このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

プレスリリース

平成29年度「飼料用米活用畜産物ブランド日本一コンテスト」において、管内から株式会社大里畜産(三重県津市)が公益社団法人中央畜産会会長賞に選ばれました

  • 印刷
平成30年2月27日
東海農政局

一般社団法人日本養豚協会は、今般、平成29年度「飼料用米活用畜産物ブランド日本一コンテスト」において、農林水産大臣賞をはじめ各賞受賞者4団体を決定しました。
東海農政局管内からは、株式会社大里畜産(三重県津市)が、公益社団法人中央畜産会会長賞に選ばれました。

1.表彰の概要

「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」は、飼料用米の本作化を推進するため、飼料用米を活用した畜産物のブランド化について優れた取組を表彰することにより、その結果を広く紹介するものです。
なお、本コンテストに係る表彰式は、平成30年3月9日(金曜日)に東京大学弥生講堂において、「飼料用米普及のためのシンポジウム2018」(後援:農林水産省)と合同で開催されます。

2.受賞者について

応募点数52点の中から、審査委員会での審査を経て、東海農政局管内から以下の者が公益社団法人中央畜産会会長賞に選ばれました。

受賞者:株式会社大里畜産(三重県津市)
ブランド名:伊勢美稲豚(いせうまいねぶた)

3.表彰式の開催について

表彰式は、以下のとおり開催されます。

日時:平成30年3月9日(金曜日)13時00分~14時10分(予定)
会場:東京大学弥生講堂
所在地:東京都文京区弥生1-1-1 東京大学弥生キャンパス内

4.その他

表彰式の詳細、各賞受賞者の取組内容については、以下の農林水産省及び一般社団法人養豚協会のプレスリリースを御覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kokumotu/180223.html(農林水産省へリンク)
http://okome-sodachi.jp/pdf/contest_1.pdf(一般社団法人日本養豚協会へリンク)

添付資料

東海農政局管内受賞者の取組概要(PDF : 349KB)

お問合せ先

生産部生産振興課

担当者:松本、石黒
代表:052-201-7271(内線2345)
ダイヤルイン:052-223-4623
FAX番号:052-218-2793

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader