このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

本巣市立真桑小学校でお米の出張講座を行いました

東海農政局は、平成29年5月16日、岐阜県本巣市立真桑小学校でお米に関する出張講座を行いました。

1.開催概要

日時:平成29年5月16日(火曜日)10時50分~12時25分(3、4時間目)
場所:本巣市立真桑小学校
参加者:5年生111人

2.内容

1.朝ごはんを食べよう
2.お米の種類
3.お米から作った食品
4.食文化を伝えよう

真桑小学校では、5年生を中心に、学校水田で10年以上前から稲作に取り組んでおり、毎年、田植えの前には「お米作り講習会」が開かれています。東海農政局担当者が講座の始めに「今朝、朝ごはん食べて来ましたか?」と尋ねたところ、ほぼ全員の手が挙がりました。質問の時間では「岐阜県の田の面積は」、「何種類の米がありますか」等、数々の質問が寄せられました。また、東海農政局から持参した、国内産のほか外国産のコメのサンプルを展示すると、児童らは興味深く見学していました。

なお、後日、担任の先生によると、「お米作り講習会」の後も児童らは嬉しそうにコメの話をしたり、熱心にレポートにまとめていたそうで、よりコメへの興味を深めたとのことでした。

この出張講座を通じて、児童らに朝ご飯の大切さを伝えることができたほか、日本だけでなく世界のコメやイネの日本への伝来について興味を持ってもらえたのではないかと思います。

また、当日は東海農政局のほか岐阜農林事務所農業普及課が本巣市の農業について、JAぎふ真正支店が田植えの方法について、それぞれ説明しました。岐阜農林事務所農業普及課とJAぎふ真正支店は、これから秋の稲刈りまで、児童らに稲作の指導をします。

真桑小学校5年生に講座 米のサンプルを見る児童

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課

担当者:食育推進班
代表:052-201-7271(内線2732)
ダイヤルイン:052-223-4602
FAX番号:052-219-2670

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader