このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

特別展示「植物防疫所の仕事」

消費者の部屋では、情報の発信場所として、期間ごとにテーマを設定して特別展示を実施しています。

展示期間

平成30年10月1日(月曜日)から平成30年10月12日(金曜日)まで

展示内容

植物防疫所は、日本の農業と緑を守るために、日本の植物に被害を与える海外からの病害虫の侵入を未然に防ぐための輸入検疫を行っているほか、国内での重要病害虫のまん延を防ぐための国内検疫、諸外国の要求に応じた輸出検疫などの業務を行っています。

今回の展示では、輸入検疫、輸出検疫、国内検疫など、それぞれの具体例をパネルで展示し、植物防疫所の役割や仕事の内容をご紹介します。
また、検査で発見される病害虫の標本や、東南アジアからの輸入が禁止されている果実のサンプル模型をご覧いただけます。

入口から見た展示の様子今回の特別展示は、植物防疫所の仕事を展示移動禁止植物と対象病害虫の標本を展示大害虫のコロラドハムシを展示大害虫チチュウカイミバエを展示東南アジアから持ち帰ることができない主な果実類レプリカでも紹介重要なお知らせをポケットテッィシュで案内するミバエ類は誘引剤入りのトラップで調査するミバエ用トラップの現物を紹介パネル展示の様子植物を日本へ持ち込むには検査証明書が必要なことをパネルで紹介

関連情報

植物防疫所Webサイト(植物防疫所へリンク)

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:消費者対応班
代表:052-201-7271(内線2806)
ダイヤルイン:052-223-4651
FAX番号:052-220-1362

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader