このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

とうかいほっとメール第364号(令和元年7月5日発行)

目次

  1. メッセージ
  2. 東海農政局からのお知らせ
  3. 東海イベント情報
  4. 「消費者の部屋」をのぞいてみませんか
  5. お知らせします「統計情報」

1.メッセージ

福祉と防災がほっとです

東海農政局 農村振興部長 南 格(みなみ いたる)

本年4月に赴任してまいりました。よろしくお願いいたします。
農村振興部の業務は、農業振興地域制度の運用などの優良農地の確保、土地改良事業の実施と土地改良区の指導や国営造成土地改良施設及び用地の管理、農泊推進などの各種農村振興施策の推進、農業用水利権の確保、農業用ため池の管理、鳥獣被害防止対策などです。
また、今般の豚コレラ発生に際しましては、ジビエ利活用促進の立場から、早期収束に向けた支援など積極的に取り組んでおります。

農村振興施策におけるトピックとしては、農福連携の推進が上げられます。
農福連携とは、農業と福祉が連携し、障害者の農業分野での活躍を通じて、農業労働力の確保と農業経営の発展を図るとともに、障害者の自信や生きがいを創出し社会参画を実現する取組で、東海農政局におきましても、国民運動としての普及促進に向け、東海北陸厚生局、各県、JA等の関係者との情報共有、福祉農園の整備などの環境改善を積極的に推進してまいります。

また、昨今の豪雨災害や大規模地震によりため池が決壊し、周辺に被害を及ぼすケースが多発していることを受け、「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」が今年4月に制定され、7月から施行されました。防災上重要な農業用ため池を指定し、必要な防災工事の施行を命ずることができることなどの措置が講じられます。農業用ため池の所有者又は管理者には、都道府県知事への届出などが義務付けられますので、ご協力ください。

2.東海農政局からのお知らせ

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第6回選定)を募集が始まりました

内閣官房と農林水産省は、農山漁村が持つ豊かな地域資源を活用して、地域の活性化、所得向上に取り組んでいる団体にスポットを当て、優良事例として全国に発信しています。今回から個人の応募も可能です。
募集は、9月2日(月曜日)まで。自薦・他薦問いません。
http://www.maff.go.jp/tokai/press/noson_keikaku/190701.html

「地産地消等優良活動表彰」の募集が始まりました

農林水産省は、全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のあるさまざまな地産地消及び国産農林水産物・食品の消費拡大の取組を募集し、優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」を実施しています。
募集は8月9日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/shokuhin/chisan/torikumi/index.html#reiwa

「第4回全国子ども和食王選手権」の募集が始まりました

農林水産省は、「第4回全国子ども和食王選手権」を開催し、全国の小学校の児童と未就学児(和食フォト部門のみ)を対象として、参加者の募集をしています。今年度から「和食フォト部門」を新設しました。
募集は9月13日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/tokai/keiei/shokuhin/kokusan/index.html

バイオマス産業都市構想の提案を募集中です

農林水産省ほか関係7府省は、原料の収集・運搬から製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指すバイオマス産業都市の構築を推進しています。
岐阜県、愛知県、三重県内の市町村等からの提案は、7月19日(金曜日)まで。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/bioi/190522.html

広報誌「aff(あふ)」デジタル化のお知らせ

農林水産省は、広報誌「aff(あふ)」4月号をもって冊子での発行を一旦休止し、5・6月合併号からデジタル化しました。スマートフォンやタブレットなどで、より見やすくなるようデザインをリニューアルしました。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

3.東海イベント情報

東海地域で開催されるイベントをご紹介します

「農」の機能発揮支援アドバイザー派遣事業の説明会が開催されます

7月19日(金曜日):名古屋VIP貸し会議室名古屋駅前店(名古屋市中村区)

7月の食品安全セミナー

7月25日(木曜日):豊田市中央図書館(参合館6階 多目的ホール)

連続講座「野生動物を知る」第3回シカ

8月3日(土曜日):岐阜大学応用生物科学部101多目的ホール

  • 岐阜大学応用生物科学部附属野生動物管理学研究センターでは、一般の方を対象に連続講座「野生動物を知る」を開講します。
    参加費無料。申込みは8月1日(木曜日)まで。
    https://www1.gifu-u.ac.jp/~rcwm/

4.「消費者の部屋」をのぞいてみませんか

東海農政局「消費者の部屋」は、平日10時から17時まで開設しています。お気軽にお立ち寄りください。
アクセスはこちらから。

特別展示

特別展示「東海地方の6次産業」(7月23日(火曜日)まで)

6次産業の仕組みや、東海地域で取り組まれている6次産業化の事例及び商品を紹介します。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/tokubetsu/index.html

今後の特別展示予定

テーマ:農業・農村の多面的機能紹介(7月26日(金曜日)~8月13日(火曜日))

常設展示

東海3県の農業を、統計データを使って分かりやすく紹介しています。
現在は、「6次産業化、花き」及び「水稲収穫量調査のしくみ」について展示しています。また、「東海の四季」では、「うなぎ、あゆ」などの写真を展示しています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/josetsu/index.html

「消費者の部屋」展示資材を貸し出しています

東海農政局「消費者の部屋」では、展示資材(食品サンプル、ポスター)を無料で貸し出しています。農林水産施策や食料消費、食生活等の情報発信に取り組む皆様のご利用をお待ちしています。
http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/heya/rental/index.html

5.お知らせします「統計情報」

「QGIS操作マニュアル」を掲載しました

このマニュアルは、QGIS(地理情報システム)を利用して、農業センサス等のデータを取り込み、地図上に農業集落単位で色分けして表示する工程をわかりやすく解説したものです。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/ikasudb/manual/manual.html

「写真でみる東海の農林水産物(令和元年6月分)」を掲載しました

今月は、岐阜県の「ほうれんそう」、愛知県の「うなぎ」、「ミニトマト」です。
http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/photo/201906.html

「図でわかる東海3県の農林水産業」花き、6次産業化、林業のデータを更新しました

http://www.maff.go.jp/tokai/tokei/hon/index.html

お問合せ先

企画調整室

担当者:Webサイト担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader