このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

シンポジウム「スマート農業の進展がもたらす中部圏の新しい農業と産業の姿」の参加者を募集します

  • 印刷
令和元年9月2日
東海農政局

スマート農業に取り組む農業者の講演やパネルディスカッションを通じて、スマート農業への理解を深めるとともに、今後の農業と産業との連携を通じたイノベーションについて考察するため、東海農政局と公益財団法人中部圏社会経済研究所は、昨年に引き続きシンポジウムを共催により開催します。
本シンポジウムは公開です(カメラ撮影可能)。

1.開催日時及び場所

日時:令和元年11月28日(木曜日)13時30分から16時40分

場所:JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス(KITTE名古屋3F)

所在地:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号

  • 会場案内図は添付資料を御覧ください。

2.内容

開会挨拶

東海農政局長 富田 育稔

基調講演

「スマート農業技術の現状と展開方向」

農研機構 理事(研究推進担当) 寺島 一男 氏

パネリストスピーチ

富士通株式会社 スマートアグリカルチャー事業本部 エキスパート 若林 毅 氏

株式会社浅井農園 代表取締役 博士(学術) 浅井 雄一郎 氏

JA西三河 きゅうり部会 下村 堅二 氏

一般社団法人日本食農連携機構 事務局長 水谷伸司 氏

パネルディスカッション

モデレーター

福島大学 食農学類長 教授・農学博士 生源寺 眞一 氏

パネリスト

寺島 一男 氏、若林 毅 氏、浅井 雄一郎 氏、下村 堅二 氏、水谷 伸司 氏

閉会挨拶

公益財団法人 中部圏社会経済研究所 代表理事 丹羽 漸

3.募集人数

160名程度(定員になり次第締め切らせていただきます。)

  • 対象者:農業者、民間企業、試験研究機関、農業者団体、県等
  • 参加費:無料

4.申込要領

(1)申込方法

参加を希望される方は、FAX又はインターネットによりお申込みください。

なお、御提出いただいた個人情報は厳重に管理し、本シンポジウムの運営及び公益財団法人中部圏社会経済研究所の案内の送付など以外には使用しません。

FAX

別添資料の参加申込書に必要事項を記入の上、お申し込みください。

送信先:052-212-8782(FAX)

公益財団法人中部圏社会経済研究所宛

インターネット

以下の公益財団法人 中部圏社会経済研究所Webサイトからお申し込みください。

http://www.criser.jp/

(2)申込期限

令和元年11月8日(金曜日)17時00分

(3)その他

当日撮影した写真を東海農政局及び公益財団法人中部圏社会経済研究所のWebサイト等に掲載する場合があります。

5.主催等

主催 : 東海農政局、公益財団法人 中部圏社会経済研究所

後援 : 一般社団法人 中部経済連合会

6.報道関係者の皆様へ

取材は可能です。
取材を希望される場合は「4.申込要領」に従い、FAX又はインターネットによりお申し込みください。

添付資料

 案内チラシ(申込書)(PDF : 2,780KB)

お問合せ先

生産部生産技術環境課

担当者:高村(こうむら)、仲野
代表:052-201-7271(内線2248)
ダイヤルイン:052-746-1313
FAX番号:052-218-2793