このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第328号(平成29年12月20日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

ジビエを食べよう!

東海農政局 農村振興部 農村環境課長 今井 幸彦(いまい ゆきひこ)

皆さんは「ジビエ」を食べたことがありますか?
ジビエ(gibier)とはフランス語で野生鳥獣の食肉を意味しますが、最近テレビでも取り上げられるようになり、一種のブームが到来しています。

ジビエを提供する店舗は、都市部中心ではあるものの、全国で600以上あり、フレンチ、和食、中華とジャンルも豊富です。
また、一部のスーパーや生協などで小売りも始まっており、家庭でも気軽に食材としてお使いいただける環境が整いつつあります。
「・・だけど、料理方法がわからない・・」とお感じの方、クックパッドの農林水産省公式キッチンでは家庭用おすすめレシピが紹介されており、各地で料理講習会も開催されています。

ジビエは健康食材です。
シカ肉は、低脂肪・高たんぱくで知られていますが、シカ、イノシシどちらも鉄分や亜鉛が豊富で、他の機能性成分の存在も次々と研究・発表されています。

大切なのは安全性です。
農林水産省では、厚生労働省が作成した衛生ガイドラインを遵守した施設を認証する制度を検討していますが、さらに厳しい衛生ガイドラインを作成し、独自の認証制度を創設している先進的な県もあり、安心して食していただける環境を整えるよう努力しています。

残念ながら、イノシシやシカは増えすぎてしまい、農作物に被害をもたらす厄介者と認識されるようになってしまいました。しかしその原因の多くは人間活動に由来するものです。
現在、ほとんどが廃棄処理されている野生鳥獣を「プラス」の存在に変えていく取組を全国に広げていくことが必要と考えています。
そのことに思いを馳せながら、命に感謝しつつ、おいしく「ジビエ」を食していただければと思います。

クックパッド(農林水産省公式キッチン)
https://cookpad.com/kitchen/11469357

2.東海農政局からのお知らせ

「東海農政局地産地消担当者交流会」を開催します。

東海農政局は、1月30日(火曜日)、名古屋国際センター(名古屋市中区)で、「東海農政局地産地消担当者交流会」を開催します。
地産地消に携わる幅広い関係者のご参加をお待ちしています。
定員は80名、参加費無料。申込は1月19日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/171214_27.html

六次産業化・地産地消法に基づく平成29年11月期総合化事業計画の認定を行いました!

東海農政局は、六次産業化・地産地消法に基づく平成29年11月期総合化事業計画を3件認定(平成29年11月30日付:岐阜2件、愛知1件)しました。
今回の認定により東海地域の認定件数は209件となりました。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/nintei.html

全国子ども和食王選手権全国大会で、東海地域の2チーム(1名、1チーム)が入賞しました。

12月3日(日曜日)、東京都で開催された「第2回全国子ども和食王選手権全国大会」の「和食お絵かき部門」で、扶桑町立柏森小学校(愛知県丹羽郡)2年竹川陽翔(たけがわはると)君が描いた「土ようのうしの日はひつまぶし!」が総合銀賞を受賞しました。
また、「和食王部門」では、三重大学教育学部附属小学校チームが調査力賞を受賞しました。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/171211.html

平成29年度東海農政局多面的機能支払交付金表彰の受賞者を発表しました。

東海農政局が12月5日(火曜日)に名古屋市内で開催した「多面的機能支払シンポジウム」において、「平成29年度東海農政局多面的機能支払交付金表彰」受賞者の発表及び表彰状の授与を行いました。
受賞団体は、次のとおりです。

【東海農政局長賞】

美濃田環境保全会(三重県松阪市)

【全国農村振興技術連盟賞】

古川町気多の水と土を守る会(岐阜県飛騨市)

【中日新聞社賞】

清し有田佐田沖環境保全会(三重県度会郡玉城町)

http://www.maff.go.jp/tokai/press/nochi_seibi/171206.html

「地産地消に係る東海農政局長賞」受賞者が決定しました。

東海農政局は、平成29年度の「東海農政局地産地消給食等メニューコンテスト表彰」及び「東海農政局地産地消等優良活動表彰」を実施し、12月14日(木曜日)、「東海農政局長賞」受賞4団体を発表しました。
受賞団体は次のとおりです。

【東海農政局地産地消給食等メニューコンテスト表彰】

《学校給食・社員食堂部門》
  • 瑞穂市給食センター(岐阜県瑞穂市)
  • 養老町立高田中学校(岐阜県養老郡養老町)

【東海農政局地産地消等優良活動表彰】

《交流促進部門》
  • 松阪農業公園ベルファーム(三重県松阪市)
《地域振興部門》
  • 有限会社まんてん.(愛知県豊橋市)

http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/171214.html

Web版災害用備蓄食品活用レシピを作成しました。

東海農政局は、8月に愛知学院大学と共催で開催した「災害用備蓄食品を活用した簡単レシピ試食会」で学生が発表したレシピを、Web版災害用備蓄食品活用レシピとして取りまとめ、12月15日(金曜日)に公表しました。
災害用備蓄食品として利用が可能な、アルファ化米、レトルトご飯、缶詰、保存用ビスケットを活用した14メニューを紹介しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/seikatsu/171215.html

農業・農村VR(バーチャルリアリティ)コンテンツを公開しました。

東海農政局は、農業・農村への理解を深めていただくためのVRコンテンツを作成し、Webで公開しました。
コンテンツは、上下左右360度のパノラマ画像のツアーで、パソコン、スマートフォン、タブレット端末でご覧いただけます。
普段なかなか訪れることのできない東海地域の農業関連施設や農作物、農村をぜひ身近に感じてみてください。
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/vr/content/index.html

3.東海イベント情報!

~未来へつなぐ、食生活と農業に関するシンポジウム~「よみがえりのレシピ」「在来作物で味覚のレッスン」ドキュメンタリー映画上映会と講演会

1月21日(日曜日):イーブルなごや(名古屋市中区)

  • 在来作物(伝承野菜)と食の原点を守り継ぐ、農業、食育の根本を提言するシンポジウム。
  • http://www.earthasmother.com/event/symposium_20180121.html

2017グラウンドワーク&多面的機能支払活動サミットin東海

2月2日(金曜日):愛知県土地改良会館(名古屋市西区)

平成29年度「みえの食」マッチング・展示交流会

2月6日(火曜日):四日市都ホテル(三重県四日市市)

  • 三重県の食品・食関連商品を生産・製造・販売する事業者がブース出展し、三重県の食材や商品の魅力をPRする展示交流会。
  • http://www.pref.mie.lg.jp/SHINSAN/HP/m0143000076.htm

原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー(名古屋会場)

2月13日(火曜日):ウィルあいち(名古屋市東区)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

特別展示

「食品ロス削減の取組」(1月11日(木曜日)まで)

食品廃棄物発生の現状や食品ロス削減の取組について、パネルやパンフレット等で紹介しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20171215.html

今後の特別展示予定

東海3県の農産物・加工食品を紹介します(1月16日(火曜日)~1月25日(木曜日))

常設展示

東海3県の農業を、統計データを用いて分かりやすく紹介しています。現在は、肉用牛、豚を展示しています。
「東海の四季」は、電照菊、そば、シクラメン、パンジーの写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/201712.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、消費者の部屋が所有する展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆様のご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/seikatsu/170526.html

5.お知らせします!「統計情報」

「平成29年市町村別耕地面積(東海3県)」及び「平成29年産水稲市町村別収穫量(東海3県)」を公表しました!

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/kohyo/index.html

「集落営農実態調査市町村別統計(平成29年2月1日)(東海3県)」及び「平成28年産野菜市町村別統計(野菜指定産地に包括される市町村)」を掲載しました!

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/kohyo/shichoson.html

「平成29年度東海農政局モニター交流会の概要」を掲載しました!

モニター交流会は、農林水産情報交流ネットワーク事業における情報交流モニターを対象として、毎年度開催しています。
今年度は「三重県で活躍する女性農業者の取組」をテーマに、三重県鈴鹿市で開催しました。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/network/meeting/20171129.html

 

皆さま、良い年をお迎えください!

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader