このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

岐阜県で感染が確認された豚コレラへの対応について

豚コレラとは

豚コレラウイルスは、豚、いのししが感染する病気であり、強い伝染力と高い致死率が特徴です。
感染豚は唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し、感染豚や汚染物品等との接触等により感染が拡大します。
治療法はなく、発生した場合の家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されています。

国内における豚コレラ発生事例

平成30年12月25日(6例目)

平成30年12月25日(火曜日)、岐阜県関市の養豚農場において、豚コレラの疑似患畜を確認しました。

6例目に係る搬出制限区域は解除されました NEWアイコン

岐阜県は、岐阜県関市の養豚場で確認された豚コレラに関し、平成31年1月15日(火曜日)、移動制限区域(発生施設の半径3km以内の区域)内の豚飼養農場2戸について、清浄性を確認するための検査(臨床検査、血清抗体検査、遺伝子検査)を実施し、全て陰性であることを確認しました。これを受け、岐阜県は、平成30年12月25日(火曜日)に設定した移動制限区域及び搬出制限区域(発生施設の半径3kmから10kmまでの区域。対象農場1戸)のうち搬出制限区域を平成31年1月15日(火曜日)24時(平成31年1月16日(水曜日)午前0時)に解除しました。
なお、移動制限区域については、引き続き設定されています。

平成30年12月15日(5例目)

平成30年12月15日(土曜日)、岐阜県農業大学校(岐阜県可児市)において、豚コレラの患畜を確認しました。

5例目に係る搬出制限区域は解除されました

岐阜県は、岐阜県農業大学校(岐阜県可児市)で確認された豚コレラに関し、搬出制限区域内の2農場の監視を継続してきたところ、平成31年1月2日(水曜日)までに、新たに発生がないことを確認しました。これを受け、岐阜県は、平成30年12月15日(土曜日)に設定した移動制限区域及び搬出制限区域のうち搬出制限区域を平成31年1月2日(水曜日)24時(平成31年1月3日(木曜日)午前0時)に解除しました。

5例目に係る移動制限区域は解除されました NEWアイコン

岐阜県は、岐阜県農業大学校(岐阜県可児市)で確認された豚コレラに関し、発生施設の防疫措置が完了した平成30年12月16日(日曜日)から28日が経過したことから、特定家畜伝染病防疫指針に基づき、平成31年1月13日(日曜日)24時(平成31年1月14日(月曜日)午前0時)に移動制限区域を解除しました。

平成30年12月10日(4例目)

平成30年12月10日(月曜日)、岐阜県関市のいのしし飼養施設において、豚コレラの疑似患畜を確認しました。

4例目に係る搬出制限区域は解除されました

岐阜県は、岐阜県関市のいのしし飼養施設で確認された豚コレラに関し、搬出制限区域内の5農場の監視を継続してきたところ、平成30年12月28日(金曜日)までに、新たに発生がないことを確認しました。これを受け、岐阜県は、平成30年12月10日(月曜日)に設定した移動制限区域及び搬出制限区域のうち搬出制限区域を平成30年12月28日(金曜日)24時(平成30年12月29日(土曜日)午前0時)に解除しました。

4例目に係る移動制限区域は解除されました

岐阜県は、岐阜県関市のいのしし飼養施設で確認された豚コレラに関し、発生施設の防疫措置が完了した平成30年12月11日(火曜日)から28日が経過したことから、特定家畜伝染病防疫指針に基づき、平成31年1月8日(火曜日)24時(平成31年1月9日(水曜日)午前0時)に移動制限区域を解除しました。

平成30年12月5日(3例目)

平成30年12月5日(水曜日)、岐阜県畜産研究所(岐阜県美濃加茂市)において、豚コレラの患畜を確認しました。

3例目に係る搬出制限区域は解除されました

岐阜県は、岐阜県畜産研究所(岐阜県美濃加茂市)で確認された豚コレラに関し、搬出制限区域内の5農場の監視を継続してきたところ、平成30年12月24日(月曜日)までに、新たに発生がないことを確認しました。これを受け、岐阜県は、平成30年12月5日(水曜日)に設定した移動制限区域及び搬出制限区域のうち搬出制限区域を平成30年12月24日(月曜日)24時(平成30年12月25日(火曜日)午前0時)に解除しました。

3例目に係る移動制限区域は解除されました

岐阜県は、岐阜県畜産研究所(岐阜県美濃加茂市)で確認された豚コレラに関し、発生施設の防疫措置が完了した平成30年12月7日(金曜日)から28日が経過したことから、特定家畜伝染病防疫指針に基づき、平成31年1月4日(金曜日)24時(平成31年1月5日(土曜日)午前0時)に移動制限区域を解除しました。

平成30年11月16日(2例目)

平成30年11月16日(金曜日)、畜産センター公園(岐阜県岐阜市)において、豚コレラの疑似患畜を確認しました。

2例目に係る搬出制限区域は解除されました

岐阜県は、岐阜市畜産センター公園(岐阜県岐阜市)で確認された豚コレラに関し、搬出制限区域内の8農場の監視を継続してきたところ、平成30年12月3日(月曜日)までに、新たに発生がないことを確認しました。これを受け、岐阜県は、搬出制限区域を平成30年12月3日(月曜日)24時(平成30年12月4日(火曜日)午前0時)に解除しました。

2例目に係る移動制限区域は解除されました

岐阜県は、岐阜市畜産センター公園(岐阜県岐阜市)で確認された豚コレラに関し、発生農場の防疫措置が完了した平成30年11月16日(金曜日)から28日が経過したことから、特定家畜伝染病防疫指針に基づき、平成30年12月14日(金曜日)24時(平成30年12月15日(土曜日)午前0時)に移動制限区域を解除しました。

平成30年9月9日(1例目)

平成30年9月9日(日曜日)、岐阜県岐阜市の養豚場で豚コレラの患畜を確認しました。国内における豚コレラの感染は、平成4年の熊本県での確認以降、26年ぶりとなりました。

1例目に係る搬出制限区域は解除されました

岐阜県は、岐阜県岐阜市の養豚場で確認された豚コレラに関し、搬出制限区域内の3農場の監視を継続してきたところ、平成30年9月28日(金曜日)までに、新たに発生がないことを確認しました。これを受け、岐阜県は、搬出制限区域を平成30年9月28日(金曜日)24時(平成30年9月29日(土曜日)午前0時)に搬出制限区域を解除しました。

1例目に係る移動制限区域は解除されました

岐阜県は、岐阜県岐阜市の養豚場で平成30年9月9日(日曜日)に確認された豚コレラに関し、発生農場の防疫措置が完了した平成30年9月11日(火曜日)から28日が経過したことから、特定家畜伝染病防疫指針に基づき、平成30年10月9日(火曜日)24時(平成30年10月10日(水曜日)午前0時)に移動制限区域を解除しました。

豚コレラ発生時における東海農政局の対応

東海農政局では、豚コレラの発生時に相談窓口の設置、消費者等への情報提供、発生県の防疫対応に関する人的支援等の対応を迅速に行うこととしています。

第6回東海農政局豚コレラ防疫対策本部会議(平成30年12月25日)

岐阜県関市で6例目の豚コレラの疑似患畜が確認されたことを受け、防疫措置の進捗状況等を共有するとともに、必要な支援策等を検討し、岐阜県の要請に基づく防疫措置への作業支援等を行っていくことを決定しました。

第5回東海農政局豚コレラ防疫対策本部会議(平成30年12月24日)

岐阜県関市で豚コレラの疑似患畜の疑いがあるとの情報を受け、情報の共有と作業支援に備えた検討をしました。

第4回東海農政局豚コレラ防疫対策本部会議(平成30年12月5日)

岐阜県美濃加茂市で3例目の豚コレラの患畜が確認されたことを受け、防疫措置の進捗状況等を共有し、必要な支援策等を検討しました。

第3回東海農政局豚コレラ防疫対策本部会議(平成30年11月16日)

岐阜県岐阜市で2例目の豚コレラの疑似患畜が確認されたことを受け、防疫措置の進捗状況等を共有し、必要な支援策等を検討しました。

第2回東海農政局豚コレラ防疫対策本部会議(平成30年9月10日)

防疫措置の進捗状況等を共有し、必要な支援策等を検討しました。

第1回東海農政局豚コレラ防疫対策本部会議(平成30年9月9日)

東海農政局では、岐阜県岐阜市で豚コレラの患畜が確認されたことを受け、今後の防疫措置について対応方針を決定しました。

消費者等の皆さまへ

豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。
根拠のない噂などにより混乱することがないよう、御協力をお願いします。

畜産農家の皆さまへ

飼養衛生管理の徹底や早期発見のための監視強化に万全を期していただきますようお願いします。

関連情報

豚コレラについて(農林水産省へリンク)

お問合せ先

消費・安全部安全管理課

担当者:畜水産安全係
代表:052-201-7271(内線2821)
ダイヤルイン:052-223-4670
FAX番号:052-220-1362

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader