このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

「平成30年度東海地域農泊推進セミナー/ビジネス交流会」の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成31年1月28日
東海農政局

東海農政局は、平成31年2月26日(火曜日)、名古屋市内において、「平成30年度東海地域農泊推進セミナー/ビジネス交流会」を開催します。

1.趣旨

農林水産省では、日本ならではの伝統的な生活体験や農山漁村地域の人々との交流を楽しむ農山漁村滞在型旅行「農泊」を推進しています。
東海農政局では、東海地域の農泊の取組が、今後、持続的なビジネスとして実施していけるよう、魅力的なコンテンツの提供、効果的な情報発信、増大するインバウンド需要への対応などに役立つノウハウや技術を知り、課題解決につなげていくためのセミナーを開催します。
また、農泊の取組には、多様な関係者の参画が重要であることに加え、関係事業者にとっては新たなビジネスチャンスにもなり得ることから、農泊実施団体や関係企業等が情報交換、意見交換等を行えるビジネス交流会も併せて実施します。

2.開催日時及び場所

日時:平成31年2月26日(火曜日)13時00分~17時00分(開場12時30分)

場所:名古屋能楽堂 会議室

所在地:名古屋市中区三の丸一丁目1番1号

  • 会場案内図は添付資料を御覧ください。
  • 駐車場は確保していませんので、公共交通機関等の利用をお願いいたします。

3.内容

第1部 農泊推進セミナー(13時00分~15時30分)

基調講演

「農村地域におけるデジタルマーケティングの重要性と具体的な対策」

グーグル合同会社 広告営業本部 観光立国推進部長 陳内 裕樹(じんない ひろき) 氏

取組事例紹介

「農泊の宿泊施設経営における集客・運用について」

一般社団法人 日本ファームステイ協会 事務局長 大野 彰則(おおの あきのり)氏

「飛騨地域におけるキャッシュレス決済の最新の取組紹介」

飛騨信用組合 常務理事 経営企画部長 山腰 和重(やまこし かずしげ)氏

「最新の多言語対応事情」

株式会社NTTマーケティングアクト 東海支店 カスタマーソリューション事業推進部 営業担当部長 井上 賀友(いのうえ よしとも)氏

施策等紹介

「農泊の推進について」

農林水産省 農村振興局 農村政策部 都市農村交流課

「東海農政局管内の農泊の取組状況について」

東海農政局

第2部 ビジネス交流会(15時45分~17時00分)

出展企業

(株)農協観光、(株)日本旅行、(株)クレディセゾン、ビリングシステム(株)、(株)JTBコミュニケーションデザイン、(株)NTTマーケティングアクト、ソースネクスト(株)、(株)キットプランニング

  • 出展企業は予告なく変更となる場合があります。

4.募集人数

先着80名(申込者多数により御参加いただけない場合のみ、連絡します。)

  • 対象:農泊事業実施団体、農泊取組希望者、地方公共団体、農泊に関心のある企業等
  • 参加費無料

5.申込要領

(1)申込方法

FAX又はインターネットによりお申し込みください。

  • お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、本セミナー及び交流会の運営以外には使用しません。

FAXによるお申込み

添付資料の参加申込書に必要事項を記入の上、お申し込みください。

  • FAX番号:052ー220ー1681
  • 宛先:東海農政局 農村振興部 農村計画課

インターネットによるお申込み

以下のアドレスから参加申込フォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。
https://www.contactus.maff.go.jp/j/tokai/form/noson_keikaku/190128.html

(2)申込期限

平成31年2月22日(金曜日)

  • 定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

(3)その他

  • 当日撮影した写真を、東海農政局Webサイト等に掲載させていただく場合があります。
  • マスコミの取材や写真撮影が行われた場合、新聞等への掲載が行われることがあります。
  • 基調講演については、講演内容は非公開となりますので、写真撮影やSNS等への掲載は御遠慮ください。

6.主催等

主催:東海農政局

後援(予定):中部運輸局、岐阜県、愛知県、三重県、中部経済連合会

7.報道関係者の皆様へ

取材、カメラ撮りは、基調講演以外は可能です。取材、カメラ撮りを希望される場合は、事前に以下のお問合せ先にご連絡ください。

添付資料

案内チラシ・参加申込書(PDF : 466KB)

お問合せ先

農村振興部農村計画課

担当者:鈴木、松室
代表:052-201-7271(内線2521)
ダイヤルイン:052-223-4629
FAX番号:052-220-1681

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader