このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第307号(平成29年2月4日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

地域農業の発展を支えるために

東海農政局 農村振興部 事業計画課長  松尾 浩司(まつお こうじ)

昨年4月に着任しました松尾です。東海管内は新矢作の事業所でお世話になってから十数年ぶりとなりますが、また宜しくお願いします。

前任地は復興庁宮城復興局で、被災市町が行う復興事業の技術支援を行っていました。また、被災した東松島市(旧矢本町)に20年前に出向していたこともあり、大震災当日は霞が関に居て、30年以内の発生確率が99%と言われていた「宮城沖地震が来ちゃったな」と思いましたが、そんな生やさしいモノではありませんでした。2箇月後に現地に入り、津波と海没とで「ある」はずの街が「ない」風景を未だに忘れられません。

一方、東海地方でも東海・東南海地震等への備えが進められております。昨年は熊本や鳥取中部で直下型地震がありましたが、過去に濃尾地震や三河地震などを経験しているのに、地域社会の直下型地震への関心が若干低いように、東北に居た私は感じています。

さて、当課では国営土地改良事業の計画立案を担当しています。過去に造った農業用水利施設には、造成当時は田んぼの真ん中だったのに現在では住宅に囲まれていたり、道路の下に埋設したところが地域交通の要になったりしているところが随所にあります。施設の老朽化も進行しており随時更新が必要になりますが、併せて震災時の二次被害防止や地域社会の復旧を妨げないことも考えて備える必要があります。

しかし、それらの水利施設そのものでは利益は上げられず、施設を利用して農業生産が維持・発展してこその水利施設です。一方、農業を取り巻く環境は目まぐるしく変化しており、例えば、100ha級の大規模経営体が農作業の効率化を目指して高速機械を導入しようとすると、それまでの機械では問題にならなかった1枚のほ場の中での地耐力の差異が作業効率を下げることもあるようです。土地改良の客層の農業経営環境が変わってきているのに、前例を真似ただけの計画を供給することは許されません。

幸い、精度の違いはあれ市町村別農業産出額の統計資料も提供が再開され、「地理院地図」(※)などの誰でも使える空間情報の利用環境も進んでいます。いつかはAI技術が計画立案に導入される日が来るかもしれませんが、それまでは愚直に可能な限りの地域の情報を集めて、当然現地にも出向いて、地域の農業の発展をしっかり支える事業計画を立てていきます。

プライベートでは、趣味での管内3県の全部の道の駅と、全市町村役場巡りの完全達成まであと少しで、山の雪の状況を見ながら週末の計画を立てています。

(※)インターネット環境さえあれば、インストール不要、購入不要、利用許諾不要データ多数あり、3D出力可能。

2.東海農政局からのお知らせ

LOVEフラワーバレンタイン!~大切な人へ、感謝の気持ちを込めて花を贈る2月14日~

日本のバレンタインデーは、女性から男性にチョコレートなどを贈る日とされていますが、海外、特に欧州等では男性から女性に花を贈り、互いに愛情や感謝の気持ちを伝え合う日となっています。

日本においても各地でキャンペーンが展開されており、東海農政局でも、管内の各主体の取組を紹介していますので、ご参加ください!

あなたも日頃の感謝や愛情の気持ちを込めて、大切な人に花を贈ってみませんか?

  • 2017年フラワーバレンタインのイベント・キャンペーン情報
    http://www.maff.go.jp/tokai/seisan/engei/hana/fv_2017.html

「農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています!

農業を成長産業にしていくことを目指す「農業競争力強化プログラム」について、その内容を説明する動画を作成し、農林水産省ホームページに掲載しています。ぜひご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html

地理的表示(GI)保護制度セミナーを開催

地理的表示保護制度の中央相談窓口である「GIサポートデスク」は、地理的表示(GI)保護制度セミナーを、全国の地域ブロック単位で開催します。
東海ブロックは、3月2日(木曜日)、愛知県庁(名古屋市中区)で開催します。
地理的表示について知りたい方、登録申請をお考えの皆さまのご参加をお待ちしています。
http://www.fmric.or.jp/gidesk/event/index.html#area04

平成29年度世界かんがい施設遺産の申請を受付中!

平成29年分の世界かんがい施設遺産の登録に向けて、国際かんがい排水委員会日本国内委員会(事務局:農林水産省)は国内の申請候補施設を募集しています。受付は、3月31日(金曜日)まで
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kaigai/ICID/his/his.html

3.東海イベント情報!

《東海地域で開催されるイベントをご紹介します!》
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/event/yotei/index.html

平成28年度「みえの食」マッチング・展示交流会

2月7日(火曜日):四日市都ホテル(三重県四日市市)
三重県内の食関連商品を生産・製造・販売する生産者・事業者が一堂に会する交流会
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0031500037.htm

長久手子ども食堂におけるバレンタインデーをテーマとしたフラワーアレンジメント体験会

2月8日(水曜日):長久手子ども食堂(愛知県長久手市)
定員は28名、参加費500円(花材費)。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/engei/170120.html

第2回あいち・じもと農林漁業成長応援「食」と「農」の大商談会

3月3日(金曜日):中小企業振興会館(吹上ホール)(名古屋市千種区)
六次産業化、農商工連携等をテーマとした商談会
http://www.meigin.com/seminar/pdf/seminar20170302.pdf

生協まつりin一宮スポーツ文化センター

3月5日(日曜日):一宮スポーツ文化センター(愛知県一宮市)
生産者、メーカーによる模擬店の出店や消費者啓発等を行うイベント
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/event/yotei/index.html

農業分野における女性活躍推進セミナー

3月8日(水曜日):オフィスパーク名駅プレミアホール(名古屋市中村区)
農業分野における女性の参画促進と女性農業者が活躍しやすい環境づくりについて考えるセミナー
定員は100名、参加費無料。申込みは2月24日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shien/170123.html

平成28年度第2回グラウンドワークフォーラムつながるとひろがるね。~学生・地域の「みえ活」~

3月11日(土曜日):じばさん三重(三重県四日市市)
次世代を担う若者の現地交流経験発表や若者との意見交換会を行うためのフォーラム
http://www.ab.auone-net.jp/~gw-tokai/pdf/newsletter58.pdf

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

《東海農政局「消費者の部屋」!平日10時~17時》
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/index.html

次回の展示(2月7日(火曜日)~2月16日(木曜日))

ココロにおいしい、冷凍食品

冷凍食品は、皆様の食卓で身近なものとなっています。「簡単・便利」以外にも、冷凍状態のため細菌が活動できず衛生的なことや、急速冷凍により栄養や美味しさが保たれていること等、知られていない魅力について紹介します。

私たちが求める「原料原産地表示」

展示内容は、後日、東海農政局ホームページでお知らせします。

今後の特別展示の予定

  • 2月21日(火曜日)~3月2日(木曜日)「3月10日は農山漁村女性の日です」

5.お知らせします!「統計情報」

東海農政局の統計情報はこちらから
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/index.html

「専門調査員の募集案内」を掲載しました!

農林水産省では、統計調査に従事する専門調査員を募集しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/senmon_tyosain.html

「グラフdeセンサス2015(第8回)」を掲載しました!

「グラフdeセンサス2015」は、2015年農林業センサス結果を中心に、東海3県
(岐阜、愛知、三重)の農林業の動きを様々な観点から紹介しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/gracen/index.html

「図でみる東海の農林水産業」を掲載しました!

農林水産統計の中から、東海3県の全国順位や年次別推移などを、グラフを用
いて分かりやすく編集しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/tokeidata_tokai.html

「写真でみる農作物の生育情報(平成29年1月)」を掲載しました!

管内の農作物の生育状況や、農作業風景等を写真で紹介しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/photo/index.html

編集後記

暦のうえでは、今日は立春ですが、まだまだ寒い日が続いてます。
この季節、空気が乾燥し、カゼやインフルエンザが流行りがちですので、皆様も体調管理に十分お気をつけください。
メルマガ「とうかいほっとメール」は、これからも、ホットな情報の掲載に努めますので、どうぞご愛読よろしくお願いします。

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader