このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第331号(平成30年2月5日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

農山漁村の課題の把握に向けて

東海農政局 経営・事業支援部長 西田 宏(にしだ ひろし)

私はこの10年ほどは市役所勤務も含め中山間地域を中心とした現場対応の仕事をしてきました。高齢化と人口減少の著しい地域の急激な構造変化に、なんとか適切に対応していけないかと強く思いながら行動しています。もっとも残り1年あまりの公務員生活でやれることは限られていますが、可能な限り現場の生の声を正しく把握して対応していきたいと考えています。

さて、私は「自分の経験していないことは絶対にわからない。」と講演や本から学びましたが、経験を重ねた今になってそのことを実感しています。また、自分の考えを正しく相手に伝えることが難しいことも実感しています。一方的に話をしても相手はこちらの話の内容の全てを正しく理解してくれる訳ではありません。理解度は人によって異なります。そこで、交渉する時も、指導する時も、報告するときも、相手の考えを聴き出すときも、まず相手の気持ちを考えて行動しなければ成果が得られないと改めて考えています。

中山間地域の現場対応を適切に行うためには、地域のサイレント・マジョリティの声を聴き出すことも重要です。現場の多くの人々の信頼を得て本当の声が聴けるように、熱意を持って可能な限り現場に足を運び、相手の気持ち、相手の立場になってものを考えながら意見交換を行い、地域の課題を把握していきたいと考えています。

高齢化と人口減少に伴う構造変化は、今後、急激に進行して待ってはくれません。希望の持てる農山漁村の実現に向けて、関係者みんなが現場の生の声をしっかりと把握できて最適な対応ができることを期待しながら、私も最善を尽くしたいと思います。

2.東海農政局からのお知らせ

LOVEフラワーバレンタイン ~大切なあの人へ、花を贈ってますか?~

全国の花き業界関係者でつくる一般社団法人花の国日本協議会では、2月14日に大切な人に花を贈る「フラワーバレンタイン」を推進しています。
東海地域でも、各地で様々なフラワーバレンタインのイベントやキャンペーンが行われています。
日頃の感謝の気持ちを込めて、大切な人へ花を贈ってみませんか?
http://www.maff.go.jp/tokai/seisan/engei/hana/fv/2018.html

企業が食育に取り組む意義や効果を考えます

東海農政局は、2月21日(水曜日)、名古屋ダイヤビルディング1号館(名古屋市中村区)で、「企業における食育を考えるセミナー~食育に取り組む効果や継続のポイントとは~」を開催します。
定員は40名、参加費無料。申込は2月8日(木曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/180119.html

食品製造事業者等のHACCP普及を推進します

東海農政局は、3月7日(水曜日)、名古屋国際センター別棟ホール(名古屋市中村区)で、HACCPの普及に向けた説明会を開催します。
定員は150名、参加費無料。申込は2月21日(水曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/kigyo/180205.html

女性農業者が活躍しやすい環境づくりを考えます

東海農政局は、3月6日(火曜日)、オフィスパーク名駅プレミアホール(名古屋市中村区)で、「農業分野における女性活躍推進セミナー」を開催します。
定員は100名、参加費無料。申込は2月23日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shien/180125.html

食の安全と安心、遺伝子組換え作物の安全性について理解を深めます

東海農政局は、2月28日(水曜日)、名古屋能楽堂(名古屋市中区)で、「食品安全セミナー~遺伝子組換え作物の現状と課題~」を開催します。
定員は70名、参加費無料。申込は2月23日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/seikatsu/180131.html

メルマガ「とうかいほっとメール」のアンケート

東海農政局は、メルマガ「とうかいほっとメール」について、アンケートを実施しています。ぜひ、率直なご意見をお寄せください。
https://www.contactus.maff.go.jp/j/tokai/form/kikaku/20180205.html

アプリ「東海の農まるごと!特産品ナビ」のアンケート

東海農政局は、スマホアプリ「東海の農まるごと!特産品ナビ」について、アンケートを実施しています。ぜひ、率直なご意見をお寄せください。
https://www.contactus.maff.go.jp/j/tokai/form/kikaku/20180201.html

3.東海イベント情報!

平成29年度障害者アグリ就労推進研修会

2月8日(木曜日):名張市防災センター防災研修室(2階)(三重県名張市)

原料原産地表示制度 事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー(名古屋会場)

2月13日(火曜日):ウィルあいち(名古屋市東区)

新たな加工食品の原料原産地表示制度に関する事業者説明会

2月14日(水曜日):設楽会場/愛知県新城設楽農林水産事務所(愛知県北設楽郡設楽町)

一宮生協まつりin一宮スポーツ文化センター

3月4日(日曜日):一宮スポーツ文化センター(愛知県一宮市)

第3回あいち・じもと農林漁業成長応援「食」と「農」の大商談会withいいともあいち交流会

3月13日(火曜日):名古屋市中小企業振興会館(名古屋市千種区)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

特別展示

「農業農村の多面的機能の紹介~農業農村の多面的な役割を知っていますか~」(2月8日(木曜日)まで)

東海地域での農業・農村の多面的機能に関する活動や、世界農業遺産、日本農業遺産、世界かんがい施設遺産をご紹介します。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20180130.html

今後の特別展示予定

「農業競争力強化プログラムについて」(2月14日(水曜日)~2月26日(月曜日))

常設展示

東海3県の農業を、統計データを用いて分かりやすく紹介しています。現在は、農業産出額、セルリー、さやえんどうを展示しています。
「東海の四季」は、寒天の里、びわの花の写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/201802.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、消費者の部屋が所有する展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆様のご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/seikatsu/170526.html

5.お知らせします!「統計情報」

写真でみる農作物の生育情報(平成30年1月)を掲載しました

今月は、岐阜県の小麦、愛知県のさやえんどう、セルリー、三重県のキャベツです。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/photo/index.html

農林水産情報交流モニターを募集しています

農林水産省では、皆様のご意見を農林水産行政に反映させることを目的として、農林水産情報交流ネットワーク事業の情報交流モニターを募集しています。
今回募集するのは、農業者モニター、林業者モニター、漁業者モニター、消費者モニター、流通加工業者モニターの5種類で、募集期間は2月5日(月曜日)から2月28日(水曜日)までです。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/network/monitor/entry.html

専門調査員を募集しています

農林水産省では、統計調査の専門調査員を募集しています。
募集期間は2月16日(金曜日)までです。

専門調査員とは

  1. 農家等を訪問し、経営概況、経営収支、労働時間等の把握を行う「経営統計」に従事する調査員。
  2. 水稲の刈取調査、畑作物・野菜・果樹等の作付面積・生育状況等の現地確認を行う「生産統計」に従事する調査員 です。

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/semmon/index.html

編集後記

2月14日はバレンタインデー!男女関係なく今から楽しみにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなバレンタインデーも、世界に目を向ければ多種多様のスタイルがあるようです。
今回号でご案内した「フラワーバレンタイン」。花に思いを託して、男女がお互いに愛や感謝の気持ちを伝えるというのも素敵だと思います。

お問合せ先

企画調整室

担当者:交流係長
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader