40の兄弟。一体何が、彼らのお腹をここまで育て上げたのか。そのヒントを探すべく、2人がそれぞれ1日に何をどう食べていたのかをチェックします。その結果から、肥満とメタボ解消方を紹介します。
あなたもゴロゴロ兄弟と一緒にチェックしてみませんか。
<A4版 6ページ>
<中高年向け(40代、50代)>

 シニア向け食事バランスガイドパンフ表紙 

シニア世代の健康な生活をサポート食事バランスガイド [農林水産省へリンク] 

高齢化社会を迎えた今日、シニア世代が健康で自立した生活を送ることは、社会にとっても家族にとっても望ましいこと。何よりもシニア世代の方々自身の願いです。シニア世代が元気で健康な生活を送るための食事バランスガイド活用法と、より良い食生活を送るためのポイントを紹介します。
<A4版 22ページ>
<シニア世代向け(60代以上)>

日本型食生活のススメ


日本型食生活のススメ(入門編A)日本型食生活のススメ(入門編B) 

あなたの食事だいじょうぶ? (「日本型食生活」のススメ(入門編)A) [農林水産省へリンク]

そもそも「日本型食生活」って、なに?・・・そんな方には、まずは押さえていただきたい「日本型食生活」のススメのポイントを紹介します。いつもの中食・外食もちょい足しやメニューの選び方で、食生活はグッと良くなります。
<A4版 4ページ(二つ折りリーフレット)>

あなたの食事だいじょうぶ? (「日本型食生活」のススメ(入門編)B) [農林水産省へリンク]

      日本型食生活のススメ(実践編A)      日本型食生活のススメ(実践編B)        

デキる大人は食から違う! (「日本型食生活」のススメ(実践編)A) [農林水産省へリンク]

もっとバランスのよい食生活をしたいけど、なかなかできない・・・そんな方には、まずはごはんを中心にした献立の組み立て方を解説します。簡単に作れるメニューや時短料理のコツなど、忙しくても充実した食生活で元気をキープできます。
<A4版 4ページ(二つ折りリーフレット)>

 デキる大人は食から違う! (「日本型食生活」のススメ(実践編)B) [農林水産省へリンク]

 

 これからの食育で大切なこと

これからの食育で大切なこと 日本型食生活のススメ [農林水産省へリンク]

「日本型食生活」のススメについて、データを基にその大切さをポイント解説しています。
<A4版 2ページ>
<裏面は、加工、流通体験活動の「これからの食育で大切なこと 食と生産・流通体験のススメ」>


加工、流通体験活動


 体験活動B 体験活動A

探しに行こうよ!食べ物のふるさと (A) [農林水産省へリンク]

ご家族いっしょに、また仲間を誘って、みんなで出かけたくなる、市場・工場見学の情報や体験活動の楽しさを紹介してます。
<A4版 4ページ(二つ折りリーフレット)>

 

探しに行こうよ!食べ物のふるさと (B) [農林水産省へリンク]





       日本型食生活のススメB面   
    

これからの食育で大切なこと 食と生産・流通体験のススメ [農林水産省へリンク]

体験活動の楽しさを紹介しています。
<A4版 2ページ>
<裏面は、日本型食生活のススメの「これからの食育で大切なこと 日本型食生活のススメ」>

教育ファーム


 教育ファーム運営の手引き

基礎から始まる 教育ファーム運営の手引き [農林水産省へリンク]

教育ファームの育成・充実のため、教育ファームをこれから始めようとする方だけでなく、すでに実施している方にも、より効果的な農林漁業体験を実施していただくための手引きです。
<A4版 76ページ>

 児童向け教育ファーム学校教材 教諭向け教育ファーム教材

教育ファーム大作戦 食べ物を追跡! [農林水産省へリンク]

農業や食文化に関する体験活動をより多くの学校で実施していただけるよう、教科学習に関連づけて農業や食文化を学ぶことができる教材です。教材には、12種類のワークシートがあり、農業や食文化について学習ができるほか、紙面にキャラクターを登場させたり、漢字さがしクイズなどもあり、児童が意欲的に取り組める楽しい内容です。
<A4版 4ページ(二つ折りリーフレット)>
<ワークシート(児童向け)>

教育ファーム大作戦 指導解説書 [農林水産省へリンク]

<A4版 64ページ>
<ワークシート(児童向け)の指導解説書>



 企業向け導入マニュアル 企業向け導入マニュアルダイジェスト版

企業向け農林漁業体験導入マニュアルー教育ファームの活用ー [農林水産省へリンク]

子どもだけでなく大人にも食や農林水産業への理解を増進する農林漁業体験活動を推進するため、より多くの企業に社会的責任(CSR)活動、社員研修、福利厚生等の幅広い目的で農林漁業体験を利活用していただけるよう、先行事例や効果に関する情報などをまとめた手引きです。
<A4版 62ページ>

企業向け農林漁業体験導入マニュアルー教育ファームの活用ー[ダイジェスト版] [農林水産省へリンク]

<A4版 8ページ>

食文化の保護・継承


 食文化保護継承手引き

地域の伝統的な食文化の保護・継承のための手引き [農林水産省へリンク]

食育を通じた地域における郷土食、行事食などの食文化の保護・継承活動を推進するため、食文化の保護・継承活動をこれから始めようとする方だけでなく、既に実施している方にも、効果的に活動していただけるよう、、「誰が(保護・継承の活動主体、関係者との連携)」、「何を(地域の伝統的な食文化とは)」、「どうやって(具体的な取組の方法)」活動を進めれば良いか、先進事例を交えながら活動の効果的な発展のためのポイントをまとめた手引きです。
<A4版 50ページ>

 和食文化を守る

和食文化を守る。つなぐ。ひろめる。(平成27年度「和食」の保護・継承推進検討会報告書) [農林水産省へリンク]

平成27年度に開催された有識者による検討会「「和食」の保護・継承推進検討会」による、食生活に関するアンケート調査結果と、和食文化を普及するための手法について、食文化の関係団体、食育関係団体、地方公共団体などに、広く活用していただくものとしてまとめたパンフレットです。
<A4版 19ページ>

       和食を未来へ    
   

「和食」を未来へ。(平成26年度「和食」の保護・継承に関する検討会報告書) [農林水産省へリンク]

平成26年11月から平成27年3月にかけて、有識者による「和食」の保護・継承に関する検討会を開催し、さまざまな文献調査、アンケート調査、地域住民との意見交換、海外調査を実施し、こうした検討内容を報告書としてまとめたパンフレットです。
<A4版 15ページ> 

  和食ブック   

和食 WASHOKU 日本人の伝統的な食文化(和食ガイドブック) [農林水産省へリンク]

「和食」とは何か?私たちの伝統的な食文化である「和食」について解説した入門書です。
<A4版 34ページ> 

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課

担当者:食生活啓発普及係
代表:022-263-1111(内線4384)
ダイヤルイン:022-221-6403
FAX番号:022-722-7378

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader