このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第356号(平成31年2月20日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報!
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!
  5. お知らせします!「統計情報」

1.メッセージ

百の診療所より一本の用水路を

東海農政局 農村振興部 水利整備課長 岡田 保(おかだ たもつ)

「医者、用水路を拓く」(著者:中村哲)という本をご存じですか。これは、アフガニスタンの農村で医療活動を行っていた医師(著者)が、当時、餓死者が百万人と言われる大干ばつの中で、砂漠化した広大な農地(2千ha)に水を届けるため、自力で農業用水路(13km)を築造し、荒地を肥沃の大地へと変貌させた記録です。この1本の用水路が安定した食糧生産を可能とし、何万人もの命を救うこととなったのです。用水路建設に当たって土木知識が皆無の著者は、日本の古い農業水利施設を参考とし、斜め堰、柳枝工、蛇籠等の我が国伝統の農業土木技術を応用したようです。

一人の医師が専門外の土木知識を独学で学び、何万人もの命を救ったことは、農業土木技術者の一員として頭が下がる思いであり、農業水利施設の保全管理がいかに大切かということを改めて認識させられます。

高齢化、後継者不足、荒廃農地増加等、我が国の農業には様々な課題がありますが、昔から「農は国の基なり」という言葉があるように、食糧確保はどんな時代になっても人が生きていくために必要不可欠なことです。

農業にいかなる課題があろうと、農業水利施設の保全管理は大変重要なことであり、引続き気持ちを引き締めて業務を遂行していく必要があると感じる今日この頃です。
「百の診療所より一本の用水路を」…アフガン現地でのこの合言葉は、短い言葉ながら用水の本質を見事に表している言葉だと思いませんか。

2.東海農政局からのお知らせ

東海農政局管内で感染が確認された豚コレラへの対応

2月19日(火曜日)、岐阜県瑞浪市の養豚農場において、豚コレラの疑似患畜を確認しました。
豚コレラの発生に伴い、移動制限区域(発生施設の半径3km以内の区域)及び搬出制限区域(発生施設の半径3kmから10kmまでの区域)を設定しました。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/anzen/csf/index.html

農業農村整備事業優良工事等の受注者を発表しました

東海農政局は、2月15日(金曜日)、農業農村整備事業の工事又は調査・測量・設計業務の成果が優秀であり他の模範となるものとして東海農政局長の表彰に値する農業農村整備事業優良工事等の受注者を発表しました。http://www.maff.go.jp/tokai/press/sekkei/190215.html

東海地域農泊推進セミナー/ビジネス交流会を開催します

東海農政局は、2月26日(火曜日)、名古屋能楽堂会議室(名古屋市中区)で、東海地域の農泊の取組が、持続的なビジネスとして実施していけることを目的として、「平成30年度東海地域農泊推進セミナー/ビジネス交流会」を開催します。併せて、農泊実施団体や関係企業等が情報交換、意見交換等を行えるビジネス交流会も併せて実施します。
定員は80名、参加費無料。申込みは、2月22日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/noson_keikaku/190128.html

東海地域食育シンポジウムを開催します

東海農政局は、3月8日(金曜日)、名古屋ダイヤビルディング1号館161会議室(名古屋市中村区)で、とうかい食育ネットワーク会員、食育関係者、食に関心のある方を対象として、「東海地域食育シンポジウム~日本の食文化がもたらす豊かな『暮らし』と『心』」の継承~」を開催します。
定員は80名、参加費無料。申込みは、3月1日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/shokuhin/190131.html

3.東海イベント情報!

  • 東海地域で開催されるイベントをご紹介します!

第4回豊田土地改良区公開研究会「農業用水から地域を考える」

2月22日(金曜日):豊田土地改良会館3階(愛知県豊田市)

ブラアイチ in 犬山

3月2日(土曜日):愛知県犬山市(犬山頭首工含む)

東海地域食育シンポジウム~日本の食文化がもたらす豊かな「暮らし」と「心」の継承~

3月8日(金曜日):名古屋ダイヤビルディング1号館161会議室(名古屋市中村区)

一宮生協まつり in 一宮市総合体育館

3月9日(土曜日):一宮市総合体育館(愛知県一宮市)

第4回あいち・じもと農林漁業成長応援「食」と「農」の大商談会

3月12日(火曜日):名古屋市中小企業振興会館(名古屋市千種区)

  • 農林漁業者、食品製造業者と流通業者の商談等を支援する交流会。
    問合せ先:経営・事業支援部地域連携課(内線2742)

平成30年度「食品安全セミナー(3月)」

3月13日(水曜日):東海農政局(名古屋市中区)

第48回中部酪農青年女性酪農発表大会

3月14日(木曜日)~3月15日(金曜日):ロワジールホテル豊橋(愛知県豊橋市)

  • 東海・北陸地区の優秀な酪農経営の成果を発表し、意見交換を行います。
    問合せ先:生産部畜産課(内線2436)

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか!

  • 東海農政局「消費者の部屋」は、平日10時から17時まで開設しています。お気軽にお立ち寄りください。アクセスはこちらから。

特別展示

特別展示「3月10日は農山漁村女性の日です」(2月25日(月曜日)まで)

農山漁村女性の日にちなみ、農山漁村の女性たちの活躍を広く発信するため、東海地域農業女子の取組をご紹介します。http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/20190213.html

今後の特別展示予定

テーマ:食の安全について(2月28日(木曜日)~3月12日(火曜日))

常設展示

東海3県の農業を、統計データを使って分かりやすく紹介しています。
2月は、林業、漁業・養殖業のデータを展示しています。
「東海の四季」は、菜の花の写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/201902.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆様のご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/rental/index.html

5.お知らせします!「統計情報」

「写真でみる農作物の生育情報(平成31年1月分)」を掲載しました

今月の写真は、愛知県のブロッコリー、三重県の松阪赤菜、なばなです。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/photo/index.html

「平成30年市町村別耕地面積(東海3県)、平成30年産水稲市町村別収穫量(東海3県)」を掲載しました

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/kohyo/shichoson.html

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader