このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第354号(平成31年1月15日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

土地改良区に想うこと

東海農政局 農村振興部 土地改良管理課長 深見 宏(ふかみ ひろし)

土地改良区は、自ら土地改良事業(建設及び管理)を行うほか、国・県営事業実施後の施設管理及び農家負担金の徴収を主な業務としており、国・県営事業の実施に当たっては地域の取りまとめを行うなど農村地域の営農環境の確保 に重要な役割を果たしています。

昨年の法改正は、土地改良区のこれまでの適正な業務運営を確保しつつ、一層の事務の効率化や改善を図るための措置であり、義務化されたものと土地改良区の裁量で選択実施できるものがあります。

平成31年度農業農村整備事業予算は、概算決定において昨年を上回る額を計上すると共に、きめ細やかな施設整備にも対応できる非公共予算も増額計上しており、これらの財政措置が機動的に講じられると基幹施設から末端施設まで適切に保全されることが期待されます。

このような中、農村地域においては、農業従事者の高齢化によるリタイヤや都市化・混住化が進展し、地区内の農地転用による地区除外が進み、土地改良区の運営に必要な財源確保に支障を来す地区も多々見受けられます。

土地改良区においては、市町村の定める「農業振興地域整備計画」を念頭に置き、地区内の営農環境に及ぼす影響を最小限に抑えるよう調整することを期待するものです。

なお、調整の結果、市街化区域となる場合には、農林漁業関係施策の実施が原則不可能となることから、地区内水路へ都市廃水等を受け入れる際には、関係市町村と協議の上、法に定める措置(特定受益者賦課制度、市町村協議制度等)を活用するなどし、組合員の負担軽減に努めるよう願うものです。

2.東海農政局からのお知らせ

地理的表示(GI)法の一部改正に関する東海ブロック説明会を開催します

農林水産省は、1月25日(金曜日)、名古屋能楽堂(名古屋市中区)で、GI登録産品を取り扱う流通・外食関係者や登録申請を検討または登録を受けてい る産地関係者、制度に関心のある方々を対象に、改正内容の説明会を開催します。
定員は先着90名、参加費無料。申込みは1月22日(火曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/181225.html

外国人観光客と食の多様化に向けたセミナーを開催します

農林水産省は、平成30年度ハラール支援事業として、1月29日(火曜日)、TKPガーデンシティPREMIUM名古屋新幹線口バンケットホール7C(名古屋市中村区)で、「インバウンド活性化セミナー・個別相談会」を開催します。
セミナーでは、食の多様化への対応やムスリム国への食ビジネス展開に関る講演会、ハラールに取り組む事業者のパネルディスカッションなどを実施します。
定員は80名、参加費無料。
http://www.deloitte.com/jp/inbound-activation (外部リンク)

新たなJAS制度説明会が開催されます

独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)は、2月1日(金曜日)から、新たなJAS制度・規格の提案に関する説明会を、全国8か所で開催します。
東海地域では、2月15日(金曜日)、名古屋能楽堂(名古屋市中区)で開催されます。説明会では、新制度の下で策定された規格の紹介、新たな規格を提案・活用いただくための手続き及び関連予算などの説明と質疑が行われます。
定員は90名、参加費無料。
http://www.famic.go.jp/event/jas/index.html

平成30年度食品リサイクル肥料の利用促進に向けた意見交換会を開催します

東海農政局は、2月26日(火曜日)、東海農政局(名古屋市中区)で、農業者、食品関連事業者、再生利用事業者、JAの営農担当者、行政機関(普及関係)を対象として、食品リサイクル肥料の利用促進に向けた意見交換会を開催します。
定員は19名、参加費無料。申込みは1月25日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/kigyo/181217.html

「農林水産物・食品輸出支援策ガイド」を作成しました

農林水産省及び経済産業省による「農林水産物・食品輸出促進合同チーム」は、このほど、事業者が両省の輸出支援策をまとめて確認できる「農林水産物・食品輸出支援策ガイド」を作成し、両省のWebサイトで公表しました。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/yusyutsugaido.html

3.東海イベント情報!

  • 東海地域で開催されるイベントをご紹介します!

平成30年度「食品安全セミナー(1月)」

1月17日(木曜日):東海農政局(名古屋市中区)

米粉の調理実演講習会

1月29日(火曜日):愛知菓子会館(名古屋市西区)

農福連携推進東海ブロックシンポジウム

1月31日(木曜日):愛知県社会福祉会館(名古屋市東区)

平成30年度東海農政局地産地消交流会

2月5日(火曜日):名古屋能楽堂 会議室(名古屋市中区)

平成30年度「食品安全セミナー(2月)」

2月13日(水曜日):東海農政局(名古屋市中区)

  • 第2部は、食品添加物について、分かりやすくご紹介。
    問合せ先:消費・安全部消費生活課(内線2810)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

  • 東海農政局「消費者の部屋」は、平日10時から17時まで開設しています。お気軽にお立ち寄りください。アクセスはこちらから。

特別展示

特別展示「遺伝子組換え食品の表示について」(1月23日(水曜日)まで))

現行の遺伝子組換え食品の表示と「遺伝子組換え表示制度に関する検討会報告書」の概要についてご紹介します。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20190110.html

今後の特別展示予定

テーマ:農業・農村の多面的機能の紹介~農業・農村の多面的な役割を知っていますか~( 1月28日(月曜日)~2月7日(木曜日))

常設展示

東海3県の農業を、統計データを使って分かりやすく紹介しています。
1月は、肉用牛、乳用牛のデータを展示しています。http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/201901.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆さまのご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/rental/index.html

5.お知らせします!「統計情報」

平成29年農業産出額及び生産農業所得(東海3県)を公表しました

http://www.maff.go.jp/tokai/press/tokei/181225.html

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader