このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第299号(平成28年10月20日発行)

目次

1.メッセージ

2.東海農政局からのお知らせ

3.東海イベント情報!

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

5.お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

強い農業、美しく活力ある農村の創出を目指して~多面的機能支払交付金制度の取組み~

東海農政局 農村振興部 農地整備課長  岡田 保(おかだ たもつ)

農村地域の高齢化、混住化の進行等、農業・農村を取り巻く環境が厳しさ増すことによって農村集落機能が低下し、地域の共同活動によって支えられている農業・農村が持つ多面的機能の発揮に支障が生じつつあります。
当課では農業・農村が有する多面的機能を守るための地域共同活動に対して支援を行い、担い手農家への農地集積という構造改革を後押しする多面的機能支払交付金制度の推進をしております。
農地水環境保全向上対策から起算して、今年度で10年目を迎える本制度の実施が農業・農村にどのような影響を与えたかについて、管内のデータを分析してみました。

その結果、本事業の実施率の高い市町村ほど、(1)担い手への農地集積率が高い、(2)耕作放棄地率が低い、(3)耕地面積の減少率が低いという傾向が認められ、前述の事業目的に即した結果となっていました。
引き続き制度取組範囲の拡大に努め、「強い農業」「美しく活力ある農村」の創出の一助となるよう事業推進していきますので、今後ともご支援いただきますようお願いします。

さて、話は変わりますが、当課では多面的機能支払制度の普及のため、毎年シンポジウムを開催しており、本年は12月13日(火曜日)に名古屋市内で開催する予定です。

今回は、TVドラマ「高校生レストラン」で有名な三重県相可高校「まごの店」の仕掛け人である岸川政之様による基調講演のほか、多面的機能支払の優良活動事例発表等を行う予定です。入場料も「無料」と大変お値打ちになっており
ますので多数のご来場をお待ちしております。
詳しい申込方法等は近日中に東海農政局のホームページで発表予定です。

2.東海農政局からのお知らせ

有毒な野生キノコによる食中毒について(注意喚起)

農産物直売所において、有毒な野生キノコを可食キノコと誤認して販売され、それを購入した消費者が食中毒を起こしたという事故が発生しました。
直売所の関係者の方は、消費者の生命に関わる大きな問題ですので十分注意してください。http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/shokuhin/chisan/index.html

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回)の選定結果

第3回にあたる今年度の「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は、全国で応募のあった769地区の中から、厳正な審査の結果、30地区が選定されました。
そのうち東海農政局管内では以下の3地区が選定されました!

  • 奥矢作移住定住促進協議会(岐阜県恵那市)
  • 茶臼の里合同会社(愛知県北設楽郡豊根村)
  • 鳥羽マルシェ有限責任事業組合(三重県鳥羽市)

11月下旬、選定された30地区を対象にグランプリ1地区、特別賞4地区を選定する予定です。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/discover.html

新しい野菜産地づくり支援事業(野菜生産転換促進事業)~水田地帯で新たな野菜産地の育成に取り組む皆様へ~

農林水産省では、実需者ニーズに対応した野菜の生産拡大を実現するため、水田地帯において水稲から野菜への転換を図り、実需者等の関係者と連携して取り組む新しい野菜産地の育成を支援します。

http://www.maff.go.jp/j/budget/2017/attach/pdf/index-63.pdf
(平成29年度概算要求時の内容です。今後、財務当局との折衝により、変更があり得ます。)

平成28年度東海大豆現地検討会

東海農政局は、11月16日(水曜日)、生産者、生産者団体、実需者等を対象に「平成28年度東海大豆現地検討会」を開催します。
当日は、JAにしみの本店ふれあいホール(岐阜県大垣市)での室内検討と、実証ほ場(岐阜県海津市他)の視察を行います。
定員は100名、参加費無料。申込は10月31日(月曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/seisan_shinko/160928.html

3.東海イベント情報!

平成28年度東海地域食料自給率向上研究会

東海農政局は、10月29日(土曜日)、鈴鹿医療科学大学(三重県鈴鹿市)で、「平成28年度東海地域食料自給率向上研究会」を開催します。
定員は150名、参加費無料。申込は10月21日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/kikaku/160914.html

メッセナゴヤ2016

10月26日(水曜日)~29日(土曜日):ポートメッセなごや(名古屋市港区)

  • 日本最大級の異業種交流展示会(主催:メッセナゴヤ実行委員会)

http://www.messenagoya.jp/

2016フードセーフティ中部

11月9日(水曜日)~11日(金曜日):ポートメッセなごや(名古屋市港区)

  • 食の安全をテーマにした食品に関わる中部地区の産業展(主催:日刊工業新聞社)

http://food-safety-chubu.nikkan.co.jp/

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

東海農政局「消費者の部屋」 平日10時~17時

http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/index.html

現在の展示(10月27日(木曜日)まで)

今後の展示予定

  • 11月1日(火曜日)~14日(月曜日) 「動物検疫所の仕事」
  • 11月17日(木曜日)~30日(水曜日) 「あいち森と緑づくり事業」

5.お知らせします!「統計情報」

「平成28年度農林水産統計公表予定」を掲載しています!

10月中の公表予定は以下のとおりです。

  • 平成28年耕地面積(7月15日現在)(東海3県)
  • 平成28年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)(東海3県)

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/kohyo/2016yotei.html

「グラフdeセンサス2015(第5回)」は10月末に掲載予定です!

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/gracen/index.html

「図でみる東海の農林水産業(東海3県の野菜出荷量(平成27年産))」は10月末に掲載予定です!

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/tokeidata_tokai.html

編集後記

皆様にお届けしているこのメルマガ「とうかいほっとメール」も、次号で300号を迎えることとなりました。
これからも一層、わかりやすく、読みやすい内容となるように努力していきます。
どうぞ今後ともご愛読よろしくお願いいたします。

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader