このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

大治式米粉パンの作り方

ロゴ
写真1
大治米粉パン研究会

大治式米粉パンは、愛知県大治町の主婦グループが考案した家庭にある材料で手軽にできる米粉パンです。

レシピ

米粉および中力粉は市販品でも可

特徴

(1)
材料を正確に計量する。

(2)
中力粉105g、グルテン15g、イースト5g、砂糖12gをよくかくはんする。

(3)
水分を加える。

(4)
5分間充分かくはんし粘りを出す。ダマがなく、気泡がでていることを確認する。

(5)
米粉80g、塩4g、脱脂粉乳4gを加える。

(6)
最初は木べら等でよく混ぜる。

(7)
まとまってきたら約10分間手でこねる。

(8)
台に打ち付けるようにのばして巻き、向きを変えて再度のばして巻くを繰り返す。

(9)
油脂(バター等)を加え、再び台に打ち付けながら約10分よくこねる。

(10)
生地を取り、広げて薄い膜のように十分伸びているかを確認する。

(11)
こね上げた生地の温度は30℃程度が好ましい。

(12)
30℃30分間発酵。夏場なら冷房のない30℃程度の室温に放置。大き目のボールに湯煎(30℃)し、ラップを張る。発酵の目安は2.5倍程度。

(13)
軽くガス抜きし、丁寧にボールか ら出す。

(14)
重さを量り、10等分する。1個あたり35g程度とする。

(15)
丸く丸め、ベンチタイムを20分間とる。

(注)ベンチとは生地を分割、丸めた後の「ねかし」をいいます。

(16)
成形(丸め直し)後、さらに35℃30分間仕上げ発酵時間を取る。

(17)
天板にオーブンペーパーを敷き、パンに付かないように ぬれ布巾を保湿と保温のためにかけ る。

(18)
2倍程度に発酵し、膨らんでいることを確認する。

(19)
つや出しと焼き色を均質に付けるため溶いた全卵を塗る。

(20)
180℃のオーブンで13分程度色好く焼き上げる。


写真21

大治町米粉パン研究会(敬称略)

若山久美子、吉田佐知枝、丹羽真弓、山田恵子

助言者:前野順子(農村生活アドバイザー)

協力:海部農林水産事務所農業改良普及課

お問合せ先

生産部生産振興課

担当者:流通改善係
代表:052-201-7271(内線2345)
ダイヤルイン:052-223-4623
FAX番号:052-218-2793

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader