このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海地域6次化メールマガジン「6サポ東海」第61号(平成30年2月)

東海農政局管内認定事業者の取組事例の紹介

新商品の紹介

農事組合法人 日吉機械化営農組合(岐阜県瑞浪市)

平成25年10月の認定事業者である農事組合法人 日吉機械化営農組合は、岐阜県瑞浪市で米、大豆、エゴマ、ブロッコリーを生産・販売し、米粉・きなこの販売も行っています。
平成29年12月から、新商品「笑顔のえごま油」を発売しました。自家栽培エゴマ100%の、低温圧搾による一番生搾りのえごま油です。
生の低温圧搾の効果は、αリノレン酸の酸化を防ぎ、熱に弱い酵素やタンパク質も残り、えごま油の栄養を最大限摂取することができます。

事業者、商品の情報はこちらから
https://www.hiyoshieinou.net(外部リンク)

-お問い合せ先-
岐阜県瑞浪市日吉町8732-2
農事組合法人 日吉機械化営農組合 理事 板橋茂晴
電話:0572-64-2620
FAX番号:0572-64-2620

有限会社高橋養鶏(愛知県豊橋市)

平成26年2月の認定事業者である有限会社高橋養鶏は、愛知県豊橋市で採卵鶏を飼育している農家です。
名古屋コーチンの鶏卵販売を軸に加工品の開発も行い、キッチンカーやカフェ(直売所)を立ち上げ、鶏卵や加工品の販売を行っています。
平成29年6月から、新商品「まるっとたまごぷりん」を発売しています。
自社農場の自慢のブランド卵と牛乳、生クリーム、砂糖、バニラの香料のみで作ったこだわりのプリンです。卵黄と卵白のそれぞれの固まる力だけを利用して蒸し上げ、滑らかな食感の二層のプリンに仕上げました。

-お問い合せ先-
愛知県豊橋市三ノ輪町5丁目23番地
有限会社高橋養鶏 担当者:高橋 知也
電話:0532-61-5105
FAX番号:0532-63-8424

PLUS株式会社(岐阜県関市)

平成24年第10月の認定事業者であるPLUS株式会社は、岐阜県のブランド米「ハツシモ」の生産から加工・製品化、流通販売までを一貫して自社で行っています。
平成29年9月に発売した新商品グルテンフリー ライスクッキーは、岐阜県産米ハツシモ100%にこだわった米粉商品です。シリーズにはココア、かぼちゃ、紫芋があります。
同じく新発売したグルテンフリー ライスラスクについても、岐阜県産ハツシモを100%使用した米粉商品で、シリーズにはプレーン、シナモンシュガーがあります。
これらの商品は、添加物や27品目のアレルギー物質も使用しておらず、米粉専用工場にて製造しています。

事業者、商品の情報はこちらから
http://shoko-hi.jp/2015web/group_3/index.html(外部リンク)

-お問い合せ先-
岐阜県関市千疋818-1
PLUS株式会社
電話:0575-36-2124
FAX番号:0575-36-1388

竹山明彦氏(岐阜県各務原市)

平成27年5月の認定事業者である竹山明彦氏(ファーム タケアキ)は、平成30年1月11日から新商品『八つの野サイ』モナカジェラートを発売します。
動物のサイの形をしたかわいい「八つのサイ」とヘルシーな「野菜」をかけたNEWタイプのモナカジェラートです。
8種類の野菜のバリエーション(トウモロコシ、枝豆、落花生、黒豆、紫芋、南瓜、人参、ほうれん草)があります。

事業者、商品の情報はこちらから
http://farm-takeaki.com/(外部リンク)

-お問い合せ先-
岐阜県各務原市鵜沼三ツ池町3-115
ファーム タケアキ 竹山 明彦
電話:058-374-1071
FAX番号:058-374-1071

東海地域の6次産業化関連イベント情報

第3回 あいち・じもと農林漁業成長応援「食」と「農」の大商談会 with いいともあいち交流会」の開催について

名古屋銀行は、地域の金融機関と共に「食」と「農」に関わる地元事業者の販路拡大等の応援をテーマとした商談会及びセミナーを開催します。
特に今年は、愛知県との共催となったことから、県内の多数の自治体及び商工会議所が後援しています。

大商談会

開催日時:平成30年3月13日(火曜日)10時00分~16時00分
開催会場:名古屋市中小企業振興会館(1階吹上ホール)

出展企業 250社
バイヤー企業 162社

現在、以下の内容で商談会の一般来場者(事業者)の募集を行っています。

  • 出展企業250社とフリー商談を行いたい方
  • 6次産業化や海外進出等に関する情報収集をしたい方
  • 他社の取組み・製品について情報収集をしたい方
  • 次回以降の出展、個別商談参加バイヤーでのエントリーを検討したい方

申込締切 平成30年3月9日(金曜日)まで

募集目安は1,000名としていますが、上限は設定していません。

セミナー

開催日時:平成30年3月12日(月曜日)13時30分~16時20分
開催会場:名古屋市中小企業振興会館(7階メインホール)

申込締切:平成30年3月9日(金曜日)まで(FAXにて)

セミナーは事業者のみの参加となります。

内容:「フードビジネス成長応援セミナー」と題した食品業界の題材

キーワード:生産性向上、付加価値向上、持続的成長、消費者ニーズ発掘、商品開発、ブランディング、6次産業化

-お問い合わせ先-
株式会社名古屋銀行 法人営業部
電話:052-962-6994
FAX番号:052-962-7798

「第8回IT農業ネットワークシンポジウムとアグリフェア」の開催について

IT農業ネットワークは、国立大学法人豊橋技術科学大学先端農業・バイオリサーチセンターと共催で「IT農業ネットワークシンポジウムとアグリフェア」を開催します。

開催日時:平成30年3月3日(土曜日)10時00分~15時30分
開催会場:豊橋商工会議所

内容

  • 第1部:IT農業ネットワークシンポジウム
     特別講演:三枝 正彦(東北大学 名誉教授)
     事例報告:小久井 孝幸((有)小久井農場 代表取締役)
     内田 伸二(6次産業化プランナー)
  • 第2部:アグリフェア
  • 第3部:交流会(参加費 500円/事前申込みが必要)

申込期日:平成30年2月20日(火曜日)

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.recab.tut.ac.jp/contents/event/symposium2018.html(外部リンク)

-お申込み、お問い合わせ先-
先端農業・バイオリサーチセンター内 IT農業サポートセンター事務局
電話:0532-44-6655
FAX番号:0532-81-5108

オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村出店者募集中

東海農政局では、オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村事務局の協力を得て、六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定を受けた事業者を朝市村に出店させていただいています。
毎月第1・第3土曜日に参加していますので、出店を希望される方は下記までご連絡願います。

出店料:2,000円

対象者:六次産業化・地産地消法認定事業者で有機農業等に取り組む者

出品対象商品:総合化事業計画に基づく新商品等

東海農政局Webサイト(6次産業化認定事業者のための朝市村出展要件)
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/zigyo/6sapomm/pdf/asaichitebiki.pdf(外部リンク)

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部地域連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

オアシス21オーガニックファーマーズ朝市村については以下のWebサイトをご覧ください。
http://www.asaichimura.com/

農林水産省の取組紹介

「企業における食育を考えるセミナー」の開催について

東海農政局では、企業が「食育」に取り組むことによる効果、継続的な取組としていくためのポイント等について考えるセミナーを開催します。
本セミナーでは、講演及び取組企業の事例発表を含むパネルディスカションを行います。
企業をはじめ企業の食育活動に関心のある方のご参加をお待ちしています。

開催日時:平成30年2月21日(水曜日)13時30分~16時00分(受付13時00分~)
開催会場:名古屋ダイヤビルディング1号館171会議室(名古屋市中村区名駅3-16-22)

申込期限:平成30年2月8日(木曜日)

応募に関しての詳細はこちらから
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/180119.html

原料原産地表示制度「事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー」の開催について

平成29年9月1日に、加工食品の原料原産地に係る食品表示基準の一部を改正する内閣府令が公布・施行されました。

農林水産省では、特に中小規模の食品事業者向けの対応方法を示すマニュアルを作成し、その内容を解説するセミナーを開催します。
東海地区では、以下のとおり名古屋市での開催となります。

開催日時:平成30年2月13日(火曜日)13時30分~16時00分(受付13時00~)
開催会場:ウィルあいち 愛知県女性総合センター(ウィルホール)

申込期限:平成30年2月11日(日曜日)

また、セミナー開催の詳細は、農林水産省Webサイトをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/hyoji/seminar20171113.html

6次産業化と農産物・食品の輸出の今がわかる「Facebook」を発信中

東海地域農林漁業成長産業化推進協議会及び東海地域農林水産物等輸出促進協議会では、6次産業化、輸出促進等の情報をより多くの国民の皆さまに知っていただくため「Facebook」により情報を発信しています。
ぜひアクセスしてください。

以下のWebサイト内のリンクをクリック!
どなたでもご覧いただけます。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/kyogikai/facebook.html

6次産業化商品を紹介する「6サポモール」情報発信中

「6サポモール」では、東海農政局管内の認定事業者による販売商品を紹介し、認定事業者とバイヤーとの情報交換をサポートします。
FCP展示会・商談会シートを利用した商談も成立していると聞いています。

認定事業者の新たな動きを月1回(毎月15日目途)更新していきます。
また、東海農政局管内各県の認定事業者地域分布図も併せてご覧ください。

東海農政局「6サポモール」についてはこちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/mall/index.html

その他

東海農政局の各種メールマガジンを配信中

東海農政局では「6サポ東海」以外にも各種メールマガジンを配信しています。
この機会に、ぜひご登録ください。

東海農政局Webサイト(東海農政局メールマガジン)
http://www.maff.go.jp/tokai/mail/index.html

6サポ東海の掲載記事募集

6サポ東海では、6次産業化や農商工連携等の取組推進に役立つ情報を発信していきます。

一方、実際に6次産業化に取り組まれている農林漁業者(認定事業者)、関係機関からの情報も掲載していきたいと考えております。
情報例を参考としていただき掲載を希望される情報がございましたら下記までお知らせください。

(情報例)
当農園の6次産業化等の取組で開発した新商品が○○賞を受賞
当農場の6次産業化等の取組で農家レストランを○月○日にオープン
当農園の6次産業化等の取組について○○雑誌○月号の特集に掲載予定
6次産業化や農商工連携等に関するイベント開催情報
などなど

-お問い合わせ先-
東海農政局経営・事業支援部地域連携課
6次産業化担当
電話:052-746-1215

お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課

担当者:6次産業化担当
代表:052-201-7271(内線2716)
ダイヤルイン:052-223-4619
FAX番号:052-219-2670

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader