ホーム > 農村振興 > 管内事業(務)所案内 > 土地改良技術事務所 > 08_道路工


ここから本文です。

08_道路工

技術の名称

新技術・新工法紹介ページへ戻る

技術の概要

名称 概要 会社名 登録日
変性エポスプレーNEXT

 防食性・密着性に優れた2液形変性エポキシ樹脂塗料を作業性に優れたエアゾールスプレー化した製品です。

エアゾールスプレーにすることで、従来の計量作業がなくなり作業時間の短縮が可能です。

従来は、塗料液と硬化剤を計量攪拌する手間があり、少量の補修箇所が点在している場合等、作業工程や施工具経費が問題となっていました。この問題を解決する為開発された「変性エポスプレーNEXT」は、同一缶内での攪拌方式にした為、計量作業が不要で、誰でも簡単に重防食塗装が可能となりました。

3種ケレン上でも十分な防錆力を発揮するため、日常点検時の簡易補修に最適です。

【NETIS登録技術:KT-120090-A】

日新インダストリー株式会社(外部リンク) 2013年2月7日 
可倒式防護柵

 転落防止柵が人一人で倒せる構造。

洪水災害時に流木等がある事により留まる事態を軽減する構造になっております。

通常時は、頭首工工事で堰ができるのに付随して作成される魚道区域で人の転落を防ぐ転落防止柵としてご使用いただけます。

(転落防止柵強度P種荷重相当の強度があります。)

積水樹脂(株)中部支社(外部リンク) 2010年6月21日
道路縦横断計測システム 【ロポ ropo】  切削オーバーレイの施工前に実施する縦横断測量を交通規制をかけずに実施できるシステムです。 計測ネットサービス(株)(外部リンク) 2010年1月27日
 勾配自在柵 フレックスロープ

 勾配やコーナーの多い場所に適した縦格子柵です。

(1)現場で自在に勾配対応ができます。

ピン構造により現場で自在にパネル勾配が変えられます。

勾配加工費が不要で、納期の心配もありません。(パネルは0%~100%まで。金具は標準品で22%まで、22%以上は自在金具で対応)

(2)三次元もらくらく

自在金具(別売)を使えば、勾配かつコーナーの三次元変化も対応可能です。

(3)詳細測量不要で負担軽減

面倒であった詳細測量をすることなく材料手配ができますので、手配ミスや納期の面で負担が軽減できます。

【NETIS登録製品:KK-070014】

積水樹脂(株) 中部支社(外部リンク) 2008年10月23日
SPD(新大気圧)工法  SPD工法は、従来の大気圧(真空圧密)工法の使用材料や施工機械を大幅に改良・改善し、施工管理(動態観測工)機器の改良、施工法の改善を行い大気圧工法がリニューアルしたものである。
本工法の特徴として、市販で所定の規格を有する鉛直プラスチックドレーンや水平ドレーン材を使用することができ、真空装置も汎用機械が使用できる。

本工法の特徴として
(1)排土、掘削を伴わないで軟弱地盤の圧密により河川断面や湖沼貯水量が確保できる。また、底の浮遊物質の凝縮が行える。
(2)強制圧密・脱水で地盤変位が少なく、早期に地盤強度が確保される。
(3)動態観測やポンプ運転、施工マニュアル等により、軟弱地盤の確実な圧密・強度増加が図られ、工期短縮や経済性に優れ
(4)動態観測工を除き、在来の積算基準で工事費が算出できる。
チカミミルテック株式会社・山伸工業株式会社(外部リンク) 2005年4月22日

 

 

 

ページトップへ

 

お問い合わせ先

東海農政局 土地改良技術事務所 企画情報課
〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2−2
TEL052(232)1057
FAX052(219)2660

リンク集