このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海農政局の出来事(取組)

平成31年2月期六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定証交付式(愛知)を行いましたNEWアイコン

高香園 野場義尊(のば よしたか)(愛知県豊田市)

認定証の交付を受けた高香園 野場義尊氏(写真右

東海農政局は、3月18日(月曜日)、豊田市役所において、愛知県豊田市の高香園 野場義尊氏(香りだけでなく茶葉の旨味が感じられるほうじ茶のパウダーと、パウダーを使用した焼き菓子などの製造・販売事業)に、認定証を交付しました。

  • 写真:認定証の交付を受けた高香園 野場義尊氏(写真右)(平成31年3月18日撮影)
  • 関連情報:総合化事業計画の認定

株式会社ideai(イデア)(愛知県日進市)

認定証の交付を受けた株式会社ideai(眞柄文子氏)(右から2人目)

東海農政局は、3月18日(月曜日)、日進市役所において、愛知県日進市の株式会社ideai(イデア)(日進市産の米や葡萄を使った発酵食品(麹、濁酒、甘酒、ワイン)の製造・販売事業)に、認定証を交付しました。

  • 写真:認定証の交付を受けた株式会社ideai(眞柄文子氏)(右から2人目)(平成31年3月18日撮影)
  • 関連情報:総合化事業計画の認定

「食の安全」をテーマにしたポスター展示を行いました

ポスターの写真を撮る来場者

東海農政局は、3月6日(水曜日)から12日(火曜日)まで、セントラルパーク情報ギャラリー(名古屋市中区)において、「食の安全」をテーマに、行政の取組や身近な食品リスクなどを紹介したポスター展示を行いました。
来場者の中には、ポスターを写真に撮る方もいるなど、食の安全に関心を持っていただきました。

「東海地域食育シンポジウム」を開催しました

参加者と意見交換を行うパネリスト

東海農政局は、3月8日(金曜日)、名古屋ダイヤビルディング(名古屋市中村区)において、東海地域食育シンポジウムを開催しました。
当日は、講演、事例紹介、パネルディスカッションを行い、とうかい食育ネットワーク会員、食育関係者、食に関心のある方など約60名の参加者と、東海地域での食文化継承の活動による課題などについて意見交換を行いました。

  • 写真:参加者と意見交換を行うパネリスト(平成31年3月8日撮影)

「ブラアイチin犬山」にて、犬山頭首工のPR活動を行いました

管理所屋上での施設見学の様子

東海農政局は、3月2日(土曜日)愛知県犬山市で開催された街歩きイベント「ブラアイチ in 犬山」において、犬山頭首工のPRを行いました。
当日は、立ち寄りスポットである犬山頭首工管理所内での見学会を行い、約200名が参加しました。参加者からは「犬山頭首工の役割を知ることができて良かった。このような取組を続けてほしい。」などとの声もあり、農業農村整備事業に対する理解を深めました。

  • 写真:管理所屋上での施設見学の様子(平成31年3月2日撮影)
  • 関連情報:イベント告知

「新たな農政の展開に向けた勉強会(第2回)」を開催しました

第1部 勉強会

勉強会の様子

東海農政局は、2月27日(水曜日)、女性の起業と事業発展を学びとコミュニティでサポートする「学び舎mom株式会社」代表取締役 矢上 清乃氏を講師に迎え、農政局職員を対象に「新たな農政の展開に向けた勉強会」を開催しました。
第1部の勉強会では、「女性が活躍できる社会実現に向けた取り組みについて」と題し、女性活躍推進が求められる時代背景、イクボスの勧め、女性起業家等支援ネットワークについて矢上氏から講演が行われ、その後、女性の起業等について意見交換を行いました。

  • 写真:勉強会の様子(平成31年2月27日撮影)

第2部 女性職員との意見交換会

意見交換会の様子

第2部の「女性職員との意見交換会」では、矢上氏から東海農政局女性職員にイクボスや受援力についての説明、自己診断プログラム「watashi“R”診断」が行われました。
また、女性職員が抱える不安・悩み等についてアドバイスをいただくなど、活発な意見交換が行われました。

  • 写真:女性職員との意見交換会の様子(平成31年2月27日撮影)

「食と農」をテーマにしたポスター展示を行いました

セントラルパーク情報ギャラリーでの展示の様子

東海農政局は、2月8日(金曜日)から14日(木曜日)まで、セントラルパーク情報ギャラリー(名古屋市中区)において、「食と農」をテーマに、東海地域の世界農業遺産や地理的表示保護制度に基づく登録産品などを紹介したポスター展示を行いました。

「平成30年度東海農政局地産地消交流会」を開催しました

パネルディスカッションの様子

東海農政局は、2月5日(火曜日)、名古屋能楽堂(名古屋市中区)において、地産地消交流会を開催しました。
当日は、地産地消等優良活動表彰の東海農政局長賞授与式、基調講演、パネルディスカッションが行われ、行政、農業団体及び消費者ら約60名の参加者に地産地消や地場産物の利用拡大について情報共有されました。

  • 写真:パネルディスカッションの様子(平成31年2月5日撮影)

平成30年度 農福連携推進東海ブロックシンポジウムを開催しました

シンポジウムの様子

東海農政局、東海北陸厚生局は、1月31日(木曜日)、愛知県社会福祉会館(名古屋市東区)において、農福連携の取組の促進を目的に「農福連携推進東海ブロックシンポジウム」を開催しました。
当日は、基調講演、取組事例発表、施策の紹介を行い、農福連携への参画に関心のある団体、福祉事業所の職員及び農業者ら約100名の参加者へ、東海地域における農福連携が自主的・自立的に行われるよう情報提供を行いました。

名古屋市立飯田小学校でVR出張講座を実施しました

茶碗1杯のごはんはお米何粒?のクイズに手をあげる子どもたち

東海農政局は、1月30日(水曜日)、名古屋市立飯田小学校(名古屋市北区)において、5年生88名を対象にVR出張講座「VR体験!お米ができるまで」を実施しました。
児童たちは、ゴーグルをのぞいて水稲が生長していく様子をVRで体験したり、パソコンを使って農業施設や農作物の映像を見て、農業について勉強しました。

「米粉の調理実演講習会」を開催しました

調理実演の様子

東海農政局、NPO法人国内産米粉促進ネットワーク及び東海米粉食品普及推進協議会は、1月29日(火曜日)、愛知菓子会館(名古屋市西区)において、「米粉の調理実演講習会」を開催しました。
当日は、食品事業者、米粉に関心のある消費者ら43名が参加し、米粉料理インストラクターの萩田敏氏から、米粉の特質の解説やグルテンフリー粉の海外における取扱状況などの説明を受けました。
また、米粉料理3品のレシピ紹介と調理実演があり、参加者全員で試食を行いました。

「まちなかマルシェ(豊橋駅南口駅前広場)」に移動消費者の部屋を開設しました

加工食品の表示について説明を受けている来場者

東海農政局は、1月27日(日曜日)、豊橋駅南口駅前広場(愛知県豊橋市)で開催された「まちなかマルシェ」において、「食品の表示」をテーマに移動消費者の部屋を開設し、加工食品の原料原産地表示制度を紹介しました。
当日は、イベント全体で約1,000人の来場者があり、移動消費者の部屋へ訪れた多くの人に、食品の表示について関心を持っていただきました。

  • 写真:加工食品の表示について説明を受けている来場者(平成31年1月27日撮影)
  • 関連情報:移動消費者の部屋

「消費者と東海農政局との懇談会(三重県会場)」を行いました

懇談会の様子

東海農政局は、1月23日(水曜日)、三重県総合文化センター(三重県津市)において、消費者団体、PTA、幼稚園などの地域に密着した活動を行っている方々と、日頃の活動や生活等を通じて感じている課題や農政に対する意見を伺うことを目的とした懇談会を開催しました。
当日は、12名の参加者から食品の安全性、食品ロス削減、食育等についての活動報告があり、課題や農政に対する意見が寄せられ、活発な懇談会となりました。

  • 写真:懇談会の様子(平成31年1月23日撮影)

これまでの「東海農政局の出来事(取組)」

平成31年

1月~

平成30年

1~3月 / 4~6月 / 7~9月 / 10~12月

平成29年

1~3月 / 4~6月 / 7~9月 / 10~12月

平成28年

1~3月 / 4~6月 / 7~9月 / 10~12月

お問合せ先

企画調整室

担当者:報道担当
代表:052-201-7271(内線2315)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader