このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

加工食品の原料原産地表示に関する相談窓口

加工食品の原料原産地表示について、平成29年9月1日から、国内で製造した全ての加工食品に対し、製品に占める重量割合上位1位の原材料に産地の表示が義務付けられました。
これに伴い、新たな制度へ円滑に対応するため、実際に表示を行う事業者等を対象とした相談窓口を設置しました。

相談窓口のご案内

相談窓口

消費・安全部表示・規格課

電話:052-223-4611
FAX番号:052-220-1362
担当地域(都道府県):愛知県・岐阜県・三重県

 

受付内容

加工食品の原料原産地表示についての、食品関連事業者が実際に表示を行う際の疑問や表示方法等の相談

 

受付方法

電話またはFAX

 

受付時間

電話:9時00分~17時00分(12時00分~13時00分及び土・日・祝日・年末年始を除く)

FAXは常時受け付けています。

 

加工食品の原料原産地に関するご案内

農林水産省の相談窓口一覧(農林水産省へリンク)

 

新たな加工食品の原料原産地表示制度に関する情報(消費者庁)

原料原産地表示制度(消費者庁へリンク)

 

食品表示に関するご相談

食品表示に関する疑問、質問、ご相談は、消費者庁または最寄りの都道府県へお問い合わせください。

お問合せ先

消費・安全部表示・規格課

担当者:原料原産地表示担当窓口
代表:052-201-7271(内線2842)
ダイヤルイン:052-223-4611
FAX番号:052-220-1362

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader