このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第347号(平成30年10月20日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

消費者の皆様への情報提供

東海農政局 消費・安全部 消費生活課長 田中 繁世(たなか しげよ)

消費生活課では、今年4月から、これまで年1回の開催であった食品安全セミナーを、毎月1回定期的に開催しています。一般消費者や企業にお勤めの方に対して、第一部では食品安全と行政の取組、第二部では各月ごとにテーマを変えて農薬、食品表示、輸入食品の安全性確保など皆様の関心の高い内容を中心に、農政局職員の他、大学や他機関などからも講師をお招きして情報提供を行っています。セミナーへの参加は農政局Webサイトでも募集しており、参加費は無料です。ご関心のある方は、ぜひお申し込みください。

セミナーの他、皆様のお近くまでお伺いして、食の安全や、食育、農政の取組などをご紹介する出張講座も19の講座メニューをご用意しておりますので、併せてご利用ください。

このほか、東海地域の食品企業や有識者との対談を通して得られた内容を「TOKAIミニコミ」として取材記事にまとめ、農政局のWebサイトに掲載しています。
食の安全に対して皆様が日頃から幅広く正しい知識を持っていただくことによって、より安全で豊かな生活が送れるものと考えています。

2.東海農政局からのお知らせ

農林水産祭で天皇杯等の受賞が決定しました

10月18日(木曜日)、平成30年度(第57回)農林水産祭天皇杯等の各賞の受賞者が決定し、東海から天皇杯2点、内閣総理大臣賞1点、日本農林漁業振興会会長賞1点の受賞が決定しました。

天皇杯(園芸部門)

  • JA豊橋トマト部会(代表大竹浩史)(愛知県豊橋市)

天皇杯(林産部門)

  • 速水亨、速水紫乃(三重県紀北町)

内閣総理大臣賞(むらづくり部門)

  • 特定非営利活動法人ゆうきハートネット(代表佐伯薫)(岐阜県白川町)

日本農林漁業振興会会長賞(農産・蚕糸部門)

  • 二村誓也(愛知県岡崎市)

http://www.maff.go.jp/tokai/press/kikaku/181018.html

豊かなむらづくり全国表彰事業で3団体の受賞が決定しました

10月18日(木曜日)、農林水産祭の一部門である「豊かなむらづくり全国表彰事業」において、東海から農林水産大臣賞に1団体の受賞が決定しました。

農林水産大臣賞

  • 「特定非営利活動法人ゆうきハートネット」(岐阜県白川町)

東海農政局長賞

  • 「農事組合法人 伊熊営農クラブ」(愛知県豊田市)
  • 「勝田大地の絆会」(三重県玉城町)

なお、「特定非営利活動法人ゆうきハートネット」は、平成30年度農林水産祭むらづくり部門において、内閣総理大臣賞の受賞が決定しました。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/noson_keikaku/181018.html

全国優良経営体表彰で3事例の受賞が決定しました

10月17日(水曜日)、平成30年度全国優良経営体表彰の各受賞者が決定し、東海から農林水産大臣賞に2事例、全国担い手育成総合支援協議会会長賞に1事例の受賞が決定しました。

農林水産大臣賞(経営改善部門)

  • 服部農園有限会社(代表取締役服部忠)(愛知県大口町)

農林水産大臣賞(担い手づくり部門)

  • 郡上市美並地域農地集積推進チーム(代表金子聡)(岐阜県郡上市)

全国担い手育成総合支援協議会会長賞(生産技術革新部門)

  • 有限会社ドリームファームスズカ(代表取締役吉澤道彦)(三重県鈴鹿市)

http://www.maff.go.jp/tokai/press/ninaite/181018.html

人材確保に悩む食品製造業、外食・中食産業の課題解決策を提案します

農林水産省は、11月5日(月曜日)、ウインクあいち(名古屋市中村区)で、「第8回食品産業生産性向上フォーラムin名古屋」を開催します。
フォーラムでは、生産性の向上に関する専門家の講演、実際に生産性向上に取り組む現場の事例紹介、生産性向上を目指す支援業者(メーカー等)のプレゼンテーション、講演者、支援業者との交流等を行います。
http://robo-navi.com/foodforum/

再生可能エネルギーの活用方法に関する勉強会を開催します

農林水産省は、株式会社日本能率協会コンサルティングに委託し、11月14日(水曜日)、ワークプラザ岐阜(岐阜県岐阜市)で、農林漁業における電気・熱の利用や未利用資源の活用等の解説、水土里ネット立梅用水による小水力発電の取組事例の紹介等を内容とする勉強会を開催します。
https://www.jmac.co.jp/column/industry/energy/energy_study201809.html

岐阜県で感染が確認された豚コレラの防疫措置について

岐阜県は、同県岐阜市で確認された豚コレラに関し、10月9日(火曜日)24時をもって、発生農場の半径3km以内で設定している移動制限区域を解除しました。
これにより、今回の豚コレラ発生に伴う全ての制限が解除されました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/181009.html

毒きのこによる食中毒に注意しましょう!

例年、毒きのこを原因とする食中毒が数多く発生しています。
食用のきのこと確実に判断できないものは、絶対に「採らない、食べない、売らない、人にあげない」よう十分注意してください。

3.東海イベント情報!

食品安全セミナー(10月)

10月30日(火曜日):東海農政局(名古屋市中区)

都市農業共生シンポジウム

11月4日(日曜日):知立市中央公民館(愛知県知立市)

  • 都市住民と都市農業が共生する新しい農の概念を広く市民に伝えます。
    問合せ先:農村振興部農村計画課(内線2522)

メッセナゴヤ2018

11月7日(水曜日)~10日(土曜日):ポートメッセなごや(名古屋市港区)

地産・地消:とうふまつり

11月17日(土曜日)、18日(日曜日):金山総合駅コンコース(名古屋市中区)

  • 愛知県産大豆を中心とした大豆製品を紹介します。
    問合せ先:生産部生産振興課(内線2420)

疏水フォーラムin立梅用水2018

11月29日(木曜日)、30日(金曜日):多気町民文化会館、立梅用水の施設ほか(三重県多気町)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

東海農政局「消費者の部屋」は、平日10時から17時まで開設しています。お気軽にお立ち寄りください。アクセスはこちらから。

特別展示

「東海地域の6次産業化をもっと身近に~創り手の想いがここにある~」(10月29日(月曜日)まで)

六次産業化・地産地消法により認定を受けた事業者の取組についてご紹介します。http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20181017.html

今後の特別展示予定

テーマ:動物検疫所の仕事(11月1日(木曜日)から11月13日(火曜日)まで)

常設展示

東海3県の農業を、統計データを使って分かりやすく紹介しています。
現在は、りんご、極早生みかんのデータを展示しています。
「東海の四季」は、電照菊の写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/201810.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆さまのご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/rental/index.html

5.お知らせします!「統計情報」

農林水産統計業務協力者等に対する農林水産大臣感謝状等の授与について

東海農政局は、毎年10月18日の「統計の日」に当たり、農林水産統計調査に永年ご協力いただいた方々や功績のあった方々に、農林水産大臣感謝状及び東海農政局長感謝状を授与しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/kanshajo/index.html

2018年漁業センサスを平成30年11月1日現在(流通加工調査は平成31年1月1日現在)で実施します

http://www.maff.go.jp/j/tokei/census/fc/2018/2018fc.html

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader