このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

「和食の日」和食弁当を提供しました

「和食:日本人の伝統的な食文化」が、平成25年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されました。また、第3次食育推進基本計画における重点課題の一つに、食育活動を通じて、郷土料理、伝統食材、一汁三菜を基本とする日本の食事スタイル等、伝統的な食文化の保護・継承を推進することとされています。

これらのことを踏まえ、東海農政局では、「和食」に対する関心と理解を深めることを目的として、「和食の日」の11月24日、東海農政局地下食堂にて、「和食弁当」を提供いたしました。

実施概要

開催日時:平成28年11月24日(木曜日)11時30分~13時30分

開催場所:東海農政局地下食堂(中京クッキング)

提供メニュー

【御飯】甘栗御飯

【汁物】味噌汁

【主菜】鰆(さわら)の幽庵(ゆうあん)焼き

【副菜1】揚げ出し豆腐

【副菜2】大根の甘辛漬け

【果物】季節の果物(柿)

和食弁当
  • 鰆の幽庵焼きとは、醤油、酒、味醂(みりん)を合わせた調味液にユズやカボスを加えてタレ(幽庵地)を作り、魚を数日漬け込んで、焼き上げたものです。 

当日の様子

当日は、和食弁当を40食用意し、東海農政局職員をはじめ、来庁者の方々へ提供し、召し上がっていただいた方からは、「おいしかったです」、「バランスがよく、ちょうどよかった」等の感想をいただきました。

また、「和食」について考える一助としていただくために、食堂内に「和食文化の保護・継承」に関するポスターを掲示しました。

和食弁当を食べる小平次長 和食弁当に会話も弾みます

おいしかったです 和食の日をアピール 

11月24日は「和食の日」(和食文化国民会議)(外部リンク)

 

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課

担当者:食育推進班
代表:052-201-7271(内線2732)
ダイヤルイン:052-223-4602
FAX番号:052-219-2670

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader