このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

農業データ連携基盤に関する全国ブロック説明会(東海ブロック)の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成30年6月29日
東海農政局

農林水産省では、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)を活用し、産学官連携の下、農業ICT推進に向けた環境整備として、さまざまなデータの連携・共有・提供機能を有する「農業データ連携基盤」の構築に取り組んでいるところです。
農業データ連携基盤は、平成31年4月に本格稼働を開始することとしており、それに向けて、より多くの農業者の生産性や経営力の向上に資するため、農業者や自治体等に広く周知を図るとともに、御意見をお伺いして、提供するデータやサービスの充実を図っていく必要があります。
このため、地方農政局を単位として、ブロックごとに農業データ連携基盤に関する説明会を開催することとし、東海ブロックでは以下のとおり開催します。
なお、本説明会では、農林水産省が推進しているスマート農業の取組についても併せて御紹介します。
本説明会は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.開催日時及び開催場所

日時:平成30年7月23日(月曜日)13時30分~15時30分

場所:名古屋能楽堂会議室

所在地:愛知県名古屋市中区三の丸1-1-1

  • 会場案内図は、添付資料を御覧ください。
  • 会場には駐車場(有料)が併設されていますが、混雑する場合もありますので、公共交通機関を御利用ください。

2.説明内容

(1)農業データ連携基盤について

(2)スマート農業の展開について

(3)農業データ連携基盤実証プロジェクトについて

3.募集人数

100名程度(定員になり次第締め切らせていただきます。)

対象者:農業者、県、試験研究機関、農業者団体等

4.参加申込要領

(1)申込方法

参加を希望される方は、添付参加申込書に必要事項を記入の上、FAXにより東海農政局 生産部 生産技術環境課(FAX番号:052-218-2793)宛てに送信してください。
なお、御提出いただいた個人情報は厳重に管理し、本説明会の運営以外に使用いたしません。

(2)申込期限

平成30年7月18日(水曜日)17時00分

(3)留意事項

参加にあたり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、参加をお断りすることがあります。

(ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
(イ)携帯電話の電源は必ず切って傍聴すること。
(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

発言者に対する賛否の表明または拍手
報道関係者の方々を除き、会場においてのカメラ、ビデオ、ICレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用
新聞、雑誌その他説明会に関連のない書類等の読書
飲食及び喫煙

(エ)鉄砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないこと。
(オ)その他事務局員の指示に従うこと。

5.報道関係者の皆様へ

取材を希望される方は、会場準備等の関係から、上記「参加申込要領」に従い、お申し込みください。
その場合、報道関係者である旨を必ず明記してください。
また、当日は受付で記者証等の身分証を御提示いただきますので、あらかじめ御承知願います。

添付資料

お問合せ先

生産部生産技術環境課

担当者:長谷(ながたに)、畔柳(くろやなぎ)
代表:052-201-7271(内線2248)
ダイヤルイン:052-746-1313
FAX番号:052-218-2793

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader