このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第291号(平成28年6月4日発行)

目次

1.メッセージ

2.イチ押し!政策情報

  • 考えてみませんか?「職業としての農業」

3.東海農政局からのお知らせ

4.東海イベント情報!

5.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

6.お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

「食」について思う

東海農政局 地方参事官(経営・事業支援部担当) 廣瀬 勝士(ひろせ かつし)

今回、このメッセージを担当させていただくにあたり、人にとって「食」とは何かということに思いを巡らせてみました。

生存・成長するために必要なもの…多くの方がそのようにお考えかもしれません。根源的には正しいのかもしれませんが、「食」ってそれだけ?と改めて問えば、それだけではないと、思いあたることが誰にもあるかもしれません。家族で囲む楽しい食卓の場面や、嫌いな食べ物を無理やり喉の奥に流し込んだり、箸の使い方を厳しく躾けられた苦い思いが蘇ってくる方もいらっしゃるかもしれません。

かつてある食文化に知見のある方から「昔は、食卓は食料の分配の場であり、そこには団らんという性格のものはなかった」と伺ったことがあります。正直なところ、食卓を冷静な視点から捉えることに戸惑いを覚えつつも、食料が不足していた時代にはそのような役割が中心であったことに、納得も出来ます。

では、現代における、食の役割はどうでしょうか。

お金を出しさえすれば食べ物が容易に手に入る時代、食卓の求心力が薄れ、ライフスタイルの多様化から食の簡便化、孤食、個食が広がることも、仕方ないのかもしれません。

ただ、本当にそれでいいのかと、自問してしまいます。

身体づくりの基礎としての食の役割が低下することはないのかもしれませんが、「美味しいなぁ…」という感動や、その感動を共有しながら楽しい時間を過ごす喜びなど、食べるだけではない大切ななにかが、もっと重視されてもいいような気がしています。

心身ともに健康で、生きる力を与えてくれる「食」を、今一度見直してみる必要はないでしょうか。

6月は食育月間です。

皆様の一食一食が、さらに喜びや楽しみに溢れるものでありますよう。

2.イチ押し!政策情報

考えてみませんか?「職業としての農業」

東海農政局は、就職を迎える学生の皆さんや、転職・起業を考える社会人の皆さんの選択肢に農業が加わるよう、「職業としての農業」を知っていただくため、大学、農業高校、市町村等において、東海農政局担当者や、現場で活躍している若手農業者による講演等を行っています。

皆様の学校や市町村でも、就職ガイダンス、キャリア授業や青年農業者の確保等の取組のテーマの中に「職業としての農業」を取り入れてみませんか。
講演の開催、担当者派遣等のご要望は随時受付中!ぜひお問い合わせを!

東海農政局経営・事業支援部経営支援課
電話:052-223-4620(ダイヤルイン)
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/shien/be_farmer/lecture.html

3.東海農政局からのお知らせ

平成27年度「食料・農業・農村白書」等東海ブロック説明会開催!

農林水産省は、この度、全国の食料・農業・農村の動向と施策について取りまとめた報告書「食料・農業・農村白書」を作成し、公表しました。
平成27年度白書では、「TPP交渉の合意及び関連政策」を特集しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/jyousei/index.html

なお、東海農政局は、7月1日(金曜日)13時30分~16時50分、名古屋能楽堂(名古屋市中区)で、「平成27年度白書東海ブロック説明会」を開催します。
説明会では、本省担当者が、今回の白書のポイントについて説明します。ご興味のある方の参加を受け付けています。定員は80名、申込みは6月24日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/hakusho/27.html

「飼料用米多収日本一」を開催中!

農林水産省は、(一社)日本飼料用米振興協会と共催し、多収品種での飼料用米生産者を対象に、生産技術の向上を目指し、多収を実現している経営体を表彰し、その成果を広く紹介する「飼料用米多収日本一」を開催しています。

成績優秀者には、農林水産大臣賞をはじめ、各種褒賞が授与されます。応募は6月30日(木曜日)まで。http://www.maff.go.jp/j/seisan/kokumotu/siryouqa.html

6月、7月は米トレーサビリティ制度の監視強化月間です!

お米や米加工品は、「米トレーサビリティ法」により、業者間の取引等の記録の作成・保存、一般消費者までの産地情報の伝達が義務付けられています。
お米の流通に関する相談や疑わしい情報がありましたら、お近くの米穀流通監視相談窓口にお問い合わせください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/keikaku/beikoku/index.html

経営所得安定対策等に加入しましょう!

農林水産省では、平成28年度の経営所得安定対策等の加入申請を受け付けています!加入要件等は前年と同様です。申請は、6月30日(木曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/keiei/pamph.html

各支局に「地方参事官ホットライン」を開設しています!

農業者・消費者・行政関係者の皆様からの、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています。

4.東海イベント情報!

イベント情報はこちら
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/event/yotei/yotei.html

「平成28年度東海地域花き普及・振興協議会研修会」

6月7日(火曜日):愛知学院大学名城公園キャンパスアガルスホール(名古屋市北区)

「ビジネス・サミット2016」~東海・北陸「うまい!和」発掘商談会~

6月9日(木曜日):名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)

5.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

東海農政局「消費者の部屋」 平日10時~17時
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/index.html

現在の展示(6月14日(火曜日)まで)

今後の展示予定

  • 6月17日(金曜日)~28日(火曜日)
    新たな商品、産業が生まれています。~六次産業化・地産地消法に基づく事業計画認定事例から~
  • 7月1日(金曜日)~28日(火曜日)
    世界農業遺産『清流長良川の鮎』の紹介

6.お知らせします!「統計情報」

「東海農業情報マップ(2015年農林業センサス結果)」を追加掲載しました!

農業経営体数などの市町村別データを白地図上に色分けしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/taim.html

「写真でみる農作物の生育情報(平成28年5月)」を掲載しました!

管内の農作物の生育状況や、農作業風景等を写真で紹介しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/photo/index.html

「平成28年度農林水産統計公表予定」を掲載しています!

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/kohyo/2016yotei.html

編集後記

伊勢志摩サミットが無事に終わりました。毎年のサミットで、気になるものの一つが、各国首脳に振る舞われる食事です。
今回は、三重県産の新鮮な食材が注目を浴びていました。伊勢エビ、アワビ、松阪牛など。中でも地酒は脚光を浴びたために一般からの注文が殺到したとか。
この他にも、リーダーたちの胸元を彩っていた真珠のアクセサリなど、世界に向けて発信できるものを再確認する機会ともなりました。

伊勢志摩以外にも、東海地域には特色ある農林水産物がたくさんあります。アプリ「東海まるごと!特産品ナビ」で探してみてはいかがですか?
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.maff.tokaimarugoto

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader