このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第348号(平成30年11月5日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

農泊の推進

東海農政局 農村振興部 農村計画課長 栃沢 一成(とちさわ かずなり)

東海農政局では、農山漁村の所得向上と地域の活性化を図るため、「農泊」を持続的なビジネスとして実施できる体制の構築や地域資源を活用した魅力ある観光コンテンツの磨き上げ等の取組を支援しております。
この取組は平成29年度から始まり、平成32年度までに全国で500地域の創出を目標としており、これまで全国で328団体、東海農政局管内からは23団体が実施しております。

農泊を推進する上での課題としては、(1)農泊を地域ぐるみでビジネスとして実施できる体制が十分に整っていないこと。(2)農山漁村(農泊)の魅力をいかに的確に伝えていくか。そのための情報コンテンツ(地域の美しい景観(世界農業遺産、日本農業遺産等)や伝統的な生活体験、地域の食材を活用した郷土料理)をいかに拡充させて、SNS、Webサイト等で幅広く情報発信していくか。また、旅行業界との効果的な情報共有をいかに進めることができるか。(3)訪日外国人旅行者(インバウンド)への対応として、言語・会話の問題やキャッシュレス決済等への移行が遅れていること。(4)民泊新法(住宅宿泊事業法:平成30年6月)が制定・施行され、比較的小規模な事業者でも宿泊事業が可能となり、農泊の魅力をいかに旅行業者等に売り込んでいくか。等多くの課題があります。

課題を踏まえた支援の一環として9月末に農泊の取組地域の情報発信を行うため、農林水産本省において情報サイトを開設しました。(農山漁村振興交付金の平成29年度交付団体を対象として、全国205団体、東海農政局管内13団体が掲載されています。)
また、情報サイトには、

がありますので、旅行に行く際の参考としてぜひチェックしてみてください。

東海農政局管内においても、農泊推進のため、農泊取組団体と旅行業者等との意見交換やマッチングイベントの開催に向けて取り組んでまいりますので、関係者のご協力をお願いします。

2.東海農政局からのお知らせ

米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」

農林水産省は、このたび、米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」を開設しました。
このサイトでは、お米、ごはんの栄養、健康面の良さが分かる情報やごはん・米粉のレシピなど、米の消費拡大の情報を紹介しています。
業界団体、企業で取り組んでいる取組やアイデアもお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/keikaku/soukatu/gohan.html

おいしいジビエ料理のレシピを募集しています

農林水産省は、ジビエをより日常的な食材として普及していくことを目的として「第3回ジビエ料理コンテスト」を開催します。
現在、イノシシ肉やシカ肉を使用した料理のレシピを募集しています。
応募は、11月30日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/181012.html

地産地消等優良活動表彰で、農林水産大臣賞、食料産業局長賞を受賞!

農林水産省及び全国地産地消推進協議会は、平成30年度地産地消等優良活動表彰の各賞の受賞者を決定し、東海農政局管内から農林水産大臣賞2点、農林水産省食料産業局長賞2点が受賞しました。

農林水産大臣賞(食品産業部門)

  • 株式会社恵那川上屋(岐阜県恵那市)

農林水産大臣賞(個人部門)

  • 長田勇久(おさだ はやひさ)(愛知県碧南市)

農林水産省食料産業局長賞(生産部門)

  • トヨタファーム(愛知県豊田市)

農林水産省食料産業局長賞(教育関係部門)

  • 岐阜県立恵那南高等学校(岐阜県恵那市)

http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/181029.html

再生可能エネルギーの活用方法に関する勉強会を開催します

農林水産省は、株式会社日本能率協会コンサルティングに委託し、11月14日(水曜日)、ワークプラザ岐阜(岐阜県岐阜市)で、農林漁業における電気・熱の利用や未利用資源の活用等の解説、水土里ネット立梅用水による小水力発電の取組事例の紹介等を内容とする勉強会を開催します。
https://www.jmac.co.jp/column/industry/energy/energy_study201809.html

認定農業者等による農業経営基盤強化準備金制度の活用を支援します

東海農政局は、12月7日(金曜日)、名古屋能楽堂(名古屋市中区)で、認定農業者等の方を対象に、農業経営基盤強化準備金制度の内容や具体的な事務手続き等についての説明会を開催します。
定員は90人、参加費無料。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/ninaite/ikusei/20181207.html

スマート農業推進フォーラムを開催します

東海農政局、北陸農政局及び近畿農政局は、11月26日(月曜日)、名古屋国際センター(名古屋市中村区)で、「スマート農業推進フォーラム ~来て・見て・知ろう 先端技術~」を東海総合通信局及び中部経済産業局と共同で開催します。
講演傍聴の定員は180人。講演への申込みは11月20日(火曜日)まで。http://www.maff.go.jp/tokai/press/seisan_kankyo/181031.html

農業・農村の有する多面的機能の大切さを再認識します

東海農政局は、平成31年1月22日(火曜日)、名古屋市熱田文化小劇場(名古屋市熱田区)で、平成30年度東海農政局「多面的機能支払シンポジウム」を開催します。
定員は350人、参加費無料。申込みは12月20日(木曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/nochi_seibi/181022.html

毒きのこによる食中毒に注意しましょう!

例年、毒きのこを原因とする食中毒が数多く発生しています。
食用のきのこと確実に判断できないものは、絶対に「採らない、食べない、売らない、人にあげない」よう十分注意してください。

3.東海イベント情報!

《東海地域で開催されるイベントをご紹介します!》

メッセナゴヤ2018

11月7日(水曜日)~10日(土曜日):ポートメッセなごや(名古屋市港区)

日本最大級の異業種交流展示会です。
https://www.messenagoya.jp/

名古屋市消費生活フェア☆2018

11月17日(土曜日):オアシス21銀河の広場(名古屋市東区)

消費生活に関するさまざまな知識を展示やクイズ等で楽しく学べます。
問合せ先:消費・安全部消費生活課(内線2814)

地産・地消:とうふまつり

11月17日(土曜日)、18日(日曜日):金山総合駅コンコース(名古屋市中区)

  • 愛知県産大豆を中心とした大豆製品を紹介します。
    問合せ先:生産部生産振興課(内線2420)

平成30年度「食品安全セミナー(11月)」

11月29日(木曜日):名古屋能楽堂(名古屋市中区)

疏水フォーラムin立梅用水2018

11月29日(木曜日)、30日(金曜日):多気町民文化会館、立梅用水の施設ほか(三重県多気町)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

東海農政局「消費者の部屋」は、平日10時から17時まで開設しています。お気軽にお立ち寄りください。アクセスはこちらから。

特別展示

特別展示「動物検疫所の仕事」(11月13日(火曜日)まで)

動物検疫所における伝染病侵入防止のための取組などをご紹介します。http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20181101.html

今後の特別展示予定

テーマ:米粉の世界が広がります!~ノングルテン米粉、世界へ進出~米粉の認証制度で安心購入~11月16日(金曜日)~11月29日(木曜日)

常設展示

東海3県の農業を、統計データを使って分かりやすく紹介しています。
11月は、かき、パンジーのデータを展示しています。
「東海の四季」は、ぎんなんの写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/201811.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆さまのご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/rental/index.html

5.お知らせします!「統計情報」

平成30年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)(東海3県)を公表しました

http://www.maff.go.jp/tokai/press/tokei/181031.html

「写真でみる農作物の生育情報(平成30年10月分)」を掲載しました

今月の写真は、岐阜県のかき、ほうれんそう、愛知県のキャベツ、水稲、三重県の茶、はくさいです。http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/photo/index.html

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader