このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第337号(平成30年5月19日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

ハラスメントのない職場づくり

東海農政局 総務管理官 渡部 博司(わたべ ひろし)

本年4月から総務管理官を拝命しました渡部です。どうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加傾向にあると言われていますが、「ハラスメント」には、どのようなものがあるのでしょうか。
「セクシュアル・ハラスメント」、「パワー・ハラスメント」、「妊娠、出産、育児または介護に関するハラスメント」、「モラル・ハラスメント」、「ジェンダー・ハラスメント」・・・。

そもそもハラスメントとは、相手に迷惑をかけたり不快にさせたり、精神的・身体的苦痛を与えあるいは職場環境を悪化させる行為のことを指します。不快であるか否かは、基本的に受け手の感じ方によって判断されます。このようなハラスメントは、相手の権利や人権を害し、心身の健康等(特に、メンタルヘルス)に深刻な影響を与えるばかりでなく、職場の人間関係の悪化や職員全体の士気の低下に繋がります。また、被害者の精神的ダメージ等に対し事業者の安全配慮義務違反が問われるなど、職場に与える影響は非常に大きいものがあります。最近では、パワー・ハラスメントにより、労災補償や公務災害認定を受けるケースも増えていると聞いています。

東海農政局においても、ハラスメントの防止のため、職員への注意喚起や職場研修を通じて職員一人ひとりの意識を変える取組を続けているほか、職員が気軽に相談できる相談窓口も設置していますが、こうしたハラスメントのない職場を実現させるためには、何よりも、職員同士が日頃からのコミュニケーションを通じて、互いの価値観などの違いを認め、互いを受け止め、尊重し合える、風通しの良い明るい職場づくりを心がけることが大切だと考えています。

2.東海農政局からのお知らせ

平成30年度東海農政局農業農村整備等事業管理委員会技術検討会(第1回)及び現地調査を開催します

東海農政局は、5月24日(木曜日)、新濃尾農地防災事業所(愛知県一宮市)で、事業評価の一環として、平成30年度東海農政局農業農村整備等事業管理委員会技術検討会(第1回)及び現地調査を開催します。
技術検討会の傍聴が可能です。申込は5月21日(月曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/sekkei/180516.html

「農の雇用事業」平成30年8月研修開始分を募集しています

「農の雇用事業」は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行っています。
現在、平成30年8月からの研修を対象とした事業参加者を募集中。応募は6月8日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/zinzai/180507.html

「映画『カレーライスを一から作る』食育関係者試写・交流会」を開催します

東海農政局は、とうかい食育ネットワークの活動の一環として、平成30年6月26日(火曜日)、名古屋能楽堂において、「映画『カレーライスを一から作る』食育関係者試写・交流会」を開催します。
定員は80名、参加費無料。申込は6月15日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/180517.html

第17回「聞き書き甲子園」参加者を募集しています

全国の高校生が、森や海、川とともに生きる知恵や技を持つ名手・名人を訪ね、一対一で聞き書きし、その成果を発信する第17回「聞き書き甲子園」の開催に当たり、参加する高校生を募集します。
募集人数は100名。応募は6月25日(月曜日)まで。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/180510.html

6月は食育月間です

食育基本法に基づき決定された第3次食育推進基本計画では、毎年6月を「食育月間」と定めています。
東海農政局では、期間中、農政局庁舎内の「消費者の部屋」、伏見ライフプラザ、高山市役所、岐阜県図書館、岐阜県福祉・農業会館、中部大学において食育に関するパネル展示を行います。
ぜひご来場ください。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/shokuhin/shokuiku/event/index.html

平成30年度農薬危害防止運動を実施します

農林水産省は、厚生労働省、環境省等と共同で、農薬の使用に伴う事故・被害を防止するため、6月から8月にかけて「農薬危害防止運動」を実施します。
農薬を使用する方は、適正な散布と適切な保管をお願いします。
また、学校、公園を含む住宅地等における飛散を防止するため、周辺地域への事前周知等の徹底に努めてください。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/180425.html

3.東海イベント情報!

農林水産省東海農政局連携協定締結記念椙山フォーラム「攻めの栄養学でがんを防ぐ」

6月16日(土曜日):椙山女学園大学文化情報学部メディア棟001教室(名古屋市千種区)

第9回田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト地域交流会in愛知

6月17日(日曜日):豊田市自然観察の森(愛知県豊田市)

  • 水田の生物多様性を維持・向上させるための「田んぼの10年プロジェクト」を推進、その一環として地域交流会を開催
  • 問合せ先:生産部生産技術環境課(直通:052-746-1313)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

東海農政局「消費者の部屋」は、平日10時から17時まで開設しています。お気軽にお立ち寄りください。アクセスはこちらから。

特別展示

「食品トレーサビリティについて」(5月25日(金曜日)まで)

食品トレーサビリティの仕組みや効果についてご紹介します。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20180515.html

今後の特別展示予定

6月は「食育月間」(5月30日(水曜日)~6月11日(月曜日))

常設展示

東海3県の農業を、統計データを使って分かりやすく紹介しています。
現在は、農業産出額、ほうれんそう、茶を展示しています。
「東海の四季」は、梨の花の写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/index.html

展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、消費者の部屋が所有する展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆様のご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/rental/index.html

5.お知らせします!「統計情報」

第64次東海農林水産統計年報

確定した統計データを随時掲載しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/nenpo/64.html

平成29年産花きの作付(収穫)面積及び出荷量(東海3県)を公表しました

愛知県の切り花類及び鉢もの類の出荷量は全国1位です。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/tokei/180517.html

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader