このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海地域6次化メールマガジン「6サポ東海」第59号(平成29年12月)

六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定

東海農政局管内の平成29年11月期総合化事業計画の認定

東海農政局では、六次産業化・地産地消法に基づく平成29年11月期総合化事業計画の認定(平成29年11月30日付け)を行いました。
新たな認定件数は3件(岐阜県2件、愛知県1件)で、東海農政局管内での認定件数は209件となりました。

事業名は、

大玉トマトを活用したトマトジュースの開発・販売事業(岐阜県)
「こめ米たまご」を用いた加工品開発・販売事業(岐阜県)
あいちのかおりを活用した米粉パン等の製造・販売事業(愛知県)

です。

また、平成29年11月30日現在の全国の総合化事業計画の認定件数は、2,279件となりました。

認定事業計画の内容、認定状況については、東海農政局Webサイト、農林水産省Webサイトに掲載していますのでご覧ください。

 

東海農政局管内認定事業者の取組事例の紹介

新商品の紹介

ミチナル株式会社(岐阜県高山市)

平成28年3月の認定事業者であるミチナル株式会社は、岐阜県高山市の野菜生産者が飛騨地区で収穫する未利用ほうれん草を中心に「捨てない農業」を目指し、業務用冷凍加工品の製造及び販売を行っています。

本年7月にほうれん草を使った「幸せのほうれん草カレー」、「ベジタブルドライカレー」を発売しました。全国有数の産地である飛騨高山で育ったほうれん草をペースト状にし、原材料に入れることで野菜が苦手なお子様にも喜んで食べていただける、甘みと風味を手軽に楽しめるレトルトカレーに仕上げています。

-お問い合せ先-
岐阜県高山市一之宮町字下渡瀬177番地
ミチナル株式会社 代表取締役 山下 喜一郎
電話:0577-53-3776
FAX:0577-53-0888

有限会社大地(愛知県豊田市)

平成28年2月の認定事業者である有限会社大地は、愛知県豊田市内でベーカリーを経営し、平成27年より農業部を立ち上げ、米と、大豆及び小麦を隔年で交互に栽培しています。
大豆は、収穫の大半を田の肥料としていましたが、より有効的に利用するため6次産業化に取り組み、商品開発を行うこととしました。

本年5月に、自社農園である「まねきねこ農園」で生産したお米と大豆を使い、待望の新商品「大地のみそ」ができあがり販売を開始しました。
商品パッケージのデザインは、店頭や自社情報紙の「ほほえみ通信」へ掲載し、広く募集を行い、応募いただいた内容を参考にデザイン化しました。

-お問い合せ先-
愛知県豊田市陣中町1234
有限会社大地 担当者:石川 サヤカ
電話:0565-34-4911
FAX:0565-34-4911

梅田建設株式会社(岐阜県山県市)

平成25年8月の認定事業者である梅田建設(株)は、自社で栽培したにんにくを黒にんにくに加工して販売しています。

今年から、黒にんにくを更に加工した新商品「黒にんにく黒酢」を発売しました。
愛知県知多市で作られた黒酢に、自社の黒にんにく、りんご果汁、はちみつ及びオリゴ糖を加え、水等で2~3倍に薄めて飲んでいただく希釈タイプで、甘さを控えさっぱりとした口当たりで飲んでいただけます。

-お問い合せ先-
岐阜県山県市松尾13039
美濃山県元気ファーム 梅田 恵梨子
電話:0581-36-3123
FAX:0581-36-3125

 

 東海地域の6次産業化関連イベント情報

「6次産業化・農商工連携フォーラムin東海」の開催について

6次産業化や農商工連携の取組は、農山漁村において新たな所得や雇用を創出し、地域の活性化につながる重要な取組で、農林水産省と経済産業省は協力して、農林漁業者及び中小企業者の取組を支援してきたところです。

この度、6次産業化や農商工連携の更なる取組の推進を図るため「六次産業化・農商工連携フォーラム」を以下のとおり開催します。

日時:平成29年12月13日(水曜日)13時30分~17時00分
会場:名古屋銀行協会(名古屋市中区丸の内242)

詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.juroku.co.jp/(外部リンク)

-お問い合わせ先-
 東海農政局経営・事業支援部 地域連携課
 電話:052-223-4619

オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村出店者募集!

東海農政局では、オアシス21オーガニックファーマ-ズ朝市村事務局の協力を得て、六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定を受けた事業者を朝市村に出店させていただいています。
毎月第1、第3土曜日に参加していますので、出店を希望される方は下記までご連絡願います。

出店料:2,000円
対象者:六次産業化・地産地消法認定事業者で有機農業等に取り組む者
出品対象商品:総合化事業計画に基づく新商品等

東海農政局Webサイト(6次産業化認定事業者のための朝市村出展要件)
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/zigyo/6sapomm/pdf/asaichitebiki.pdf

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部地域連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

オアシス21オーガニックファーマ-ズ朝市村については以下のWebサイトをご覧ください。
http://www.asaichimura.com/(外部サイト)

 

農林水産省の取組紹介

原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナーの開催について

平成29年9月1日に、加工食品の原料原産地に係る食品表示基準の一部を改正する内閣府令が公布・施行されました。

農林水産省では、特に中小規模の食品事業者向けの対応方法を示すマニュアルを作成し、その内容を解説するセミナーを開催します。
東海地区では、以下のとおり名古屋での開催となります。

開催日時:平成30年2月13日(火曜日)13時30分~16時00分(受付13時00分~)
開催会場:ウィルあいち 愛知県女性総合センター(ウィルホール)
申込期限:平成30年2月11日(日曜日)

また、セミナー開催の詳細は、農林水産省webページをご覧下さい。http://www.maff.go.jp/j/syouan/hyoji/seminar20171113.html(農林水産省へリンク)

6次産業化と農産物・食品の輸出の今がわかる「Facebook」を発信中

東海地域農林漁業成長産業化推進協議会及び東海地域農林水産物等輸出促進協議会では、6次産業化、輸出促進等の情報をより多くの国民の皆さまに知っていただくため「Facebook」により情報を発信しています。
是非、アクセスしてください。

以下のWebページ内のリンクをクリック!
どなたでもご覧いただけます。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/kyogikai/facebook.html

6次産業化商品を紹介する「6サポモール」情報発信中

「6サポモール」では、東海農政局管内の認定事業者の販売中・試作中の商品を紹介し、認定事業者とバイヤーとの情報交換をサポートします。
FCP展示会・商談会シートを利用した商談も成立していると聞いています。
認定事業者の新たな動きを月1回(毎月15日目途)更新していきます。

また、東海農政局管内各県の認定事業者地域分布図も併せてご覧ください。

東海農政局「6サポモール」についてはこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/mall/index.html 

 

その他

東海農政局の各種メールマガジンを配信中!

東海農政局では「6サポ東海」以外にも各種メールマガジンを配信しています。
この機会に、是非ご登録ください。

東海農政局ホームページ(東海農政局メールマガジン)
http://www.maff.go.jp/tokai/mail/index.html 

6サポ東海の掲載記事募集!

6サポ東海では、6次産業化や農商工連携等の取組推進に役立つ情報を発信していきます。一方、実際に6次産業化に取り組まれている農林漁業者(認定事業者)、関係機関からの情報も掲載していきたいと考えております。情報例を参考としていただき掲載を希望される情報がございましたら下記までお知らせください。

(情報例)

  • 当農園の6次産業化等の取組で開発した新商品が○○賞を受賞
  • 当農場の6次産業化等の取組で農家レストランを○月○日にオープン
  • 当農園の6次産業化等の取組について○○雑誌○月号の特集に掲載予定
  • 6次産業化や農商工連携等に関するイベント開催情報

などなど 

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部地域連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課

担当者:6次産業化担当
代表:052-201-7271(内線2716)
ダイヤルイン:052-223-4619
FAX番号:052-219-2670

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader