このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

岩手フォトレポート(平成30年度)

平成30年度

       
           

新着情報 

バイオマスパワーしずくいしの現地調査を行いました(2018年5月9日)NEW

阿部 勲 東北農政局次長が(株)バイオマスパワーしずくいしの現地調査を行いました。

(株)バイオマスパワーしずくいしでは、小岩井農場内の家畜排せつ物や雫石町内の食品残さなどからメタンガスをつくり、電気や熱エネルギーを生み出すとともに、農地へ堆肥を還元する循環型農業を支援しています。

吉田 健一 業務部長から会社概要や施設設備の説明があり、今後の課題などの意見交換を行いました。

バイオマスパワーしずくいし意見交換   バイオマスパワーしずくいしの施設
(株)バイオマスパワーしずくいし吉田部長(左)と意見交換する阿部次長
  設備の現地調査の様子

平成30年度円筒分水工放水式に出席しました(2018年4月24日)

胆江地方に春を告げる『徳水園』(奥州市胆沢若柳)で円筒分水工放水式が開催され、木内 岳志 東北農政局長が祝辞を述べました。
この円筒分水工は、昔からの水争い解決のため国営胆沢川農業水利事業の一環として昭和33年に完成したものです。
放水式では、豊穣祈願の神事を行い、寿安堰(じゅあんぜき)と茂井羅堰(しげいらぜき)へ向け通水を開始しました。

放水式局長祝辞    神楽   円筒分水工
祝辞を述べる木内局長

  『狼ヶ志田(おえなしだ)神楽』の奉納


 
円筒分水工から勢いよく流れる農業用水

平成30年産米需要に応じた生産・販売等の推進に係るキャラバンが行われました(2018年4月19日・20日)

農林水産省 政策統括官 穀物課 上杉 和貴 水田農業対策室長が『平成30年産米需要に応じた生産・販売等の推進に係るキャラバン』のため来県し、19日から20日にかけて岩手県農林水産部やJA岩手県中央会、JA全農いわての各担当者などに対し30年産米の作付動向や輸出用米の取組などについて説明しました。その後、需要に応じた生産による米価の安定に向けて意見交換を行いました。

キャラバン説明    キャラバン会場の様子
説明する上杉室長

  キャラバンの様子

地方参事官が市町村・JAを訪問し意見交換を行っています(2018年4月5日~)

平成30年4月に岩手県拠点に着任した桃澤 靖 地方参事官が、岩手県始め県内の市町村やJA等関係機関を訪問し意見交換を行っています。

 花巻市長   洋野町長
花巻市長(左)との意見交換
(4月17日)

  洋野町長(左)との意見交換
(4月18日)

過去の岩手フォトレポート

 

お問合せ先

岩手県拠点 橋市庁舎
〒020-0033 岩手県盛岡市盛岡駅前北通1番10号(橋市盛岡ビル5階)
代表:019-624-1125
FAX:019-654-2940

岩手県拠点 愛宕庁舎
〒020-0013 岩手県盛岡市愛宕町13番33号
代表:019-624-1128 
FAX:019-624-1131