このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海地域6次化メールマガジン「6サポ東海」第45号(平成28年11月)

東海農政局管内認定事業者の取組事例の紹介

新商品の紹介

  • 株式会社篠島お魚の学校(愛知県知多郡南知多町)
  • 株式会社いさむ・ポーク(愛知県みよし市)

平成25年度第2回で認定された株式会社篠島お魚の学校は、しらすを使った新商品「篠島産しらす餃子」の販売をイオン新瑞橋店内「わくわく広場」にて開始しました。この商品は、平成26年第2回で認定された株式会社いさむ・ポークが生産する、抗生剤を使わず、発酵飼料を与えた、イサムポークをベースに、出来たての秋しらすを加えた生姜風味の餃子です。

イオン新瑞橋店の地図はこちらから
http://aratamabashi.aeonmall.com/static/detail/access-map(外部リンク)

-お問い合せ先-
住所:愛知県知多郡南知多町篠島浦磯1-201
株式会社篠島お魚の学校
電話:090-7953-9111(担当:辻)

住所:愛知県みよし市三好町弥栄52
株式会社いさむ・ポーク
電話:0561-34-1385

6次産業化の支援体制

平成28年度の各県サポートセンター

6次産業化サポートセンターでは、6次産業化に取り組もうとする農林漁業者等への6次産業化プランナーの派遣や、6次産業化に必要な各分野の研修会、説明会の開催等により、6次産業化を総合的にサポートします。
6次産業化の取組に関心のある方は、お気軽にご相談ください。

  • 岐阜県の6次産業化サポートセンター

株式会社OKB総研
電話:0584-74-2615
参考:株式会社OKB総研ホームページ
https://www.okb-kri.jp/gifu_6jika/gifu6jika_sc.html(外部リンク)

  • 愛知県の6次産業化サポートセンター

株式会社JTB中部法人営業名古屋支店
電話:052-202-1050
参考:愛知県6次産業化サポートセンターホームページ
http://aichi-6sapo-center.com/

  • 三重県の6次産業化サポートセンター

株式会社三重銀総研
電話:059-354-7159
参考:株式会社三重銀総研ホームページ
http://www.miebank.co.jp/mir/professional/rokujisangyo.html(外部リンク)

東海地域の6次産業化関連イベント情報

あいちの農林水産フェアについて

あいちの農林水産フェア実行委員会(愛知県、名古屋市、愛知県農業協同組合中央会、愛知県経済農業協同組合連合会)では、「魅力いっぱい愛・地産。里から海から大集合!」をテーマに、愛知県内で生産された農林水産物やそれらを原料とした加工品を集めた、展示販売会を開催します。

開催日時:平成28年11月9日(水曜日)~11月14日(月曜日)
10時00分~19時30分(最終日は18時00分終了)
場所:名古屋栄三越7階催物会場(名古屋市中区栄3-5-1)

-お問い合わせ先-
あいちの農林水産フェア実行委員会事務局
電話:052-954-6434受付時間8時45分~17時30分(平日のみ)

清流の国ぎふ産直市場「g.i.Foods(ジ・フーズ)」開店!

岐阜県は名古屋市東区のオアシス21内に、6次産業化商品のテストマーケティングと農産物の販路拡大のため、清流の国ぎふ産直市場「ジ・フーズ」を開店しています。

詳細については、岐阜県ホームページをご覧ください。
http://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_11444/rinyuaropen.html

オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村出店者募集!

東海農政局では、オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村事務局の協力を得て、六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定を受けた事業者を朝市村に出店させていただいています。

次回は11月19日、(土曜日)に参加を予定していますので、出店をご希望される方は、下記にご連絡ください。

出店料:2,000円
対象者:六次産業化・地産地消法認定事業者で有機農業等に取り組む者
出品対象商品:総合化事業計画に基づく新商品等

東海農政局ホームページ(六次産業化法認定事業者のための朝市村出展要件)
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/zigyo/6sapomm/pdf/asaichitebiki.pdf(PDF:244KB)

また、同時に6次産業化・輸出相談窓口も開設する予定です。

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部地域連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村についてはこちらをご覧ください。
http://www.asaichimura.com/(外部リンク)

農林水産省の取組紹介

「農業参入フェア2016(名古屋会場)」を開催

農林水産省及び全国農業委員会ネットワーク機構は、企業の農業参入を促進するため、先進事例の発表や、農業参入を希望する企業と企業を誘致したい地域との具体的なマッチングを行う「農業参入フェア2016」を開催します。

日時:平成28年11月22日(火曜日)13時00分~16時30分
会場:ナディアパーク3階 デザインホール(名古屋市中区栄3-18-1)
参加費:無料(参加申し込みが必要)
申込期限:平成28年11月18日(金曜日)

セミナー

  • 農業参入をテーマにした基調講演
  • 農業参入した企業の体験談 等

個別・相談コーナー

  • 企業を誘致したい県、農地中間管理機構が企業等の相談に応じるコーナー
  • 国が制度面に関する相談に応じるコーナー 等

詳細については以下のホームページをご覧ください。
http://www.nca.or.jp/hojinsien/jirei/fair_index.html(外部リンク)

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部農地政策推進課
農地企画係
電話:052-223-4627

6次産業化商品を紹介する「6サポモール」情報発信中

「6サポモール」では、東海農政局管内の認定事業者の販売中・試作中の商品を紹介し、認定事業者とバイヤーとの情報交換をサポートします。
FCP展示会・商談会シートを利用した商談も成立していると聞いています。
認定事業者の新たな動きを月1回(毎月15日目途)更新していきます。

また、東海農政局管内各県の認定事業者地域分布図も併せてご覧ください。

東海農政局「6サポモール」についてはこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/mall/index.html

6次産業化と農産物・食品の輸出の今がわかる「Facebook」を発信中

東海地域農林漁業成長産業化促進協議会及び東海地域農林水産物等輸出促進協議会では、6次産業化、輸出促進等の情報をより多くの国民の皆様に知っていただくため「Facebook」により情報を発信しています。
是非!アクセスしてください!

以下のホームページ内のリンクをクリック!どなたでもご覧いただけます。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/kyogikai/facebook.html

その他

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回)の選定結果について

内閣官房と農林水産省は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現に向けて、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより、地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良事例を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定し全国へ発信することとしています。
第3回目の今年度は、全国で応募のあった769地区の中から厳正な審査の結果、30地区が選定されました。そのうち東海農政局管内では以下の3地区が選定されました。

  • 奥矢作移住定住促進協議会(岐阜県恵那市)
  • 茶臼の里合同会社(愛知県北設楽郡豊根村)
  • 鳥羽マルシェ有限責任事業組合(三重県鳥羽市)

なお、今後は11月下旬頃に、選定された30地区を対象にグランプリ1地区、特別賞4地区を選定する予定です。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/discover.html(農林水産省へリンク)

-お問い合わせ先-
東海農政局農村振興部農村計画課
電話:052-223-4629

「6次産業化のさらなる推進に向けて」セミナーを開催

6次産業化では、事業規模の拡大や事業活動の面的広がり等をいかにして図るかが課題となっている。このため、農林水産政策研究所では、高知県土佐山地域のゆずを活用した6次産業化の内容を概観しながら、主として流通システムの観点から意義や特徴等を検討するセミナーを開催します。

日時:平成28年11月29日(火曜日)14時00分~16時00分
会場:農林水産政策研究所(東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館9F)
参加費:無料(参加申し込みが必要)
申込期限:平成28年11月25日(金曜日)
参加定員:100名

-お問い合わせ先-
農林水産政策研究所企画広報室広報資料課
電話:03-6737-9012

農産物直売所関係者の皆様へ(注意喚起)

農産物直売所において、有毒な野生キノコである「ツキヨタケ」を可食キノコの「ムキタケ」と誤認して販売され、それを購入した消費者が食中毒を起こしたという事故が発生しました。
このような事故は、消費者の生命及び消費者の直売所に対する信頼に関わる大きな問題ですので、直売所の関係者の方は十分注意願います。

毒キノコに関する注意喚起については、以下のホームページをご覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/rinsanbutsu/tokuyo_rinsan.html(農林水産省へリンク)

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部地域食品課
電話:052-223-4602

日本政策金融公庫「インターネットビジネスマッチング」の紹介

日本政策金融公庫では、「売り手」と「買い手」のマッチングを行う場として、「インターネットビジネスマッチング」のサイトを開設しています。
会員登録(無料)していただくと商品等を掲載することができ、それを見た登録バイヤーが興味を示せば、商談へ進むことができます。
6次産業化商品等の販路拡大のツールとして、こちらのサイトをご利用していただければと思います。

詳細については、日本政策金融公庫ホームページをご覧ください。

日本政策公庫ホームページ(インターネットビジネスマッチング)
https://match.jfc.go.jp/(外部リンク)

6サポ東海の掲載記事募集!

6サポ東海では、6次産業化や農商工連携等の取組推進に役立つ情報を発信していきます。一方、実際に6次産業化に取り組まれている農林漁業者(認定事業者)、関係機関からの情報も掲載していきたいと考えております。情報例を参考としていただき掲載を希望される情報がございましたら下記までお知らせください。

(情報例)

  • 当農園の6次産業化等の取組で開発した新商品が○○賞を受賞
  • 当農場の6次産業化等の取組で農家レストランを○月○日にオープン
  • 当農園の6次産業化等の取組について○○雑誌○月号の特集に掲載予定
  • 6次産業化や農商工連携等に関するイベント開催情報

などなど

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部地域連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

6サポ東海のバックナンバー公開中!

6サポ東海のバックナンバーを東海農政局ホームページにて公開しています。
こちらからご覧いただけます。

東海農政局ホームページ(東海地域6次化メールマガジン「6サポ東海」)
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/mail/index.html

東海農政局の各種メールマガジンを配信中!

東海農政局では「6サポ東海」以外にも各種メールマガジンを配信しています。
この機会に、是非ご登録ください。

東海農政局ホームページ(東海農政局メールマガジン)
http://www.maff.go.jp/tokai/mail/index.html

配信の登録・変更・中止はこちら

配信の登録・変更・中止はこちら

http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html(農林水産省へリンク)

お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課

担当者:6次産業化担当
代表:052-201-7271(内線2716)
ダイヤルイン:052-223-4619
FAX番号:052-219-2670

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader