このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第346号(平成30年10月5日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

「食」の将来をどう考えるか

東海農政局 地方参事官 島村 和亨(しまむら かずゆき)

7月31日付けで東海農政局地方参事官に着任し、約2か月になりました。初めての地方勤務ということで、少しでも地域の動きを肌で感じることができるよう、現場にもいろいろお伺いさせていただいております。

東海地域の経済情勢は、現時点では比較的良い状況にあることを喜ぶ一方で、日本の少子・高齢化が進む中、農村の過疎化を目の当たりにし、社会保障全体が大きな政策課題となっている中、どのような対応があるのか、将来に向けた対応を考えていくことは、とても大事だと思います。

前職は、金融庁で、法律の改正を含め、フィンテックを含む金融制度に関する法制度の企画・立案業務に携わっておりました。これまでは比較的安定していた金融業界も、ITを含む大きな環境変化にさらされ、米国、中国等の国際的な流れにも対応し、変化・変革の必要性を痛感していると考えています。

このように、経済・社会をめぐる環境は、様々な業界で、これからも技術革新を軸に、大きく変化していくと思いますが、そうした中でも、人間として、「食の供給」ということの必要性は変わらず、その内容が変化しうると考えております。

例えば、若者と高齢者では、望ましい食料の品質、分量も大きく異なり得るでしょうし、性別や血液型等でも相違があるのかもしれません。そうした中で、いかに食を科学的にとらえ、より的確な食料供給のあり方をいかにつくっていくか、様々な方々のお話も伺いながら、真摯に考えていきたいと思います。

2.東海農政局からのお知らせ

毒きのこによる食中毒に注意しましょう!

例年、毒きのこを原因とする食中毒が数多く発生しています。
食用のきのこと確実に判断できないものは、絶対に「採らない、食べない、売らない、人にあげない」よう十分注意してください。

岐阜県で感染が確認された豚コレラの防疫措置について

9月29日午前0時をもって搬出制限区域(発生農場から半径3km~10kmの区域でこの区域外への豚等の搬出が制限)が解除されました。
10月10日午前0時に移動制限区域(発生農場から半径3km以内の区域で豚等の移動が制限)が解除される見込みです。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180928_9.html

食品産業「稼ぐ力」応援セミナーを開催します

農林水産省は、公益財団法人流通経済研究所に委託し、10月19日(金曜日)、TKP名駅桜通口カンファレンスセンター(名古屋市中村区)で、「働き方改革」と「最低賃金」をテーマに「食品産業『稼ぐ力』応援セミナー」を開催します。
定員は100名、参加費無料。
http://www.dei.or.jp/seminar/seminar_180901.html

平成30年産の水田における地域農業再生協議会別の作付状況

東海農政局は、9月28日(金曜日)、平成30年産の水田における東海ブロック(岐阜県、愛知県及び三重県)の地域農業再生協議会別の作付状況(平成30年9月15日現在)を取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/seisan_shinko/180928.html

10月は「木づかい推進月間」です

林野庁は、平成17年度から、木材を利用することの意義を広め、国産材利用を拡大していくための国民運動として、「木づかい運動」を展開しています。
10月は、「木づかい推進月間」となっており、今年も全国各地で様々なイベントが開催されます。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/180928.html

GFPコミュニティサイトで「あなたを、生産者の日本代表にしたい。」

農林水産省は、8月31日(金曜日)、新しい農林水産物・食品輸出プロジェクトである「GFP」のコミュニティサイトを設立しました。
このサイトは、農林水産物・食品の輸出を意欲的に取り組もうとする生産者や輸出に関わりのある流通業者、物流業者等の皆さまに、必要な情報を提供し、必要な支援が得られるようにするものです。
http://www.gfp1.maff.go.jp

平成30年9月期の6次産業化総合化事業計画を認定しました

東海農政局は、六次産業化・地産地消法に基づく平成30年9月期総合化事業計画を2件認定(平成30年9月28日付け:岐阜1件、三重1件)しました。
今回の認定により、東海地域の認定件数は215件となりました。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/nintei.html

3.東海イベント情報!

中部食品・飲料・設備総合展2018

10月17日(水曜日):名古屋能楽堂会議室(名古屋市中区)

  • 最新かつ最先端の食品・飲料・設備・サービスを集め、業界全体の活性化や関係者の交流促進を図ります。
    http://fbfe-expo.com/

平成30年度「食品安全セミナー(10月)」

10月30日(火曜日):東海農政局(名古屋市中区)

  • 毎月、消費者の皆さまに役立つ情報を提供しています。
    問合せ先:消費・安全部消費生活課(内線2810)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

東海農政局「消費者の部屋」は、平日10時から17時まで開設しています。お気軽にお立ち寄りください。アクセスはこちらから。

特別展示

「植物防疫所の仕事」(10月12日(金曜日)まで)

輸入検疫、輸出検疫、国内検疫など、日本の農業と緑を守るために行っている植物防疫所の仕事や役割をご紹介します。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20181001.html

今後の特別展示予定

テーマ:東海地域の6次産業化をもっと身近に~創り手の想いがここにある~(10月17日(水曜日)から10月29日(月曜日)まで)

常設展示

東海3県の農業を、統計データを使って分かりやすく紹介しています。
現在は、りんご、極早生みかんのデータを展示しています。
「東海の四季」は、電照菊の写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/201810.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆様のご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/rental/index.html

5.お知らせします!「統計情報」

平成30年産水稲の作付面積及び9月15日現在における作柄概況(東海3県)を公表しました

http://www.maff.go.jp/tokai/press/tokei/180928.html

平成30年産麦類(子実用)の作付面積及び収穫量(東海3県)を公表しました

http://www.maff.go.jp/tokai/press/tokei/180925.html

「写真でみる農作物の生育情報(平成30年9月分)」を掲載しました

今月の写真は、岐阜県のりんご、そば、愛知県のかき、いちじく、三重県のみかんです。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/photo/index.html

「図でわかる東海3県の農林水産業」を更新しました

花き、乳用牛、肉用牛、豚、採卵鶏の5種類のデータを最新版に更新し、また内容も充実しました。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/hon/6.html

「活かすデータベースを活用した分析事例」を掲載しました

地域の農業を見て・知って・活かすデータベースを活用した分析事例です。
今回のテーマは「中核的農業労働力の状況」です。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/ikasudb/index.html

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader