このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

平成29年度東海農政局モニター交流会の概要

平成29年度は、東海農政局管内の各県から24名のモニターの方々に参加いただき、三重県鈴鹿市において交流会を開催しました。

開催日時及び場所

日時

平成29年11月29日(水曜日)10時00分~14時30分

場所

鈴鹿市伊船野田町民センター(三重県鈴鹿市伊船町)及び「近藤ファーム」農場(三重県鈴鹿市伊船町)

参加者

  • 農業者モニター(8名)
  • 漁業者モニター(1名)
  • 流通加工業者モニター(2名)
  • 消費者モニター(13名)

テーマ

三重県で活躍する女性農業者の取組

内容

講演等

郷土料理「長島の箱ずし」を通して米消費拡大と次世代への食文化の伝承

  • 講演及び箱ずし作りの実演
  • 講師:「すし工房なばな」代表 伊藤さなゑさん

女性農業者が夢に向かって躍進、地域農業で輝くために

  • 講演及び農場見学
  • 講師:「近藤けいこナチュラルベジタブル」代表理事 近藤啓子さん

施策説明

農林水産業における女性の活躍推進について

調査結果説明

女性農業者の活躍躍進と農業女子プロジェクトに関する意識・意向調査結果(東海3県)説明

意見交換会

 

交流会の様子

「すし工房なばな」伊藤さなゑさんの講演

消えかけていた郷土料理の「箱ずし」を現代風にアレンジして商品化することによる食文化の復活と継承の取組、「生涯現役」をモットーに女性の活躍する場を創出するまでの取組などについて説明を受けました。

「すし工房なばな」伊藤さん講演

参加者と一緒に「箱ずし」作り
参加者と一緒に「箱ずし」作り

木箱に色とりどりの具材が並びました
木箱に色とりどりの具材が並びました

 

「近藤けいこナチュラルベジタブル」近藤啓子さんの講演

ワークライフバランスを重視した主婦ならではの感性を取り入れたミニ野菜やリーフ類の生産から販売までの取組、有機肥料を使用し、農薬・除草剤を使用しない栽培方法と女性に無理のない働きやすい環境を提供している取組などについて説明を受けました。

近藤啓子さん講演


「近藤ファーム」の農場見学
「近藤ファーム」の農場見学

意見交換会の様子
意見交換会の様子

モニター交流会参加後の主な感想

  • 現在、活躍されている「すし工房なばな」の伊藤さん、「近藤けいこナチュラルベジタブル」の近藤さんの講演を聞くことができ、元気をもらうとともに農業における女性の力は大きいと感じました。
  • 農業において更に女性が活躍できるよう、今後の農林水産省の施策に期待します。
  • 農場見学において、季節的に作付けしている野菜の種類が少なかったため、開催時期の検討をお願いします。

お問合せ先

統計部統計企画課

ダイヤルイン:052-763-4730
FAX番号:052-763-4709