このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

映画「いただきます みそをつくるこどもたち」食育関係者試写・交流会を開催しました


東海農政局では、平成29年3月7日(火曜日)、名古屋能楽堂会議室において、地域において食育の指導的立場にある方を対象として、食育活動を推進するため、映画「いただきます みそをつくるこどもたち」食育関係者試写・交流会を開催しました。
当日は、2本の映画の試写と、同映画を製作・監督されたVIN OOTA(オオタ ヴィン)監督の講演をいただきました。

1.開催概要

日時:平成29年3月7日(火曜日)13時30分~16時30分

場所:名古屋能楽堂会議室

参加者:栄養士、栄養教諭、食育ボランティア等70名

内容:

(1)映画試写
「その後のはなちゃんの味噌汁 GIFT」
「いただきます みそをつくるこどもたち」

(2)監督による講演

(3)参加者との意見交換

2.映画試写

「その後のはなちゃんの味噌汁 GIFT」(20分)

映画「はなちゃんのみそ汁」の舞台になった福岡県福岡市高取保育園の日常と中学生になったその後のはなちゃんを描いた作品。



「いただきます みそをつくるこどもたち」(65分)

福岡県福岡市高取保育園の「食」を柱とした保育の四季を追ったドキュメンタリー。

 

試写 試写

3.監督による講演

VIN OOTA(オオタ ヴィン)監督から、高取保育園の運動会・発表会撮影時の子どもたちの様子など映画には未収録のシーンを交えながら、食を見直して健康を取り戻した御自身の体験など、次のようなお話しがありました。

味噌は調味料ではなく「医食同源」として考えています。童話「青い鳥」のように、味噌は、実は身近にあった大切なものです。
「身土不二」といって、土地と人はつながっているもの、その土地でその季節に採れたものを食べることが大切です。
しかし難しく考えないで、あるものを使って、調理してはどうでしょうか。
10分和食のススメ
みそ汁をおかずと考えて。みそ汁は究極のインスタント和食、野菜をたくさん採ることができる。
子どもと一緒に作ってはどうでしょうか。
五分づき米から始めてはどうでしょうか。

監督による講演 監督による講演

監督による講演 監督による講演

4.参加者との意見交換

監督から指名された参加者の皆さんから映画を御覧いただいた感想や意見を、また、自発的に日頃の食育活動への想いを語っていただき、監督と意見交換をしました。

意見交換

5.アンケート結果から

「いただきます」でもっとも印象深いシーンはどこでしたでしょうか。

  • 子どもが汁わんに顔をつっこんで食べているシーン。(団体職員)
  • 味噌つくりを下の子たちに教え、代々受け継いでいるのがとてもすばらしい。(管理栄養士)
  • 園長が子どもを抱きしめ、一人一人と手を握り合っているところ。(栄養士)
  • 園長が退任された後のインタビュー。(公務員)
  • みそ作り伝達式。みそ作りはイベントではなく仕事だというところが印象的でした。(栄養士)

「GIFT」でもっとも印象深いシーンはどこでしたでしょうか。

  • お父さんが体調を崩したとき、はなちゃんが朝ごはんを作っていたところ。(管理栄養士)
  • お母さんが亡くなった後、はなちゃんが一人でみそ汁を作っていたところ。(栄養士)
  • はなちゃんにお母さんがみそ汁の作り方を教える。そして父に作ってあげる。(看護師)

本日の映画、イベントについての感想をおねがいします。

  • 「食べるものでわたしができている」という言葉がとても印象的でした。(生協職員)
  • 食べることは生きること、食の大切さを同世代の女性に伝えていきたい。(自営業)
  • 以前から西洋栄養学に基づいた給食に違和感を持っていた。先人たちからの和食を引き継いでいけるといいと思います。そのお手伝いができたらうれしい。(自営業)
  • 高取保育園の給食献立表も付いていて、具体的に参考にできるものがありうれしい。調理室の動きがどのようなになっているのかも知りたい。(栄養士)
  • 社会情勢や子どもの貧困問題など、食事すらまともに摂取できていない子が多いことも現状です。食の重要性を伝えながら、私たち大人が何をすべきかを常に考え、子どもたちが安心安全に豊かに育っていける環境作りをしていきたい。(看護師)
  • 予想以上にたくさん食べるんだな、納豆も好き嫌いせずに食べるんだな、と、すごいと思いました。(公務員)
  • 連れて行った乳児が、音楽のところでは体を動かし踊ったり、子どもたちの声に共鳴したり、乳児にとっても心地よい作品なのだ、と驚きました。(自営業)
  • 監督の話が大変分かりやすく、良かったです。(公務員)
  • 監督による講演があることでさらに保育園の取り組み、食についての考え方がよくわかりとてもよかった。(管理栄養士)

映画「いただきます みそをつくるこどもたち」とタイアップしています(農林水産省へリンク)

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:食育推進班
代表:052-201-7271(内線2815)
ダイヤルイン:052-223-4651
FAX番号:052-220-1362