このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第318号(平成29年7月5日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

農業用水に想いを巡らす

東海農政局 農村振興部長 皆川 猛(みなかわ たけし)

今年の東海地方の梅雨入りはほぼ平年通りとなりましたが、5月は極端に降雨量が少なく、渇水が心配されています。特に、三重県内の宮川水系や安濃川水系では7月4日時点で水源のダムの貯水率が20%を下回っているところもあります。

さて、東海地方の農業用水の開発の歴史は古く、江戸時代以降先人の血のにじむような努力により各地に用排水路が張り巡らされ、新田開発が進み、現在の美しい田畑が形成され、現在の発展の礎を築いています。

近年、都市化の進展などに伴い、農業用水を運ぶ水路がパイプライン化・暗渠化して地域住民の目に触れることが少なくなっていますが、農業用水は農作物の生育に不可欠なだけではなく、河川の流れを安定させ面積が約400平方キロメートルとわが国最大級の海抜ゼロメートル地帯である濃尾平野の地盤沈下を食い止めたり、農村独特の美しい風景を造ったり、様々な生き物を育む環境を維持するなど多面的な役割を発揮し、国民全体になくてはならない財産となっています。

水の季節に、改めて農業用水に想いを巡らせてみませんか。

2.東海農政局からのお知らせ

消費者の部屋「夏休みキッズプロジェクト」を実施します!

東海農政局「消費者の部屋」では、夏休み期間を利用して、お子様や保護者の方を対象に、夏休みキッズプロジェクトを実施します。
プロジェクトでは、キッズ農園や子どもライブラリーを開設するほか、親子体験イベントも開催します。このほか、「消費者の部屋」以外の夏休み親子イベントを紹介する体験インフォメーションボックスもご用意し、お子様の充実した夏休みを応援します。
親子イベント詳細は、このメルマガの「東海イベント情報」でもご案内しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/kids/2017/index.html

平成28年度東海食料・農業・農村情勢報告を公表しました!

東海農政局は、6月30日、平成28年度の東海地域の食料・農業・農村をめぐる情勢を取りまとめた報告書を公表しました。ぜひご覧ください。

  • 「トピックス」…平成28年度の東海地域の特徴的な動きを紹介するとともに、「2015年農林業センサス」の結果により東海地域の農業の動きを分析しています。
  • 「動向編」…平成28年度の東海地域の食料・農業・農村の動向や現場の取組等について、統計データや事例を用いてわかりやすく紹介しています。
  • 「特集編」…地域にある資源を活用して移住・定住や就農を促進し、地域の活性化に向けて活動している方々に取材した内容を紹介しています。

http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/josei/28.html

収入保険制度等についての東海ブロック説明会を開催します

東海農政局は、収入保険制度の導入等を内容とする「農業災害補償法の一部を改正する法律」が可決・成立したことを受け、7月14日(金曜日)、愛知県産業労働センターウインクあいち(名古屋市中村区)で、収入保険制度等についての東海ブロック説明会を開催します。
定員は170名、参加無料。申込期限は7月7日(金曜日)17時。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/ninaite/170629.html

愛知サマーセミナー2017で「日本の農村と食の安全」をテーマとした講座

「愛知サマーセミナー2017」(主催:第29回愛知サマーセミナー実行委員会等)が、7月15日(土曜日)~17日(月曜日)に開講されます。
東海農政局からも講師を派遣し、7月17日(月曜日)午前11時10分~午後0時30分、同朋高等学校A棟2階学習室2(名古屋市中村区)で、「日本の農村と食の安全を考える」をテーマに講座を行います。
参加無料、事前申込不要、先着順。
http://www.samasemi.net/2017/(外部リンク)

米粉の用途別基準、ノングルテン表示に関する地方説明会

今年3月、「菓子・料理用」を1番、「パン用」を2番、「麺用」を3番とする米粉の用途別基準が定められました。また、グルテンを含まない米粉製品(ノングルテン)の表示ガイドラインも定められました。
農林水産省は、これらを多くの方に知っていただくための説明会を全国で開催します。
東海地域では、8月10日(木曜日)、TKP名古屋カンファレンスセンター(名古屋市中村区)で開催します。
定員は100名、参加無料。
http://www.cap-net.jp/(外部リンク)

六次産業化・地産地消法に基づく平成29年6月期総合化事業計画の認定を行いました!

東海農政局は、六次産業化・地産地消法に基づく平成29年6月期総合化事業計画を4件認定(平成29年6月30日付:岐阜1件、愛知2件、三重1件)しました。
今回の認定により東海地域の認定件数は204件となりました。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/nintei.html

3.東海イベント情報!

夏休みキッズプロジェクト「バーチャルリアリティ親子体験」

8月4日(金曜日):東海農政局(名古屋市中区)

平成29年度あいちの農業用水展

8月4日(金曜日)~6日(日曜日):アンフォーレ(愛知県安城市)

  • 農業用水に関するパネル展示、明治用水バーチャルリアリティ体験、田んぼや水路の生きもの展示等を実施(4日・6日はパネル展示のみ)
  • http://www.pref.aichi.jp/soshiki/nochi-keikaku/aichi-no-nogyoyosuiten.html(外部リンク)

夏休みキッズプロジェクト「ミッション!植物ノ害虫ヲ研究セヨ!」

8月8日(火曜日):東海農政局(名古屋市中区)

夏休みキッズプロジェクト「知ろう森林!作ろう木工!」

8月22日(火曜日):熱田白鳥の歴史館(中部森林管理局名古屋事務所)(名古屋市熱田区)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

特別展示

山羊さん除草隊~ヤギと共に感じ、学び、働く社会~

  • ヤギの放牧による除草活動の様子と、岐阜大学応用生物科学部、美濃加茂市、(有)FRUSIC(フルージック)の三者による研究成果についてご紹介します。(7月10日(月曜日)まで)

http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20170629.html

今後の特別展示予定

  • 食の安全について(7月13日(木曜日)~7月25日(火曜日))

常設展示

東海3県の農業を、統計データを用いてわかりやすく紹介しています。
現在は、「花き~多数の品目が全国1位」と「小麦~作付面積は20年前に比べて2倍に増加」を展示しています。

このほか、東海の四季「抹茶の里~西尾棚下の茶畑~」「日本の棚田百選~丸山千枚田~」「みかん~三重県のみかん~」「りんご~岐阜県のりんご~」も展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/index.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出します

東海農政局「消費者の部屋」では、消費者の部屋が所有する「食品サンプル」、「ポスター」等の展示資材の無料貸出しを始めました。
農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆様のご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/seikatsu/170526.html

5.お知らせします!「統計情報」

「図でみる東海の農林水産業」を掲載しました!

農林水産統計の中から、東海3県の全国順位や年次別推移などを、グラフを用いてわかりやすく編集したものです。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/tokeidata_tokai.html

「写真でみる農作物の生育情報(平成29年6月)」を掲載しました!

管内の農作物の生育状況や、農作業風景等を写真で紹介しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/photo/index.html

「平成29年度公表予定及び公表結果(東海3県)」を掲載しています!

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/kohyo/yotei.html

編集後記

7月に入りました。まだ梅雨は続きそうですが、夏の訪れを感じている方も多いのではないでしょうか。
東海農政局も夏モード。夏休みの子ども向けイベントの準備も始まりました。
このメルマガでもご案内していますので、夏休みの思い出作りとして、ぜひ遊びに来てください。

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader