このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第352号(平成30年12月20日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

豚コレラ等への防疫強化を

東海農政局 消費・安全部長  吉田 竹志(よしだ たけし)

本年9月に我が国で26年ぶりの豚コレラが岐阜県で発生しました。岐阜県をはじめとして関係者の方々に防疫活動にご尽力いただいております。改めて感謝申し上げます。

しかし、残念ながら、今回は感染を1か所に封じ込めることができませんでした。12月までに既に農場での豚コレラ発生が5例となりました。また、野生いのししにも感染が広がっています。
豚コレラの感染拡大防止には、初動対応と防疫措置の徹底が極めて重要になります。関係者の皆様には、引き続き万全の対応をお願いします。

豚コレラ以外でも、お隣の中国では、今年、より致死率が高いアフリカ豚コレラが侵入し、急速に感染が広がっています。この防疫措置のため、中国では既に数十万頭の豚が処分されたと聞きます。

豚コレラもアフリカ豚コレラも人間に感染する病気ではありませんが、いずれも畜産業に多大な被害をもたらす家畜の病気です。我が国の空港においても中国からの旅行客の携行品(ソーセージやぎょうざ)からアフリカ豚コレラウイルスが見つかっています。これらは、既にすぐそこにある身近なリスクということができます。

畜産関係者の方々には一層の防疫措置強化をお願いするとともに、一般の国民の皆様にもその被害の大きさを知っていただき、外国では養豚場などには近づかない、肉製品は(加熱されたものであっても)持ち帰らないなどの徹底をお願いします。

2.東海農政局からのお知らせ

肉用牛経営の安定に向けた講演や事例紹介のシンポジウムを開催します

東海農政局、一般社団法人全国肉用牛振興基金協会は、1月16日(水曜日)、桜華会館(名古屋市中区)で、肉用牛の生産基盤強化の一環として「東海地域肉用牛生産基盤強化シンポジウム」を開催します。
定員は100名、参加費無料。申込みは1月8日(火曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/chikusan/181218.html

「第5回日本ジビエサミットin徳島」を開催します

一般社団法人日本ジビエ振興協会は、農林水産省「鳥獣利活用推進支援事業」として、1月24日(木曜日)から1月26日(土曜日)まで、徳島グランヴィリオホテル他(徳島県)で、「第5回日本ジビエサミットin徳島」を開催します。
展示を除く全てのプログラムで事前予約・申込みが必要です。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/181217.html

外国人観光客と食の多様化に向けたセミナーを開催します

農林水産省は、平成30年度ハラール支援事業として、1月29日(火曜日)、TKPガーデンシティPREMIUM名古屋新幹線口バンケットホール7C(名古屋市中村区)で、「インバウンド活性化セミナー・個別相談会」を開催します。
セミナーでは、食の多様化への対応やムスリム国への食ビジネス展開に関する講演会、ハラールに取り組む事業者のパネルディスカッションなどを実施します。
定員は80名、参加費無料。
http://www.deloitte.com/jp/inbound-activation(外部リンク)

平成30年度東海農政局地産地消交流会を開催します

東海農政局は、2月5日(火曜日)、名古屋能楽堂(名古屋市中区)で、平成30年度東海農政局地産地消交流会を開催します。
交流会は、地産地消に関わる幅広い関係者に向けて、東海農政局地産地消等優良活動表彰の表彰式や地産地消に関する講演、パネルディスカッションを行います。
定員は70名、参加費無料。申込みは1月25日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/181214.html

平成30年度東海農政局地産地消等優良活動表彰の受賞者を決定しました

東海農政局は、東海地域における地産地消の取組を推進するため「東海農政局地産地消等優良活動表彰」を実施しており、このほど、平成30年度「東海農政局長賞」を決定しました。
受賞団体は次の方々です。

  • 【生産部門】伊賀ふるさと農業協同組合(三重県伊賀市)
  • 【食品産業部門】鳥羽マルシェ有限責任事業組合(三重県鳥羽市)
  • 【教育関係部門】瑞穂市給食センター(岐阜県瑞穂市)

表彰式は、2月5日(火曜日)、名古屋能楽堂(名古屋市中区)で開催する平成30年度東海農政局地産地消交流会の中で行います。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/181214_19.html

原料原産地表示制度事業者向けマニュアルの活用に関するセミナー

農林水産省は、食品事業者の方々に向け、原料原産地表示制度の概要及び対応のポイントをまとめた事業者向け活用マニュアルの活用に関するセミナーを全国で開催しています。
東海3県では、2月6日(水曜日)、岐阜商工会議所(岐阜県岐阜市)で開催します。
定員は80名、参加費無料。申込みは2月4日(月曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/hyoji/181206.html

平成30年度食品リサイクル肥料の利用促進に向けた意見交換会を開催します

東海農政局は、2月26日(火曜日)、東海農政局(名古屋市中区)で、農業者、食品関連事業者、再生利用事業者、JAの営農担当者、行政機関(普及関係)を対象として、食品リサイクル肥料の利用促進に向けた意見交換会を開催します。
定員は19名、参加費は無料です。申込みは1月25日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/kigyo/181217.html

「東海地域の旬の食材を使ったロコモ予防レシピ」ができました

東海農政局は、このほど、レシピ集「東海地域の旬の食材を使ったロコモ予防レシピ」を作成しました。
このレシピ集は、昨年度、東海農政局と至学館大学が開催した「東海地域の旬の食材を利用したロコモ予防~地域で育った旬の食材を上手に用いて筋肉や骨を元気に保とう!~」の中で、同大学の学生が発表した内容をまとめたものです。
東海地域の栄養バランスのとれた旬の食材を、日々の食卓に積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。ダウンロードは東海農政局Webサイトから。
http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/jikyu/recipe/locomo.html

平成30年11月期の6次産業化総合化事業計画を認定しました

東海農政局は、六次産業化・地産地消法に基づく平成30年11月期総合化事業計画の認定を5件認定(平成30年11月30日付け:岐阜1件、三重4件)しました。
今回の認定により、東海地域の認定件数は220件となりました。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/renkei/6ji/nintei.html

平成30年度第5回農商工等連携事業計画を認定しました

東海農政局と中部経済産業局は、12月7日(金曜日)、「農商工等連携促進法」に基づく平成30年度第5回認定を行いました。
今回、認定を受けた事業化計画は、次の1件です。

  • 短期間で高品質な「あんぽ柿」等の生産を実現する全自動制御乾燥機械の製造・販売事業
    【農林漁業者:須田一宏(福島県伊達市)、中小企業者:兼八産業株式会社(愛知県豊橋市)】
    http://www.maff.go.jp/tokai/press/renkei/181207.html

3.東海イベント情報!

《東海地域で開催されるイベントをご紹介します!》

シンポジウム「あなたの食、今と未来~変化する食と農林水産業~」

12月22日(土曜日):名古屋大学東山キャンパス工学部IB電子情報館2階大講義室(名古屋市千種区)

平成30年度「食品安全セミナー(1月)」

1月17日(木曜日):東海農政局(名古屋市中区)

米粉の調理実演講習会

1月29日(火曜日):愛知菓子会館(名古屋市西区)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

東海農政局「消費者の部屋」は、平日10時から17時まで開設しています。お気軽にお立ち寄りください。アクセスはこちらから。

特別展示

「食品ロス削減の取組~もったいないの精神で食品ロスを減らそう~」(1月7日(月曜日)まで)

食品廃棄物発生の現状や食べ残し対策の取組についてご紹介します。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20181219.html

今後の特別展示予定

テーマ:遺伝子組換え食品の表示について(1月10日(木曜日)~1月23日(水曜日))

常設展示

東海3県の農業を、統計データを使って分かりやすく紹介しています。
12月は、「女性の農業参画~農業生産を支える重要な役割~」「農業経営体~10年間の変化をみてみよう~」のデータを展示しています。
「東海の四季」は、かきの写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/201812.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆さまのご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/rental/index.html

5.お知らせします!「統計情報」

平成30年産水稲の収穫量(東海3県)を公表しました

http://www.maff.go.jp/tokai/press/tokei/181210.html

平成30年度モニター交流会を開催しました

今年度は「食と農業について知ろう、考えよう」をテーマに名古屋市で開催。
東海3県から30名のモニターにご参加いただきました。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/network/meeting/20181121.html

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader