このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

バーチャルリアリティ(VR)体験会

東海農政局は、農業・農村について理解を深めていただくためのVRコンテンツを作成し、これをご覧いただけるVR体験会を各種イベントで開催しています。
東海地域の農業関連施設や農作物、農村などを、その場所にいるかのように360度で体感していただける貴重な機会です。ぜひ体験してみてください。

ゴーグルをのぞく様子

VR体験会について

バーチャルリアリティ(VR)は、一般的に「仮想現実」と訳され、コンピュータによって作られた環境を、あたかも現実かのように体感できる技術です。

本体験会では、スマートフォンをディスプレイとして取り付けたゴーグルを使用し、農業・農村の360度画像をご覧いただきます。
このゴーグルをのぞくと、上下左右360度のパノラマが広がり、周りを見渡すと、まるで自分がその場所にいるかのような臨場感を味わうことができます。
普段見ることのできない東海地域の農業関連施設や農作物、農村の風景を身近に感じてみてください。
これから開催する体験会は、日程が決まり次第、本サイトで紹介します。

VRコンテンツ

東海農政局が作成したVRコンテンツは、こちらからご覧いただけます。
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/vr/content/index.html
VRページURLのQRコード

VR体験会の予定

以下のイベントでVR体験会を開催します。体験は無料です。ぜひお越しください。

食育に関する出向展示等 NEWアイコン

日時:平成30年10月6日(土曜日)
場所:農業文化園・戸田川緑地 農業科学館1階(名古屋港区)

VR体験会の様子

これまでに実施したVR体験会の様子をご紹介します。

VR出張講座「お米ができるまで」NEWアイコン

実施日:平成30年9月6日(木曜日)
場所:小牧市立村中小学校(愛知県小牧市)
コンテンツ:お米ができるまで

  • 村中小学校の5年生51名を対象にVR出張講座を実施しました。お米が育っていく様子を見て「だんだん黄色くなってきた!」「稲刈りをしている!」など、楽しみながらお米が育つ様子を勉強しました。
  • パソコンを使っての農業施設・農作物のVR見学では、大豆やじゃがいもの花をみんなで探して、クイズに答えました。

出張講座の様子VRを見る子どもたちパソコンでVRを見る様子

夏休みキッズプロジェクト「日本の農業を学ぼう!」(カラフルタウン)

実施日:平成30年8月28日(火曜日)
場所:カラフルタウン(岐阜県岐阜市)
コンテンツ:日本の農業風景

  • 夏休みキッズプロジェクト「日本の農業を学ぼう!」を開催し、買い物中の方や夏休み中の子どもたちに、VRを体験していただきました。

VR体験会の様子VRを楽しむ子どもたち

移動消費者の部屋「親子体験イベント」(桑名市中央図書館)

実施日:平成30年8月21日(火曜日)
場所:桑名市立中央図書館(三重県桑名市)
コンテンツ:日本の農業風景

  • 「農業を知ろう!」をテーマに移動消費者の部屋を開設し、73名の方々にVRで日本の農業風景を体験していただきました。

VRを見る男の子VRを見る女の子

夏休みキッズプロジェクト「日本の農業を学ぼう!」(マーサ21ショッピングセンター)

実施日:平成30年8月9日(木曜日)
場所:マーサ21ショッピングセンター(岐阜県岐阜市)
コンテンツ:日本の農業風景

  • 夏休みキッズプロジェクト「日本の農業を学ぼう!」を開催し、買い物中の方や夏休み中の子どもたち83名に、VRを体験していただきました。

VRを見る子どもたちVRを楽しむ子どもたち

夏休みキッズプロジェクト「親子体験!VR・乳しぼり」

実施日:平成30年8月2日(木曜日)
場所:東海農政局(名古屋市中区)
コンテンツ:日本の農業風景

  • 夏休みキッズプロジェクト「親子体験!VR・乳しぼり」を開催し、VR参加者は、田んぼの水はどこから来るの?お米ってどうやってできるの?といった、お米の収穫までの様子を体験しました。

イベントの様子VRを楽しむ子どもたち

夏休みキッズプロジェクト「日本の農業を学ぼう!」(アピタ桑名店)

実施日:平成30年7月27日(金曜日)
場所:アピタ桑名店(三重県桑名市)
コンテンツ:日本の農業風景

  • 夏休みキッズプロジェクト「日本の農業を学ぼう!」を開催し、買い物中の方や夏休み中の子どもたち59名に、VRを体験していただきました。

VR体験会の様子VRを見る親子

夏休みキッズプロジェクト「日本の農業を学ぼう!」(イオン八事店)

実施日:平成30年7月23日(月曜日)
場所:イオン八事店(名古屋市昭和区)
コンテンツ:日本の農業風景

  • 夏休みキッズプロジェクト「日本の農業を学ぼう!」を開催し、買い物中の方や夏休み中の子どもたち71名に、VRを体験していただきました。

VRを楽しむ子どもVRを見る親子

第22回大師の里・彦左衛門のあじさいまつり

実施日:平成30年6月10日(日曜日)
場所:ふれあいの森周辺(三重県多気町)
コンテンツ:農業用水「田んぼの水はどこから来るの?」

  • 三重県多気町の「第22回大師の里・彦左衛門のあじさいまつり」に参加し、来場した方々にダムから田んぼまでの農業用水の旅の疑似体験をしていただきました。

あじさいまつりでのVR体験の様子

ララスクエア四日市「バーチャルリアリティ体験」

実施日:平成30年5月11日(金曜日)
場所:ララスクエア四日市(三重県四日市市)
コンテンツ:日本の農業風景

  • 「農業を知ろう!」をテーマに移動消費者の部屋を開設し、親子連れを中心とした42名の方々に、VRで日本の農業風景を体験いただき、「VRを体験するのは初めてで、おもしろかった。」と、楽しんでいただきました。

体験会の様子VRを見ている子どもVRを見る親子

VR出張講座「農業用水VR体験!田んぼの水はどこから来るの?」

実施日:平成29年12月7日(木曜日)
場所:稲沢市立稲沢北小学校(愛知県稲沢市)
コンテンツ:明治用水「田んぼの水はどこから来るの?」

  • 稲沢北小学校の4年生59名を対象にVR出張講座を実施しました。ダムから田んぼまでの水の旅を体験した子どもたちは、
    「ダムってすごく大きい!」「用水がだんだん狭くなってる。」など、農業用水について理解を深めました。
  • パソコンを使っての農業施設・農作物のVR見学では、じゃがいも、れんこん、大豆の花を観察しました。

VRを楽しむこどもたち授業の様子

平成29年度第17回農大祭&西山農業祭り

実施日:平成29年12月3日(日曜日)
場所:三重県農業大学校(三重県松阪市)
コンテンツ:日本の農業風景(農業用水とお米の収穫)

  • 「VR体験してみよう!」をテーマにブースを開設しました。子どもを中心とした200名を上回る多くの方が、農業用水やお米が育つ様子をVRで体験しました。ブースでは、野菜クイズや大豆を箸ではさむゲームも行いました。

VRゴーグルをのぞく子どもたちVRゴーグルに興味津々の子どもブース全体の様子

VR出張講座「農業用水VR体験!田んぼの水はどこから来るの?」

実施日:平成29年11月29日(水曜日)
場所:小牧市立米野小学校(愛知県小牧市)
コンテンツ:明治用水「田んぼの水はどこから来るの?」

  • 米野小学校の5年生169名を対象にVR出張講座を実施しました。この日を楽しみにしてくれていた子どもたちは、VRゴーグルをのぞくと、「ダムは山奥にあるよ。」「田んぼのバルブを見つけた!」と、色々な発見をしていました。
  • パソコンを使っての農業施設・農作物のVR見学では、大豆畑やトマトの選果場、牛舎などを探検しました。

VRゴーグルをのぞく子どもたちゴーグルをのぞく子どもたちと先生パソコンでのVR体験の様子

ジャパンハーヴェスト2017 丸の内農園

実施日:平成29年11月4日(土曜日)~5日(日曜日)
場所:東京・丸の内(東京都千代田区)
コンテンツ:明治用水「田んぼの水はどこから来るの?」

  • 農林水産省主催の「ジャパンハーヴェスト2017 丸の内農園」で農業用水VR体験ブースが出展され、300名を超える多くの方に、ダムから田んぼまでの農業用水の旅を楽しんでいただきました。

体験ブースの様子VRを楽しむ子どもたち

なごやHAPPYタウン~こどものまち~

実施日:平成29年11月3日(金曜日)
場所:オアシス21銀河の広場(名古屋市東区)
コンテンツ:日本の農業風景(農業用水とお米の収穫)

  • 「なごやHAPPYタウン~こどものまち~」において、VR体験会「日本の農業風景をVRで体験してみよう」を実施しました。子どもを中心とした190名がVRの世界を体験しました。子どもたちは、「すごい!夢みたい。」「田んぼが広い!」と楽しんでいました。

ブースの様子VRを楽しむ子どもたちゴーグルをのぞく小学生

建設技術フェア2017 in中部

実施日:平成29年10月18日(水曜日)~19日(木曜日)
場所:吹上ホール(名古屋市千種区)
コンテンツ:明治用水「田んぼの水はどこから来るの?」

  • 「建設技術フェア2017 in中部」に訪れた技術系学生等に対して、農業・農村の多面的機能や農業水利施設等への東海農政局の関わりを紹介し、ダムから田んぼまでの農業水利施設等をVRで体験していただきました。

学生に説明する様子VRを体験する学生と説明する職員VRを体験する学生たち

岐阜大学カレッジミーティング

実施日:平成29年10月13日(金曜日)
場所:岐阜大学(岐阜県岐阜市)
コンテンツ:明治用水「田んぼの水はどこから来るの?」

  • 岐阜大学応用生物科学部1年生を対象に、食料供給や農村振興、多面的機能等、東海農政局の取組をテーマとしたカレッジミーティングを行いました。この中で、農村振興や農業用水を身近に感じてもらうため、明治用水をVRで体験していただきました。

ゴーグルをのぞく学生ゴーグルをのぞく学生授業の様子

VR出張講座「農業用水VR体験!田んぼの水はどこから来るの?」

実施日:平成29年9月27日(水曜日)
場所:名古屋市立なごや小学校(名古屋市西区)
コンテンツ:明治用水「田んぼの水はどこから来るの?」

  • なごや小学校の4年生68名を対象にVR出張講座を実施しました。子どもたちは、「おおーっ!ダムがリアル!」「水がきれい!」など歓声をあげ、農業用水の旅を疑似体験しました。また、パソコンを使って農業施設・農作物のVR見学も行いました。

VRを楽しむ子どもたち体験する子どもと待つ子どもパソコンでの農業施設・農作物VR見学

イオン上飯田店「バーチャルリアリティ体験」

実施日:平成29年8月18日(金曜日)
場所:イオン上飯田店 3階なごみ広場(名古屋市北区)
コンテンツ:明治用水「田んぼの水はどこから来るの?」

  • 買い物中の方をはじめ、夏休み中の多くの子どもたちに、農業用水の旅を体験していただきました。

VRを楽しむ子どもたちじっくりVRを体験する大人ゴーグルの中の様子

平成29年度あいちの農業用水展(うち「明治用水バーチャルリアリティ体験」)

実施日:平成29年8月5日(土曜日)
場所:アンフォーレ(愛知県安城市)
コンテンツ:明治用水「田んぼの水はどこから来るの?」

  • 安城七夕まつりと同時開催でにぎわう会場では、子どもから大人まで幅広い年代280名に、矢作ダムから田んぼまでの水の旅をVRで体験していただきました。

VRを楽しむ参加者VRを楽しむ小学生VRを楽しむ安城七夕親善大使の皆さん

夏休みキッズプロジェクト「バーチャルリアリティ親子体験」

実施日:平成29年8月4日(金曜日)
場所:東海農政局(名古屋市中区)
コンテンツ:明治用水「田んぼの水はどこから来るの?」、地域の農業施設を見学しよう!

  • 15組の親子の参加があり、普段なかなか見ることのできない水稲育苗施設、トマトの選果場、牛舎、ダム、頭首工などの農業関連施設をVRでご覧いただきました。「早く交替して!次はぼく!」と、子どもも大人もVRゴーグルに興味津々でした。

あいさつの様子ゴーグルをのぞく小学生VRゴーグルに興味津々の小学生

お問合せ先

企画調整室

担当者:広報班
代表:052-201-7271(内線2314)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader