このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

平成31年度インターンシップ

平成31年度インターンシップの申込受付は終了しました。
多数のエントリー、誠にありがとうございました。

目的

学生が東海農政局において就業体験を行うことにより、学習意欲を喚起し、高い職業意識を育成するとともに、農林水産業、農山漁村及び農林水産行政に対する理解を深めてもらうことを目的としています。

対象

大学、大学院生等

受入部署、期間、実習内容

原則として東海農政局において、7月から9月のうち、2週間程度の間、実習生として受け入れます。

実習時間は、原則として月曜日から金曜日までの午前9時15分から午後5時15分までとします。

受入部署及び実習内容等は、別添「平成31年度インターンシップ受入先一覧(PDF : 57KB)」のとおりです。

応募方法

応募については、各大学又は大学院(以下「大学等」という。)から、学生を推薦していただきます。(学生個人からの応募は受け付けておりません。)
なお、学生の参加が決定した際には、東海農政局と大学等において、覚書を交わす等の手続きを予定しておりますので、学生の推薦は大学等の責任において行ってください。

(1)インターンシップを希望する学生は、大学等の就職担当部局等に申し出てください。
(2)大学等の就職担当部局等は、インターンシップに参加させるものとして推薦する学生を「推薦申込書」(別紙様式2)に取りまとめ、被推薦者ごとに「平成31年度農林水産省就業体験実習調査表(個人が作成)」を添付して、応募締切までに下記の応募先まで郵送にて提出してください。

応募締切

令和元年6月3日(月曜日)必着

応募先

郵便番号 460-8516
名古屋市中区三の丸一丁目2番2号

東海農政局総務課インターンシップ担当

受入学生決定

(1)東海農政局は、提出していただいた調書に基づき、受入学生の選考を行い、受入の可否を大学等に連絡します。
(2)受入が決まった学生が在籍する大学等は、東海農政局との間で「覚書」(別紙様式4)を締結するため、東海農政局から送付する「覚書」に記名・押印の上、東海農政局担当へ返送してください。
(3)受入が決まった学生は、「誓約書」(別紙様式5)を記入の上、在籍する大学等の担当者へ提出します。大学等は取りまとめの上、(2)で作成した「覚書」と併せて東海農政局担当へ送付してください。

所要経費

本インターシップの必要経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については、原則として各自で負担していただきます。また、受入課(室)によっては、実習中に現地調査等を行う場合がありますが、その場合の必要経費についても各自で負担していただくことになります。
なお、受入に際しては、学生教育研究災害傷害保険、インターンシップ等賠償責任保険の両方に加入していることを条件とします。

要領等

詳細は、別添「農林水産省就業体験実習実施要領」等をご覧ください。

様式

お問合せ先

総務課

担当者:インターンシップ担当
代表:052-201-7271(内線2226)
ダイヤルイン:052-223-4613
FAX番号:052-219-2666

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader