このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第285号(平成28年3月5日発行)

目次

1.メッセージ

2. イチ押し!政策情報

  • 都市農業の優良事例をご紹介します

3.東海農政局からのお知らせ

4.東海イベント情報!

5.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

6.お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

大規模地震への備え

東海農政局 矢作川総合第二期農地防災事業所長  中島 創 (なかしま そう)

未曾有の被害をもたらした東日本大震災から5年。被災地の復興はいまだ道半ばと言われています。東海農政局が愛知県安城市及び豊田市で実施している矢作川総合第二期農地防災事業は、東日本大震災のような海溝型地震と阪神淡
路大震災のような内陸直下型地震を想定地震動として、明治用水頭首工など、国営事業により造成された基幹的農業水利施設の耐震化対策を行うこととしています。

一昨年の12月に事業計画を決定して事業に着手し、約1年3ヶ月が経ちました。この間に、関係機関、地元住民の皆さんのご理解等により、明治用水頭首工の補強や水路の液状化対策などの耐震化対策の工事を始めることができました。

この地域では、今後30年以内に震度6クラス以上の大規模地震が約80%の確率で発生すると言われています。交通事故で負傷する確率が24%、ガンによる死亡が6.8%とのことですから、この80%の数字を皆さんはどう見るのでしょうか。今、こうした公共施設の耐震化対策は、政府が重要政策とする国土強靭化の一環として全国で展開しています。事業所では、耐震化対策の工事以外に大規模地震時における職員の行動計画を検討しています。特に地震後の職員同士や関係機関との有効な連絡手段を探っています。

我が家では、昨年、家具等に転倒防止器具を設置しましたが、こんな物で大丈夫なのか疑問です。また、最近「被災後3日~4日は各家庭の自助努力で凌いでください。その間には水道・電気などライフラインは復旧します。」との声を耳にしました。「果たして我が家は3日間持ちこたえられるのか?」備えに対する検証が必要だと思っています。

2.イチ押し!政策情報

都市農業の優良事例をご紹介します

都市農業は、都市住民にとって新鮮な農産物の供給、防災空間の確保、農業体験の場の提供など、多様な役割を果たしています。
東海農政局では、都市農業に取り組む団体の優良事例を、近日発行の「食・農ぴっくあっぷ3月号」の中で紹介する予定です。

3.東海農政局からのお知らせ

2016年春の農作業安全確認運動を実施しています!

農林水産省は、農作業死亡事故を減少させるため、3月1日から5月31日までを農作業安全対策の重点期間として、2016年春の農作業安全確認運動を実施しています。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sien/160224.html

「第3回地球温暖化に関する中部カンファレンス」参加者募集中!

中部地方環境事務所は、3月15日(火曜日)、名古屋国際センター別棟ホール(名古屋市中村区)で「第3回地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:食糧を考える~」を開催します。

農林水産省からも、「農林水産省気候変動適応計画について」及び「農業生産における気候変動対策の取組」について講演します。定員は250名程度、申込みは3月14日(月曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/seisan/kankyo/ondanka/index.html

平成28年度世界かんがい施設遺産の申請を受付中!

平成28年分の世界かんがい施設遺産の登録に向けて、国際かんがい排水委員会日本国内委員会(事務局:農林水産省)は国内の申請候補施設を募集しています。受付は、3月31日(木曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kaigai/160201.html

管内各支局に「地方参事官ホットライン」を開設しています!

東海農政局は、現場と国との双方の意思疎通を図るため、地方参事官ホットラインを開設しています!農業者・消費者・行政関係者の皆様からの、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています。

4.東海イベント情報!

イベント情報はこちら
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/event/yotei/yotei.html

「広めよう・引き継ごう!安心できる食とくらし」生協まつり

3月6日(日曜日):すいとぴあ江南(愛知県江南市)

ジェトロ食品輸出商談会in名古屋

3月16日(水曜日):キャッスルプラザ(名古屋市中村区)

農業分野における障がい者就労支援イベント

3月19日(土曜日):栄広場(名古屋市中区)

第1回あいち・じもと農林漁業成長応援「食」と「農」の大商談会

3月24日(木曜日):名古屋市中小企業振興会館(名古屋市千種区)

農業分野における障がい者就労支援イベント

3月26日(土曜日):名古屋港ガ-デンふ頭臨港緑園(名古屋市港区)

5.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

東海農政局「消費者の部屋」で特別展示を実施中!平日10時~17時
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/index.html

現在の展示(3月9日(水曜日)まで)

これからの特別展示のご案内

  • 3月14日(月曜日)~3月25日(金曜日)
    「図でわかる東海3県の農林水産業」

6.お知らせします!「統計情報」

「写真でみる農作物の生育情報(平成28年2月)」を掲載しました!

管内の農作物の生育状況や、農作業風景等を写真で紹介しています。

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/sokuho/syasin_201602.html

平成27年度農林水産統計の公表結果及び今後の公表予定を掲載しています!

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/sokuhou/yotei2015.html

編集後記

3月5日は啓蟄(けいちつ)です。
啓蟄とは「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃だそうです。
土の中から出てくるのは虫だけではありません。春の山菜も土の中から出てきて店頭に並び始める頃だと思います。
筍の出荷も始まりました。旬の食材で春の訪れを味わってみては如何でしょうか。

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader