このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

山形フォトレポート(平成29年度)

 

   [29年5月分]   [29年6月分]  [29年7月分]  [29年8月分]  [29年10月分]  [29年11月分] [29年12月分]  
  [30年1月分]              

 新着情報 

 

第19回やまがたフラワーセミナーに出席(平成30年1月15日) NEW   

花きの振興と需要拡大を図るため、1月15日(月曜日)にグランドホクヨウ米沢において山形県花き生産連絡協議会主催の「第19回やまがたフラワーセミナー」が開催され、土屋地方参事官が出席して祝辞を述べました。
また、平成29年10月20日に開催された「やまがたフラワーフェスティバル2017花き品評会」の表彰式も行われ、農林水産大臣賞、農林水産省生産局長賞及び東北農政局長賞の受賞者に土屋地方参事官が伝達を行いました。
 

 
   

山形県花き生産連絡協議会長
(主催者)のあいさつ

 

祝辞を述べる土屋地方参事官

   

農林水産大臣賞を伝達する
土屋地方参事官

 

フラワーセミナーの様子


地産地消給食等メニューコンテストの東北農政局長賞を伝達(平成29年12月13日)  

農林水産省は、学校給食、社員食堂、外食・弁当等に地場産農林水産物・食品を活用している優れたメニューを表彰する「地産地消給食等メニューコンテスト」を毎年実施しています。
 
平成29年11月に開催された「第10回地産地消給食等メニューコンテスト」において、外食・弁当部門で株式会社県庁食堂(山形県 山形市)が農林水産大臣賞を受賞しました。
 
また、学校給食・社員食堂部門で山形県立河北病院 栄養管理室(山形県 河北町)が東北農政局長賞を受賞しました。この度、山形県拠点土屋地方参事官が山形県立河北病院を訪問し、東北農政局長賞の伝達を行いました。


 
   

株式会社県庁食堂
菊地代表取締役

 

山形県庁食堂入り口の様子


   

東北農政局長賞を伝達する
土屋地方参事官

 

山形県立河北病院 栄養管理室
佐藤技師長(管理栄養士)右


参考:
  <農林水産大臣賞> 株式会社県庁食堂(山形県 山形市) 【外食・弁当部門】
                                受賞メニュー等はこちらから(PDF : 306KB)
 
  <東北農政局長賞> 山形県立河北病院 栄養管理室(山形県 河北町)【学校給食・社員食堂部門】  
                                受賞メニュー等はこちらから(PDF : 114KB)

 

東北農政局と市町村長との意見交換会を開催(平成29年11月27日、28日、30日)   

東北農政局は、11月27日に村山地域、11月28日に庄内・最上地域及び11月30日に置賜地域の市町村と、農業・農村の振興に向けた独自の取組や現場で抱える課題等について意見交換会を開催しました。
 
各市町村からは、地域の担い手の確保対策や鳥獣被害防止対策、農家の所得向上など、地域における農林水産業の現状や意見・要望等が出され、活発な意見交換が行われました。

 
   

挨拶する阿部東北農政局次長
(11月27日 村山会場)

 

意見交換会の様子
(村山会場)


   

答弁する木内東北農政局長
(11月28日 庄内・最上会場)

 

意見交換会の様子
(庄内・最上会場)


   

挨拶する木内東北農政局長
(11月30日 置賜会場)

 

意見交換会の様子
(置賜会場)

山形県収入保険制度普及推進協議会(平成29年11月15日)

11月15日(水曜日)に山形県農業共済組合において、山形県収入保険制度普及推進協議会が開催され、土屋地方参事官が出席しました。
 
山形県収入保険制度普及推進協議会が設立され、農業関係機関や団体等で連携・協力しながら県内における収入保険制度の円滑な導入を図っていくこととしています。
 

 

あいさつする土屋地方参事官

 

協議会の様子

  

木内東北農政局長が「山形セルリー」の現地調査(平成29年11月7日)

11月7日(火曜日)に、木内東北農政局長が山形市内のセルリー団地において、JA山形市が創設した「山形セルリー」農業みらい基地創世プロジェクトの現地調査を行いました。
 
その後、JA山形市アグリセンターで、大山JA山形市組合長ほか生産者のみなさんと意見交換を行いました。

大山JA山形市組合長(左)から説明
を受ける木内東北農政局長(中央)

セルリーハウス内の様子

 

会田JA山形市セルリー部会長
(中央)から説明を受ける

山形セルリーを栽培している
新規就農者等と意見交換

 

  

地域産業資源活用事業計画及び農商工連携事業計画認定式(平成29年10月13日)

10月13日(金曜日)に、山形県庁で行われた地域産業資源活用事業計画及び農商工連携事業計画の認定式に山形県拠点佐々木総括農政推進官が出席し、認定証の交付を行いました。
 
地域産業資源活用事業は「株式会社タスクフーズ」が、農商工連携事業は、「まるい食品株式会社」と「庄内こんにゃく芋生産組合」の連携の取組が認定されました。
 
参考:地域産業資源活用事業計画  「株式会社タスクフーズ」
       農商工連携事業計画   「まるい食品株式会社」と「庄内こんにゃく芋生産組合」の連携

 

 

事業者へ認定証を交付

 

左から(株)タスクフーズ、庄内こんにゃく芋
生産組合、まるい食品株式会社

  

担い手への農地集積・集約化の取組状況等に関する意見交換会を実施(平成29年8月31日)

8月31日(木曜日)に農林水産省経営局農地政策課の大山農地流動化調整官が、担い手への農地集積・集約化の取組状況等について、現場の担い手と意見交換を行いました。
 
意見交換会では、大山農地流動化調整官から、担い手への農地集積・集約化の取組状況及び農地中間管理機構の活用状況、農地中間管理機構と連携した新事業の創設等について説明を行い、その後、活発な意見交換を行いました。

 

 

あいさつする大山農地流動化調整官

 

会場の様子

 

山形県法人協会会員との意見交換会を実施(平成29年8月31日)

8月31日(木曜日)に農林水産省総務・経営安定対策参事官付経営安定対策室の担当者が、東北農政局山形県拠点において、山形県農業法人協会会員と需要に応じた生産による水田フル活用及び平成30年産に向けた米政策の見直しについての意見交換を行いました。
 
意見交換会では、本省担当者から、平成30年産に向けた取組の推進等について説明を行い、その後、現場の担い手の米政策の見直しに関する課題について、活発な意見交換を行いました。

 

 

あいさつする龍参事官補佐

 

会場の様子

 

木内東北農政局長が関係団体へ就任挨拶(平成29年8月2日)

木内東北農政局長が山形県内の関係団体へ就任の挨拶を行いました。
 
山形県農林水産部をはじめ、やまがた農業支援センター、山形県農業会議、やまがた食産業クラスター協議会、山形6次産業化サポートセンター、山形新聞社、山形県農業協同組合中央会 、全国農業協同組合山形県本部、日本政策金融公庫山形支店、山形県土地改良事業団体連合会、及び山形県農業共済組合を訪問し就任の挨拶を行いました。

山形県白田農林水産部長(中央)
にご挨拶

山形新聞社寒河江取締役社長(左)
にご挨拶

 

山形県農業協同組合中央会
今田常務理事(右)にご挨拶

全国農業協同組合山形県本部
後藤県本部長(左)にご挨拶

 

全国GAPキャラバンを開催(平成29年7月18日) 

7月18日(火曜日)に山形県においてGAP(農業生産工程管理)全国キャラバンを開催しました。
 
農林水産省生産局農業環境対策課 及川課長から、国のGAP推進の考え方(国際水準GAPの重要性、方向性等)や取組内容及びHACCPの推進について、続いて、生産局畜産振興課 江上課長補佐から畜産版GAPの推進についての説明があり、県や農業団体関係者に向けて、GAP推進の方向性等の説明及び意見交換が行われました。

 

 

あいさつする及川課長

 

会場の様子

 

やまがた農業経営塾開講式に出席(平成29年7月18日)

7月18日(火曜日)に、やまがた農業経営塾開講式へ農林水産省経営局就農・女性課の佐藤課長が出席しました。
 
その後、受講生代表の抱負発表や講演があり、最後に行われた農林水産省と受講生との意見交換では、担い手の方々から「将来的に法人化を目指したい。」など積極的な意見が出されました。

 

 

挨拶する佐藤課長

 

意見交換の様子

 

山形県認定農業者協議会設立総会及び研修会に出席(平成29年7月14日) 

7月14日(金曜日)に、山形県認定農業者協議会設立総会へ東北農政局の阿部次長が来賓として出席し、山形県における認定農業者協議会の発足にあたり祝辞を述べました。
 
山形県認定農業者協議会が担う役割は、県内認定農業者の連携の要として今後益々重要であり、地域の中心的な担い手の育成確保、経営規模拡大、生産効率の向上、経営の法人化、多様な人材のネットワークづくりなど農業経営のさらなる発展が期待されます。

 

 

祝辞を述べる阿部次長

 

認定農業者協議会設立総会の様子

 

第3回全国メロンサミットin鶴岡が開催(平成29年7月8・9日)


7月8・9日(土・日曜日)に鶴岡市で、東北初となる「第3回全国メロンサミット」が開催されました。
 
8日は東京第一ホテル鶴岡を会場に、北海道から宮崎県まで、全国のメロン産地(14市町)の生産者や流通業者等が一堂に会し、「ビジネスサミット」が行われました。
 
9日は小真木原公園を会場に、メロンの祭典が行われ、各地メロンの即売会やサミット限定のメロンスイーツのふるまい、各種メロンの食べ比べなど、メロンに関連した楽しいイベントが目白押しで、来場者はメロンの魅力や、おいしさを思う存分に体験していました。

 

 

にぎわいを見せる各JAブース

 

メロンの試食の様子

 

「山形県総合研究センター水田農業試験場」にて参事官室勉強会を実施(2017年7月6日) 

7月6日(木曜日)に、「山形県総合研究センター水田農業試験場」を訪問し参事官室勉強会を行いました。
 
水田農業試験場の本間水稲部長からパワーポイントを用いて「試験場の概要」、「水稲新品種の育成と栽培技術の開発」などの説明を受けた後、質疑応答を行いました。中でも、平成30年に本格デビューする「雪若丸」について、「最大の特徴はしっかりした粒感と粘り、新食感で差別化を図りたい。」との説明がありました。
 
その後、試験ほ場に移動し、試験場での水稲の栽培管理状況について詳しい説明を受けながら見学を行いました。

座学の様子 試験ほ場で説明を受ける様子

座学の様子

試験ほ場で説明を受ける様子

 雪若丸の特性 4千を超える試験圃

雪若丸の特性

4千を超える試験圃

関係機関との意見交換を実施(2017年6月22日) 

6月22日(木曜日)に、東北農政局の國井次長、高居農村振興部長が山形県農林水産部、やまがた農業支援センター、山形県農業会議及び山形県土地改良事業団体連合会を訪問し意見交換を行いました。
 
山形県農林水産部では白田農林水産部長、やまがた農業支援センターでは阿部専務理事、山形県農業会議では今田専務理事、山形県土地改良事業団体連合会では佐貝会長らが出席し、活発な意見交換が行われました。 

1 2

山形県農林水産部での意見交換の様子

やまがた農業支援センターでの
意見交換の様子

 3 4

山形県農業会議での意見交換の様子

山形県土地改良事業団体連合会
での意見交換の様子

 男女共同参画に係る農協女性役員に関する意見交換(平成29年5月22日)

5月22日(月曜日)に、東北農政局の宮島経営・事業支援部長、諏訪経営支援課長が山形県農業協同組合中央会と山形県庁を訪問し「男女共同参画に係る農協女性役員に関する意見交換」を行いました。
 
山形県農業協同組合中央会では今田常務理事、山形県農林水産部では白田農林水産部長らが出席し、活発な意見交換が行われました。
 

山形県農業協同組合中央会での意見交換の様子   2

山形県農業協同組合中央会
での意見交換の様子

 

山形県農林水産部
での意見交換の様子

 

 「山形県製麺協同組合総会」へ出席(平成29年5月10日)


5月10日(水曜日)に、山形市「ホテルキャッスル」にて行われた山形県製麺協同組合の「第43回通常総会・研修会」に山形県拠点土屋地方参事官が来賓として出席し、祝辞を述べました。

 

祝辞を述べる土屋参事官   「通常総会」の様子

祝辞を述べる土屋参事官

 

「通常総会」の様子



過去の山形フォトレポート

 

 

お問合せ先

山形県拠点
   〒990-0023 山形県山形市松波一丁目3番7号
   代表:023-622-7231
   FAX:023-622-7256

   酒田駐在所
   〒998-0061 山形県酒田市光ヶ丘二丁目13番6号
   代表:0234-33-7244
   FAX:0234-33-7245