このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海地域6次化メールマガジン「6サポ東海」第55号(平成29年8月)

東海農政局管内認定事業者の取組事例の紹介

農家レストラン・直売所情報

浅桑園浅井喜代人氏(愛知県日進市)

平成29年6月期に認定を受けた浅桑園浅井喜代人氏は、今年も8月9日から農園前直売所でブドウの販売が開始されます。
スタートはデラウェアからの販売となります。

事業者、商品の情報はこちらから
http://www.facebook.com/asakuwaen(外部リンク)

-お問い合せ先-
愛知県日進市浅田平子1-23
浅桑園浅井喜代人
電話:052-838-8670
FAX: 同上

東海地域の6次産業化関連イベント情報

農林漁業成長産業化ファンドがより使いやすくなりました

農林漁業者が6次産業化を通じた事業規模拡大等に取り組む際、必要となる資金を出資により補うことができます。
これまで出資を受ける農林漁業者(農業法人等)は、新たに別法人を設立しないと出資を受けられませんでしたが、本年5月31日に支援基準が改正され、農業法人等が既に6次産業化のノウハウや販路等を有する場合、既存の農業法人が直接的に出資を受けることが可能となりました。
これにより農林漁業者は、別法人の設立費用や運営コスト等の負担がなくなり、ファンドがより使いやすく身近なものとなりました。

-お問い合わせ先-
農林水産省食料産業局産業連携課ファンド室
電話:03-6744-2076
具体的な出資等の相談
A-FIVE(統括部)
電話:050-3797-0154

オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村出店者募集

東海農政局では、オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村事務局の協力を得て、六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定を受けた事業者を朝市村に出店させていただいています。
毎月第1、第3土曜日に参加していますので、出店を希望される方は下記までご連絡願います。

出店料:2,000円
対象者:六次産業化・地産地消法認定事業者で有機農業等に取り組む者
出品対象商品:総合化事業計画に基づく新商品等

東海農政局Webサイト(6次産業化認定事業者のための朝市村出展要件)
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/zigyo/6sapomm/pdf/asaichitebiki.pdf(外部リンク)

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部地域連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村については以下のWebサイトをご覧ください。
http://www.asaichimura.com/(外部リンク)

「全国キャラバン!食の発掘商談会」in名古屋出展者募集中!

株式会社JTB西日本は、販路拡大を目指す6次産業化事業計画認定事業者等を対象とした「全国キャラバン!食の発掘商談会」in名古屋を開催します。
商談会には、全国の百貨店、スーパー、小売、卸、商社、通販、ホテル・旅館、輸出商社等、多岐に渡るバイヤーが参加します。
また、商談会に先立ち開催される地域交流会では、商談会(販路)に向けたスキルUPを目指すことを目的に、事業者とバイヤーが販路拡大の課題・ニーズなどの意見交換を行います。
なお、申込み締め切り日が8月25日まで延長されましたので、奮ってのご応募をお待ちしています。

地域交流会:8月31日(木曜日)
会場:東海農政局第1、2会議室(名古屋市中区三の丸1-2-2)

商談会:11月28日(火曜日)
会場:メルパルク名古屋(名古屋市東区葵3-16-16)

申込方法:http://jtb-matching.com/japanfood2017/(外部リンク)

-お問合せ先-
食の発掘商談会運営事務局」TEL06-7650-6216担当(中塚、南里)
jtbmatching@west.jtb.jp

2017年度中部イオン会支部合同見本市に出展

8月2日、3日に開催されました中部イオン会支部合同見本市に、東海農政局として1ブース確保いただき、各県及びサポートセンターで厳選いただいた6次産業化認定事業者様の商品を展示させていただきました。
商品展示は初めての試みでしたが、イオン関係者の方々の反応も良く商品説明を求めたりパンフレットを持ち帰る等、アピールすることができました。
来年も展示ができればと考えています。

東海地域の6次産業化関連イベント情報

「フード・アクション・ニッポン アワード 2017」応募受付中

農林水産省では、国産農林水産物の消費拡大に係る国民運動として2009年度よりフード・アクション・ニッポンを推進しており、この一環として、地域の食材や食文化を活かした魅力的な産品を食のプロが発掘するコンテストである「フード・アクション・ニッポン アワード」を毎年実施しています。
今年度は「今一番食べて欲しい、おいしい日本の逸品」をテーマに、全国への流通販路を持つ大手百貨店、流通、外食事業者等が審査委員となり、一次審査を通過した100産品から最終審査で10産品を選出します。
「受賞」産品は審査・選出を行った審査員企業が実際に販売支援することで、作り手の想いとともに魅力的な産品が消費者に届けられていきます。
皆様が作り上げたご自慢の逸品を大手の流通事業者にPRする機会にもなります。応募期限は8月31日(木曜日)ですので、たくさんご応募ください。
詳しくは、こちらをご覧ください。
http://syokuryo.jp/award/(外部リンク)

-お問い合わせ先-
フード・アクション・ニッポン推進本部事務局
電話:03-6452-3990

「第10回地産地消給食等メニューコンテスト」の募集について

「地産地消給食等メニューコンテスト」については、学校給食や企業の社員等を対象に提供される給食、不特定多数の消費者を対象に提供される外食等において、地産地消の取組を伴った地場産農林水産物・食品を使用した優れたメニューについて表彰を行うものです。
(一社)JC総研のWebサイトに掲載していますので、ぜひ、ご応募ください。
応募期限は8月25日(金曜日)です。詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.jc-so-ken.or.jp/seminar/sommelier.php(外部リンク)

-お問い合わせ先-
一般社団法人JC総研基礎研究部食農チーム(表彰業務受付窓口)
電話:03-6304-1229

「平成29年度地産地消等優良活動表彰」の募集について

「地産地消等優良活動表彰」については、全国各地で、それぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消の取組や、国産農林水産物・食品の消費拡大の活動等に関する成果や持続性等について分析、評価を行い、優れた取組・活動を行う団体、個人に対して表彰を行うものです。
一般社団法人JC総研のWebサイトに掲載していますので、ぜひ、ご応募ください。
応募期限は8月25日(金曜日)です。詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.jc-so-ken.or.jp/seminar/sommelier.php

-お問い合わせ先-
一般社団法人JC総研基礎研究部食農チーム(表彰業務受付窓口)
電話:03-6304-1229

その他

6サポ東海の掲載記事募集!

6サポ東海では、6次産業化や農商工連携等の取組推進に役立つ情報を発信していきます。一方、実際に6次産業化に取り組まれている農林漁業者(認定事業者)、関係機関からの情報も掲載していきたいと考えております。情報例を参考としていただき掲載を希望される情報がございましたら下記までお知らせください。

(情報例)
当農園の6次産業化等の取組で開発した新商品が◯◯賞を受賞
当農場の6次産業化等の取組で農家レストランを◯月◯日にオープン
当農園の6次産業化等の取組について◯◯雑誌◯月号の特集に掲載予定
6次産業化や農商工連携等に関するイベント開催情報

などなど

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部地域連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

東海農政局の各種メールマガジンを配信中!

東海農政局では「6サポ東海」以外にも各種メールマガジンを配信しています。
この機会に、是非ご登録ください。

東海農政局Webサイト(東海農政局メールマガジン)
http://www.maff.go.jp/tokai/mail/index.html

お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課

担当者:6次産業化担当
代表:052-201-7271(内線2716)
ダイヤルイン:052-223-4619
FAX番号:052-219-2670

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader