このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

食連協三者懇談会における情報提供及び意見交換(岐阜大学応用生物科学部)

東海地区食品関連企業連絡協議会が主催する「食連協三者懇談会」に、東海農政局和田消費・安全部長が出席し、情報提供を行うとともに岐阜大学応用生物科学部の学生と意見交換を行いました。

この取組は、企業の取組や行政の施策を紹介し大学生と意見交換を行うことで、食品に対する理解を深めていただくことを目的に開催しており、大学からも、普段聞くことのできない企業、行政から直接話が聞ける貴重な機会として高い評価をいただいています。

日時

平成28年11月24日(木曜日)13時30分~15時50分

場所

岐阜大学応用生物科学部104教室

主催・協力

主催:東海地区食品関連企業連絡協議会
協力:岐阜大学応用生物科学部、東海農政局

出席者

一般財団法人 日本食品分析センター 微生物試験課 課長 太田 順司 氏

一般財団法人 日本食品分析センター 生化学分析課 課長 西川 佳子 氏

東海地区食品関連企業連絡協議会

株式会社Mizkan Partners 品質環境部品質保証課 課長 有冨 菜穂子 氏

金印株式会社 品質保証部 課長 村松 弘章 氏

岩田食品株式会社 品質保証部 マネージャー 菱田 敬太郎 氏

カネハツ食品株式会社 品質保証部 主任 小笠原 央 氏

コーミ株式会社 営業企画課 課長 村尾 享俊 氏

ヤマモリ株式会社 お客様相談室 室長 青 真一氏

岐阜大学

岐阜大学 応用生物科学部 教授 前澤 重禮 氏
岐阜大学 応用生物科学部学生 29名

東海農政局

東海農政局 消費・安全部 部長 和田 務

 

開催内容

開会あいさつ

東海地区食品関連企業連絡協議会 代表幹事 村松 弘章 氏

情報提供

「食品安全を巡る話題」
東海農政局 消費・安全部 部長 和田 務

意見交換

意見交換の際の質問事項は、下の「学生との意見交換の際の意見及び質問」をご覧ください。

閉会あいさつ

岐阜大学 応用生物科学部 教授 前澤 重禮 氏

 

会場の風景

開会挨拶をする金印(株)村松氏

開会挨拶をする金印(株)村松氏

 

東海農政局和田消費・安全部長からの情報提供

東海農政局和田消費安全部長からの情報提供

 

意見交換の様子

意見交換の様子

 

岐阜大学応用生物科学部前澤教授からの閉会挨拶

岐阜大学応用生物科学部前澤教授からの閉会挨拶

 

学生との意見交換の際の意見及び質問

  • 現在所属している会社が無くなった場合、社会にどのような影響を与えると思うか。
  • 飲食店でアルバイトをしているが、食品が大量に廃棄されもったいないと日頃から思っている。このことに対して何か対策はしているのか。
  • 自社の商品で一番おすすめの商品は何か。また、おいしい食べ方等があれば教えて欲しい。
  • 日本食品分析センターへの分析依頼は、誰がどのような形で行っているのか。
  • 山椒の香気成分の研究をしている。現在使用している機器がGC(ガスクロマトグラフィー)で、今後GC-MS(ジーシーマス)の使用を予定している。香気成分の分析に他のアプローチはないか。
  • 品質保証の仕事の魅力は何か。
  • 自社で人気の無い商品をPRするために、どのような方法をとっているのか。
  • 富有柿を広める活動をしている。柿を使った食品を開発する場合にどのようなものが考えられるか。
  • 企業の品質管理ではなく、日本食品分析センターの仕事を選んだ理由は何か。また仕事のやりがいは何か。
  • お客様センターへは、様々な内容の電話があると思うが、消費者の苦情の真偽はどのように判断しているのか。
  • 食品企業で働くうちに身についたスキルや食品を口にする際につい考えてしまうことなどはあるか。

 

企業と行政のパネリスト

企業と行政のパネリスト

 

熱心に講義を聴く学生

熱心に講義を聴く学生

 

学生からの質問に答えるパネリスト

学生からの質問に答えるパネリスト

 

企業、行政に質問する学生

企業、行政に質問する学生

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:消費者対応班
代表:052-201-7271(内線2807)
ダイヤルイン:052-223-4651
FAX番号:052-220-1362