このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

平成29年度東海農政局「多面的機能支払シンポジウム」の開催について

  • 印刷
平成29年10月16日
東海農政局

農林水産省では、「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」に基づき、農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を図るための地域活動に対する支援を行っています。
東海農政局は、農業・農村の有する多面的機能を維持・発揮することの大切さを再認識してもらうために、本シンポジウムを開催いたします。

1.開催日時及び場所

日時:平成29年12月5日(火曜日)13時30分~16時50分
場所:名古屋市西文化小劇場
所在地:名古屋市西区花の木二丁目18番23号

2.内容

(1)東海農政局 多面的機能支払表彰式

東海農政局管内(岐阜県・愛知県・三重県)において、多面的機能支払交付金(旧農地・水保全管理支払交付金)に取り組み、農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮に対し、地域ぐるみで効果の高い活動を実施している組織を表彰いたします。

(2)基調講演

演題:「営農を支える生産基盤づくりの技術動向について」

講師:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究部門

農地基盤工学研究領域  領域長  原口 暢朗

(3)取組事例発表

田峯環境保全会(愛知県北設楽郡設楽町)
東大淀を守る会(三重県伊勢市)

(4)ワンポイント講習

演題:「農業用施設の機能診断及び補修について」
講師:東海農政局土地改良技術事務所 専門技術指導官 槻瀬 誠

3.募集人員

340人
参加費無料

4.申込要領

(1)申込方法

FAX、郵送またはインターネットによりお申込みください。

<FAX、郵送でのお申込み>

参加申込書に必要事項を記入の上、お申込みください。(詳細は、添付の参加申込書をご覧ください。)

<インターネットによるお申込み>

https://www.contactus.maff.go.jp/j/tokai/form/nochi_seibi/171205.html

(2)申込受付期間

平成29年10月16日(月曜日)~平成29年11月15日(水曜日)
定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

5.主催

東海農政局

6.報道関係者の皆様へ

取材、カメラ撮りは可能です。取材、カメラ撮りを希望される場合は、事前に御連絡ください。

添付資料

平成29年度東海農政局「多面的機能支払シンポジウム」の御案内(PDF : 190KB)

参加申込書(PDF : 120KB)

お問合せ先

農村振興部農地整備課

担当者:安里、天野、根本
代表:052-201-7271(内線2659)
ダイヤルイン:052-223-4638
FAX番号:052-219-2667

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader