このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

食の安全と消費者の信頼確保

消費者の部屋コミュニケーション農産物や畜産物の安全確保食品表示・適正流通の監視その他の消費安全対策

新着・更新情報

消費者の部屋

消費者の部屋では、農林水産業や食生活、国の政策などの情報を幅広く提供しています。

コミュニケーション

消費者や企業等の皆さんとの意見交換の場をもうけ食の安全に対する相互の理解を進めています。

農産物や畜産物の安全確保

農薬、肥料

農産物の安全を確保するため、農薬、肥料に関する情報を掲載しています。

  • 農薬コーナー(農林水産省へリンク)……農薬の基礎知識、農薬の適正使用(住宅地における農薬使用、農薬の飛散(ドリフト)防止対策)の情報を掲載しています。
  • 肥料……農林水産大臣に登録されている肥料の登録更新申請、各種届出の受付を行っています。

植物防疫

植物防疫、病害虫防除の情報を掲載しています。

食品中の有害化学物質や有害微生物

食品中の有害化学物質や有害微生物についての情報を掲載しています。

  • 食品中の有害化学物質……食品中のカドミウム、ヒ素、ダイオキシン類、硝酸塩、ソラニン・チャコニンなどの有害化学物質について、摂取の実態や有害化学物質低減に向けた情報を掲載しています。
  • 有害微生物……食中毒を防ぐために、食中毒を起こす原因菌を「付けない」「増やさない」適切な衛生管理を実践するための情報を掲載しています。

家畜防疫

家畜の伝染性疾病である鳥インフルエンザ、口蹄疫、BSE等の発生及びまん延防止に関する情報を掲載しています。

  • 鳥インフルエンザ……鳥インフルエンザ発生時の東海農政局の対応や農林水産省の防除指針、発生事例等に関する情報を掲載しています。
  • 口蹄疫に関する情報(農林水産省へリンク)……口蹄疫の防疫対策や海外へ旅行される方への留意事項等の情報を掲載しています。
  • 牛海綿状脳症(BSE)関係(農林水産省へリンク)……BSE(牛海綿状脳症)対策に係る飼料規制や過去の発生事例に関する情報を掲載しています。
  • アフリカ豚コレラについて(農林水産省へリンク)……アフリカ豚コレラは、豚やいのししに感染する伝染病です。本病に関する情報を掲載しています。
  • 豚コレラについて(農林水産省へリンク)……豚コレラは、豚やいのししに感染する病気です。本病に関する情報を掲載しています。
  • 岐阜県で感染が確認された豚コレラへの対応についてNEWアイコン……平成30年9月9日、岐阜県岐阜市の養豚場で確認された豚コレラへの対応を掲載しています。

畜産物等の安全確保

畜産物等の安全を確保するための飼料の安全確保、牛トレーサビリティ制度、ペットフードの安全確保に関する情報を掲載しています。

食品表示・適正流通の監視

食品表示の仕組みや米、牛肉など食品の流通経路、所在等を把握する仕組みの紹介です。

  • 食品表示に関するパンフレット(消費者庁へリンク)(外部リンク)……食品表示制度全般及び加工食品の原料原産地表示等に関する各種パンフレットが掲載されています。
  • 食品表示に関する取組……食品表示(品質表示)に関する監視・指導の取組及び新たな加工食品の原料原産地に関する相談窓口について、御紹介、御説明をしています。
  • 食品表示の監視……食品表示の適正化を推進するために監視・指導等の活動を実施しています。また、広く国民の皆さんからの情報提供を受けるための「食品表示110番」を設置し、食品の偽装表示や不審な食品表示に関する情報を受け付けています。
  • 食品トレーサビリティ(農林水産省へリンク)……食品などの流通経路や所在等を記録して移動を把握し追跡できる仕組み「トレーサビリティ」についての紹介です。
  • 牛肉のトレーサビリティ(農林水産省へリンク)……牛、牛肉を個体識別番号により一元管理する仕組みが整備されています。
  • 米トレーサビリティ法……お米、米加工品の取引記録の作成・保存と、お米の産地を事業者や一般消費者に対して伝えることを生産者、事業者の皆さんにお願いする法律です。
  • 食糧法「遵守事項」……米粉用や飼料用など主食用以外に用途を限定した米穀、食用に適さない米穀を取り扱う際に遵守いただくべき事項を定めています。

その他の消費安全対策

消費・安全対策交付金……農産物や食品の安全対策のため、各県では国からの交付金で事業が実施されています。

関係リンク先

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

代表:052-201-7271(内線2805)
ダイヤルイン:052-223-4651
FAX番号:052-220-1362

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader