このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

親子体験イベント「親子で探そう地元の野菜と旬のもの」を開催しました

東海農政局は、平成28年8月31日(野菜の日)、ユニー株式会社テラスウォーク一宮(愛知県一宮市)のご協力のもと、地元愛知県で生産される農産物や旬の食材について理解することで、食に関する知識や食を選択する力を、親から子供たちに伝えつなげていくことを目的にした、親子体験イベント「親子で探そう地元の野菜と旬のもの」を開催しました。

当日は、東海農政局担当者による愛知県産野菜や果物を紹介する講義に始まり、売り場に並ぶ野菜や果物の中から、愛知県産のもの、今が旬のものを親子で探すゲームのほか、野菜の花あてクイズにも挑戦しました。

開催概要

日時:平成28年8月31日(水曜日)13時00分~15時30分

場所:ユニー株式会社テラスウォーク一宮(愛知県一宮市両郷町)

参加者:小学生の親子9組

内容:

(1)「地元の野菜と旬のもの」のお話

(2) 地元青果と旬のものを探す店舗内ゲーム

(3)野菜の花あてクイズ

(4)食育に関するパネル展示とパンフレットの配布

「地元の野菜と旬のもの」のお話

はじめに、東海農政局経営・事業支援部地域食品課職員から、愛知県におけるキャベツなどの露地野菜づくり、トマトやイチゴなどのハウス栽培、野菜の農業産出額が全国上位であることをはじめ、主な愛知県産野菜や果物をそれぞれ、紹介しました。

また、旬の野菜や果物については、旬とはなにか、の説明に始まり、四季ごとの旬の野菜や果物を紹介しました。参加した子供たちに「この野菜はなんですか」、「夏が旬の果物はなんですか」などと、質問を投げかけると、元気よく手を挙げて答えてくれました。

元気よく手を挙げる子供たち 話に聞き入るみなさん 話に聞き入るみなさん

話に聞き入るみなさん 話に聞き入るみなさん 話に聞き入るみなさん地元の野菜と旬のもののお話 地元の野菜と旬のもののお話2 テラスウォーク一宮大野支配人のごあいさつ

青果売り場で「地元青果と旬のもの探しゲーム」

つづいて、参加親子は1組ずつ、ユニー株式会社テラスウォーク一宮青果売り場で、地元愛知県産の野菜や果物と今が旬のものを探すゲームに挑戦しました。商品には産地と名称が必ず表示されているとはいえ、親子ペアは解答用紙を片手に商品を真剣に探し、皆さん、よく見つけ出すことができました。とくに、旬の青果はどれがそうなのか、とても迷っていたようですが、正しいものを見つけてくれました。

ゲームに挑む親子 ゲームに挑む親子 ゲームに挑む親子ゲームに挑む親子 ゲームに挑む親子 ゲームに挑む親子ゲームに挑む親子 ゲームに挑戦する親子 ゲームに挑戦する親子

野菜の花あてクイズ&食育に関するパネル展示

参加者の皆様が青果売り場でのゲームをするまでの待ち時間や店舗を訪れていたお客様に、野菜の花あてクイズをしていただきました。また、会場では食育推進に関するパネル展示やパンフレットの配布を行いました。

野菜の花あてクイズは、野菜の花と名前を結びつける問題を用意しました。いつも食べている野菜でも、いざ、「この花の名前は?」と尋ねられると、皆さん、頭を悩ませていました。

野菜の花あてクイズ(PDF:2,161KB)

野菜の花あてクイズを解く子供 野菜の花あてクイズを解く皆さん

会場のパネル展示 会場のパネル展示2  

アンケートから

(質問)子供に野菜を食べてもらうために、工夫していることはありますか?

  • 好きなものと和える、小さく切る。
  • カレーやシチューの場合、野菜が入っていることを言わない。
  • 味噌汁やチャーハンにいろいろと多めに入れる。できるだけ、具材に使う。
  • 効果を伝え、半ば強制的に。
  • 体に良いこと(風邪をひかない、便秘にならない、肌のつやがよくなる等)を説明する。
  • ドレッシングを変える。
  • たくさん食べられるよう、コンソメスープやサラダを毎食、出す。
  • 幼い頃から野菜好きで、天ぷらは野菜が甘くなり、子供も喜ぶ。

(質問)野菜を選ぶ基準で重視する度合は?日頃の買い物と親子体験イベントを終えた今後の買い物で、意識の変化を聞きました。

  • 価格:日頃の買い物と今後の買い物に、大きな変化なし。
  • 産地(国産・地元産):今回のイベントに参加したことで、今後の買い物で重視する方の度合が高くなった。
  • 鮮度:今回のイベントに参加したことで、今後の買い物で重視する方の度合が、やや高くなった。
  • 旬:今回のイベントに参加したことで、今後の買い物で重視する方の度合が、相当高くなった。

 

 

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:食育推進班
代表:052-201-7271(内線2815)
ダイヤルイン:052-223-4651
FAX番号:052-220-1362

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader