このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    平成30年度消費者団体等との意見交換会(広島県)の概要


    中国四国農政局では、消費者団体等との意見交換会を広島市で開催しました。
    概要については、以下のとおりです。

    1. 開催日時、場所

     平成30年12月11日(火曜日)13時30分~16時15分
     広島合同庁舎2号館6階広島県拠点会議室

    2. 中国四国農政局からの情報提供

     (1)平成31年度農林水産関係予算概算要求のポイント  等
     (2)国産農林水産物の需要拡大について
     (3)食中毒の原因と予防について

    3. 出席者(順不同、敬称略)

    • 広島県漁協女性部連合会
    • 公益社団法人広島県栄養士会
    • 広島県食生活改善推進員協議会
    • 公益社団法人広島県学校給食会
    • 広島県消費者団体連絡協議会
    • 広島県生活協同組合連合会
    • 公益社団法人広島消費者協会
    • 広島県地域女性団体連絡協議会 
    消費者団体等 8名
    農政局 5名
    出席者計 13名

    4. 出席者からの主な意見・要望・質問等

    • ジャガイモの食中毒予防について、メークインを料理する時にも同様の注意が必要と考えてよいのか。
    • 外食では、皮付きのままのジャガイモの料理が結構あることから、外食産業向けにも食中毒予防の周知をする必要があるのではないか。
    • ジャガイモの食中毒について、若い世代では分かっていない者もいることから、当団体でも広く周知していくが、国からも情報提供して欲しい。
    • 食料自給率の向上について、日本型食生活の伝承や食品ロスの問題、エシカル消費等の観点も含め、消費者自身の取組が必要だと考えている。また、食料自給率をカロリーベースで捉えることについて、消費者に分かりやすく説明することが必要ではないか。
    • 食料自給率のPRについて、例えば、消費者向けにはカロリーベース、生産者向けには生産額ベースと対象者に応じた説明を行えば分かりやすいのではないか。
    • 食料自給率については、是非とも向上させていく必要があるが、国全体の問題とともに、広島県の特徴も押さえることが重要であると考えており、国全体と併せ、広島県や中国地域の状況なども資料として提供して欲しい。
    • 食育の推進方法として、家庭菜園でも自分たちで作った物は美味しさや食べることの喜びが分かることから、子ども達と作ることをプランターから始めることも良いのではないか。また、休耕地を借用して作ることができれば、土地の有効活用となり、休耕地も変わってくるのではないか。
    • 日本型食生活について、人によってはいろいろな捉え方があることから、日本型食生活の内容と併せてPRを行えば良く分かるのではないか。また、主食と野菜を食べていれば良いという考えの人も多く、高齢者の低栄養が非常に問題になっており、バランスの取れた日本型食生活をPRして欲しい。
    • 当団体では、毎年、広島の特産であるカキの料理教室などを開催しているが、広島の美味しいカキを子どもの時から食べることができる、広島の特産の物を味わうことができる学校給食において広島県産の物をどんどん取り入れて欲しい。
    • 学校給食について、広島県はミカンの産地であるが、天候の要因もあるものの、農家の高齢化等により、広島県産ミカンなどの食材の集荷・安定供給が難しくなりつつあり、広島県の農家の人が残らなければ、地産地消も難しい。
    • 家庭において、塩辛い食事など味付けの濃い食事が多くなっており、食材本来の味や甘さが分かる子ども達がいなくなっている。学校栄養士は、子ども達にその食材の本当の味を分からせたい、教えたいと考えており、勤務時間外や休日にも料理方法を検討するなど非常に苦労している。
    • 鳥獣被害について、イノシシが田の畔を荒らすことにより、水が抜けてしまうことがあるが、自ら修理するには金も掛かることから、高齢者は耕作を止める状況にある。
    • 外国人が、水資源を確保するために、日本国内の山林を購入していると聞いているが、国として何らかの対策を行っているのか。
    • 瀬戸内海のエビやアナゴなどの魚がだんだんと減っており、学校給食への供給等も難しい状況にあることから、何が原因なのかを研究して欲しい。

    5. その他(意見交換会写真等)


    (農政局からの説明)

    (意見交換会の様子)

    お問合せ先

    消費・安全部消費生活課
    代表:086-224-4511(内線2322)
    ダイヤルイン:086-224-9428
    FAX番号:086-224-4530

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader