このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海農政局の出来事(取組)

中部の未来を考える会に東海農政局長が出席しました

パネルディスカッションの様子

9月19日(水曜日)、名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市中村区)において開催された、一般社団法人中部経済連合会主催の「第9回中部の未来を考える会」に、東海農政局長がパネリストとして出席しました。
当日は、中部管内の総務省、経済産業省、国土交通省の各局長とともに「Society5.0」がもたらす中部圏の新社会像をテーマとして、活発なディスカッションが行われ、東海農政局長からはスマート農業の取組等を紹介しました。

「消費者と東海農政局との懇談会(岐阜県会場)」を行いました

岐阜県会場の様子

東海農政局は、9月12日(水曜日)、ハートフルスクエアーG(岐阜県岐阜市)において、消費者団体、栄養士会、マスコミ関係者、大学生などの地域に密着した活動を行う皆様と、日頃の活動や生活等を通じて感じている課題や農政に対するご意見などをお伺いすることを目的とした懇談会を開催しました。
当日は、消費者10名の皆様と食品の安全性、食品ロス削減、食育等について活動報告やご意見をいただき、懇談が深まりました。

  • 写真:「岐阜県会場の様子」(平成30年9月12日撮影)

小牧市立村中小学校でVR出張講座を実施しました!

VR、パソコン体験後に発表をする子どもたち

東海農政局は、9月6日(木曜日)、小牧市立村中小学校(愛知県小牧市)において、5年生52名を対象にVR出張講座「VR体験!お米ができるまで」を実施しました。
ゴーグルをのぞいて、水稲が生長し、色づき、収穫され、お米が倉庫に保管されるまでのVRツアーを体験したり、パソコンを使って農業施設・農作物のVR見学を行いました。
子どもたちは体験後、稲が緑色から黄色に変わったことや、大豆の花の色が紫色であったことなど、体験で分かったことを発表しました。

「災害時の備蓄食品を活用したレシピ開発 親子クッキングin愛知学院大学」を開催しました!

親子クッキング

東海農政局は、愛知学院大学・コープあいちと連携して、8月30日(木曜日)、愛知学院大学日進キャンパス(愛知県日進市)において「災害時の備蓄食品を活用したレシピ開発 親子クッキングin愛知学院大学」を開催しました。親子クッキングには、コープあいち組合員の家族8組23名が参加し、調理実習と試食会が行われました。
当日は、愛知学院大学森圭子教授と公衆栄養学ゼミナール生の皆さんで考案した、備蓄用の食品を使ったレシピに従って調理実習を行い、完成後はみんなで試食を行いました。

「消費者と東海農政局との懇談会(愛知県会場)」を行いました

愛知県会場の様子

東海農政局は、8月29日(水曜日)、東海農政局(名古屋市中区)において、消費者団体、栄養士会、マスコミ関係者、大学生などの地域に密着した活動を行う皆様と、日頃の活動や生活等を通じて感じている課題や農政に対するご意見などをお伺いすることを目的とした懇談会を開催しました。
当日は、消費者9名の皆様と食品の安全性、食品ロス削減、食育等について活動報告やご意見をいただき、懇談が深まりました。

  • 写真:「愛知県会場の様子」(平成30年8月29日撮影)

夏休みキッズプロジェクト最終日「日本の農業を学ぼう!」を行いました!

インスタ映えスポットコーナーの様子

東海農政局は、8月28日(火曜日)、カラフルタウン(岐阜県岐阜市)において「夏休みキッズプロジェクト」の最終日を迎え、「日本の農業を学ぼう!」と題して、「VR体験」「野菜クイズ」「絵本」「インスタ映えスポット」のコーナーを開設しました。
当日は、100名ほどの子どもたちと保護者の方々が会場を訪れ、各コーナーで、日本の農業に触れたり、農村にある美しい風景の前での写真撮影を行うなど盛況のうちに終わることができました。

親子花育セミナー「夏休み!花市場にでかけよう!」を開催しました!

名港花き市場でのフラワーアレンジメント体験の様子

東海農政局は、8月25日(土曜日)に愛知名港花き地方卸売市場(名古屋市港区)、8月28日(火曜日)に愛知豊明花き地方卸売市場(愛知県豊明市)で、親子花育セミナーを開催し、2日間で子ども124名を含む225名の親子が参加しました。
参加者からは、「知らない世界だったので、実際に見ることができて良かった」「フラワーアレンジメントで動物を作ることができ、子どももとっても喜んでいた」などの感想が寄せられました。

  • 写真:名港花き市場でのフラワーアレンジメント体験の様子(平成30年8月25日撮影)

「平成30年度食育実践セミナー(簡易な栽培の体験~お部屋deとれたて!マイ畑)」を開催しました!

平成30年度食育実践セミナー

東海農政局は、8月23日(木曜日)、名古屋国際センター(名古屋市中村区)で、とうかい食育ネットワークの活動の一環として、浜松市緑化推進センター緑の相談員の竹村久生氏を講師に迎え、栄養教諭・教諭・栄養士の方等を対象とした食育実践セミナーを開催しました。
当日は28名が参加し、第1部では、種から栽培し、収穫、食べることをゴールとした食育についての講義が行われ、第2部では、参加者が各現場で実践できる簡易栽培(マイ畑の作成)や試食の方法を実習しました。
参加者からは、「2学期の授業で生かせる部分がたくさんあり、とても役に立った。」などの感想が寄せられました。

  • 写真:竹村久生氏による講義の様子(平成30年8月23日撮影)

「新たな農政の展開に向けた勉強会」を開催しました!

新たな農政の展開に向けた勉強会の様子

東海農政局は、8月9日(木曜日)、自動車の精密部品の製造を行っているエイベックス株式会社代表取締役会長の加藤明彦氏を講師に迎え、新たな農政の展開に向けた勉強会を開催しました。
当日は、「時代の変化に対応する取組」と題し、経営方針のほか、従業員にもやりがいや生きがいが実感できる会社づくりについての講演の後、人材確保・育成等について意見交換を行いました。

  • 写真:勉強会の様子(平成30年8月9日撮影)

夏休みキッズプロジェクト「日本の農業を学ぼう!」を行いました!

バーチャルリアリティを楽しむ子供達

東海農政局は、8月9日(木曜日)、マーサ21ショッピングセンター(岐阜県岐阜市)において「夏休みキッズプロジェクト」として、「VR体験」、「野菜クイズ&絵本」や「インスタ映えスポット」のコーナーを展開しました。
来場した子どもたちと保護者は、各コーナーを回り、楽しみつつ日本の農業に触れていました。

夏休みキッズプロジェクト「親子体験!VR・乳しぼり」を開催しました!

乳しぼり体験をする子供

東海農政局は、8月2日(木曜日)、農林水産施策や農林水産業に理解を深めていただく取組として、親子でVR(バーチャルリアリティ)と乳しぼりの体験ができる、夏休みキッズプロジェクト「親子体験!VR・乳しぼり」を開催し、当日は10組の親子が参加しました。
VRでは、田んぼの水はどこから来るの?お米ってどうやってできるの?といった、お米の収穫までの様子を体験しました。
また、女性酪農家の話を聞きながら、楽しく乳しぼりを模擬体験し、牛乳の試飲や牛乳の歌を歌ったりして、子どもたちは楽しみながら酪農についての理解を深めました。

名古屋大学大学院生命農学研究科・農学部との連携に関する覚書署名式を行いました!

東海農政局の上久保企画調整室長と名古屋大学大学院生命農学研究科・農学部の川北研究科長

東海農政局と名古屋大学大学院生命農学研究科・農学部は、7月26日(木曜日)、名古屋大学東山キャンパス(名古屋市千種区)において、連携に関する覚書を締結しました。
今後は、将来を担う人材の育成と名古屋大学大学院生命農学研究科・農学部が持つ知見や情報の活用により、食料の安定供給の確保、農業の持続的な発展及び農村の活性化につながる取組を連携して行います。

  • 写真:東海農政局の上久保企画調整室長(左)と名古屋大学大学院生命農学研究科・農学部の川北研究科長(右)(平成30年7月26日撮影)
  • 関連情報:国立大学法人名古屋大学大学院生命農学研究科・農学部との連携に関する覚書の署名について

これまでの「東海農政局の出来事(取組)」

平成30年

1月~3月 / 4月~6月 / 7月~

平成29年

1月~3月 / 4月~6月 / 7月~9月 / 10月~12月

平成28年

1月~3月 / 4月~6月 / 7月~9月 / 10月~12月

平成27年

7月~9月 / 10月~12月

お問合せ先

企画調整室

担当者:報道担当
代表:052-201-7271(内線2315)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader