このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

シンポジウム「スマート農業の進展がもたらす新しい農業と産業の姿」の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成30年9月4日
東海農政局

我が国人口の急速な減少・高齢化により将来にわたる人手不足等の課題が懸念される中、近年のICT、AI、ロボット技術等の急速な発展は、様々な産業分野へ応用が進められ、中でも農業分野ではスマート農業としてイノベーションへの期待が高まっています。
中部圏は、都市近郊型、土地利用型、中山間地等、多様な農業の展開が見られるほか、日本を代表するものづくり力とともにアカデミアの研究基盤も集積しています。こうした優れた人材や技術を、分野を超えて相互に融合・連携を促すことによって、中部圏は、他に先駆けてイノベーションを実現できる可能性があり、またその期待が寄せられています。
東海農政局及び公益財団法人中部圏社会経済研究所は、こうした事情に造詣の深い有識者に登壇していただき、中部圏の強みを活かした今後の農業のイノベーションについて議論するシンポジウムを共同開催します。
本シンポジウムは公開です(取材、カメラ撮り可能)。

1.開催日時及び場所

日時:平成30年10月22日(月曜日)13時30分~17時35分

場所:明治安田生命名古屋ビル16階大ホール

所在地:愛知県名古屋市中区新栄町1-1

  • 会場案内図は添付資料を御覧ください。

2.プログラム

(1)開会挨拶

東海農政局長 幸田 淳

(2)基調講演

「Society5.0を構成する農業・食品分野の革新への取組み」
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 理事(産学官連携担当) 折戸 文夫 氏

「日本農業の新たな潮流~アグリビジネスの台頭、スマート農業の実用化~(予定)」
株式会社日本総合研究所創発戦略センター エクスパート(農学) 三輪 泰史 氏

「甘くない企業参入とスマート農業」
株式会社日本経済新聞社 編集委員 吉田 忠則 氏

(3)パネルディスカッション

<モデレーター>
福島大学 農学系教育研究組織設置準備室長 教授・農学博士 生源寺 眞一 氏

<パネリスト>
株式会社日本総合研究所創発戦略センター エクスパート(農学) 三輪 泰史 氏
株式会社日本経済新聞社 編集委員 吉田 忠則 氏
イオンアグリ創造株式会社 代表取締役社長 福永 庸明 氏
トヨタ自動車株式会社アグリバイオ事業部 主査 灘波 猛 氏
農業生産法人有限会社鍋八農産 代表取締役 八木 輝治 氏

(4)閉会挨拶

公益財団法人中部圏社会経済研究所 代表理事 藤井良直

3.募集人数

200名程度(定員になり次第締め切らせていただきます。)

  • 対象者:農業者、民間企業、試験研究機関、農業者団体、県等

4.主催

東海農政局、公益財団法人中部圏社会経済研究所

5.後援

一般社団法人 中部経済連合会

6.参加申込要領

参加申込みの受付は終了しました。多くの方にお申込みいただき、誠にありがとうございました。

(1)申込方法

参加を希望される方は、インターネット又はFAXによりお申し込みください。
なお、提出いただいた個人情報は厳重に管理し、本シンポジウムの運営及び公益財団法人中部圏社会経済研究所の案内等の送付等以外に使用いたしません。

<インターネットによる申込先>

以下の公益財団法人中部圏社会経済研究所Webサイトからお申し込みください。
http://www.criser.jp/

<FAXによる申込先>

別添の申込書によりお申し込みください。
送付先:公益財団法人中部圏社会経済研究所宛
FAX番号:052-212-8782

(2)申込期限

平成30年10月5日(金曜日)

7.留意事項

参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、参加をお断りすることがあります。

(ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
(イ)携帯電話の電源は必ず切って傍聴すること。
(ウ)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

  • 新聞、雑誌その他シンポジウムに関連のない書類等の読書
  • 飲食及び喫煙

(エ)その他事務局員の指示に従うこと。
(オ)当日撮影した写真を東海農政局及び公益財団法人中部圏社会経済研究所のWebサイト等に掲載する場合があります。

8.報道関係者の皆様へ

取材、カメラ撮りは可能です。
取材を希望される場合も上記「6.参加申込要領」に従い、インターネット又はFAXによりお申し込みください。

添付資料

お問合せ先

生産部生産技術環境課

担当者:長谷(ながたに)、畔柳(くろやなぎ)
代表:052-201-7271(内線2248)
ダイヤルイン:052-746-1313
FAX番号:052-218-2793

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader