このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第338号(平成30年6月5日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

「地域の農業を見て・知って・活かすDB」を使ってみてください

東海農政局 統計部長 高見 唯司(たかみ ただし)

これまでは、農林水産省Webサイトで農林水産統計調査の集計・分析・加工した結果だけを提供していましたが、ユーザーが目的に応じて自由に加工・分析できるように、そのための元データの提供を目的に農林水産省Webサイトに「地域の農業を見て・知って・活かすDB」を整備しました。

DBには、2015年農林業センサスの農業集落(全国約14万)を単位として、農林業センサスの結果(2005、2010、2015)、国勢調査(2005、2010)将来推計人口(2015、2020、2025、2030)、経済センサス(2012)などの他府省の統計結果、中山間地域等直接支払交付金(2014)などの行政データがあります。

農林水産省Webサイトから誰でもデータをダウンロードでき、エクセル等の表計算ソフトを使えばいろいろな加工・分析が自由にできます。また、QGISなどのフリーソフトを使えば、色分けした地図として視覚化することも可能です。
ぜひ一度使ってみてください。

使ってみてわからないことがありましたら、統計部統計企画課まで問い合わせください。(電話:052-763-4730)

2.東海農政局からのお知らせ

平成29年度「食料・農業・農村白書」等東海ブロック説明会を開催します

農林水産省は、平成29年度「食料・農業・農村白書」「食育白書」「森林・林業白書」「水産白書」を作成・公表しました。
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/index.html

これを受けて、東海農政局は、6月27日(水曜日)、名古屋能楽堂(名古屋市中区)で、平成29年度白書に関する東海ブロック説明会を開催します。
説明会では、白書のほか、食料自給力・食料自給率についても説明します。
定員は各80名、参加費無料。申込みは6月20日(水曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/kikaku/180601_18.html

SAVOR JAPAN(農泊食文化海外発信地域)の公募が開始されました

農林水産省は、地域の食(伝統食)と、それを生み出す農林水産業を核として、訪日外国人旅行者の誘致を図る地域での取組を「農泊 食文化海外発信地域」として認定しています。「SAVOR JAPAN」ブランドとして認定されると、地域の魅力が海外に向けて発信されます。
平成30年度の応募は、7月31日(火曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/shokuhin/kokusan/index.html#shokubunkahasshin

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第5回)を募集しています

内閣官房と農林水産省は、地域の活性化、所得向上に取り組んでいる団体にスポットを当て、優良事例として全国に情報発信しています。現在、第5回目となる優良事例を募集しています。
応募は、8月13日(月曜日)まで。他薦も可能です。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/noson_keikaku/180601.html

農産物の輸出を目指す産地の皆さまへ《技術的なサポートを行います!》

農林水産省では、輸出を目指す産地へ、植物検疫、残留農薬、携帯品(おみやげ)等の専門家を派遣するサポート事業を行っています。専門家の派遣等に当たり、費用負担はありませんので、サポート事務局サイト内の相談窓口にお気軽にご連絡ください。
(サポート事務局)http://www.zenshoku-kyo.or.jp/consultation/

平成30年産米等の地域農業再生協議会別の作付動向

東海農政局は、5月30日(水曜日)、管内の地域農業再生協議会別の平成30年産主食用米、戦略作物等の作付動向について、中間的取組状況(平成30年4月末現在)を取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/seisan_shinko/180530.html

全国豆類経営改善共励会で、管内から2経営体が入賞

5月18日に開催された第46回(平成29年度)「全国豆類経営改善共励会」(主催:JA全中、JA新聞連、後援:農林水産省、JA全農、(公財)日本豆類協会)で、東海農政局管内から、西村浩樹氏(三重県鈴鹿市)が日本農業新聞会長賞に、農事組合法人札野営農(岐阜県海津市)が全国農業協同組合連合会会長賞に選ばれました。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/seisan_shinko/180531.html

「平成30年度農山漁村振興交付金(農泊推進対策)」の公募結果を公表

農林水産省は、「農泊」(農山漁村滞在型旅行)をビジネスとして実施できる体制の整備、観光コンテンツの磨き上げや宿泊施設の整備等を一体的に支援しています。
東海農政局は、5月31日(木曜日)、農泊推進対策の交付候補者9団体を公表しました。
http://www.maff.go.jp/tokai/noson/keikaku/shinko/index.html

「アピタ」「ピアゴ」でおなじみのユニー株式会社にお話を伺いました

東海地域で展開している食品企業や有識者等との対談を通じて、企業の食の安全・安心に向けた取組や有識者等の幅広い視点を「TOKAIミニコミ」として情報発信しています。
今回は食品企業訪問第6弾として、総合スーパーを運営するユニー株式会社(愛知県稲沢市)にお話を伺いました。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/mc/index.html

3.東海イベント情報!

農林水産省東海農政局連携協定締結記念椙山フォーラム「攻めの栄養学でがんを防ぐ」

6月16日(土曜日):椙山女学園大学文化情報学部メディア棟001教室(名古屋市千種区)

第9回田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト地域交流会in愛知

6月17日(日曜日):豊田市自然観察の森(愛知県豊田市)

映画「カレーライスを一から作る」食育関係者試写・交流会

6月26日(火曜日):名古屋能楽堂会議室(名古屋市中区)

  • とうかい食育ネットワーク活動の一環として、「映画『カレーライスを一から作る』食育関係者試写・交流会」を開催。
    定員は80名、参加費無料。申込みは6月15日(金曜日)まで。
  • http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/180517.html

平成30年度「食品安全セミナー(6月)」

6月27日(水曜日):東海農政局第1会議室(名古屋市中区)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

東海農政局「消費者の部屋」は、平日10時から17時まで開設しています。お気軽にお立ち寄りください。アクセスはこちらから。

特別展示

「6月は『食育月間』」(6月11日(月曜日)まで)

6月は食育月間です。みなさんもこの機会に「食」について、一緒に考えてみませんか。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20180530.html

今後の特別展示予定

テーマ:あいちの小麦「きぬあかり」「ゆめあかり」~つるつるめんとふっくらパン~(6月14日(木曜日)~6月25日(月曜日))

常設展示

東海3県の農業を、統計データを使って分かりやすく紹介しています。
現在は、農業産出額、えだまめ、うめ、小麦を展示しています。
「東海の四季」は、赤しその写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/index.html

展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、消費者の部屋が所有する展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆様のご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/rental/index.html

5.お知らせします!「統計情報」

写真でみる農作物の生育情報(平成30年5月分)を掲載しました

今月は岐阜県のくり、愛知県の葉たばこ、みかん、三重県の水稲です。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/photo/index.html

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader