このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    平成30年度消費者団体等との意見交換会(岡山県)の概要


    中国四国農政局では、消費者団体等との意見交換会を岡山市で開催しました。
    概要については、以下のとおりです。

    1. 開催日時、場所

     平成31年2月27日(水曜日)13時25分~16時00分
     岡山地方合同庁舎研修室

    2. 中国四国農政局からの情報提供

     (1)平成31年度農林水産関係予算等について
     (2)国産農林水産物の需要拡大について
     (3)食中毒の原因と予防について

    3. 出席者(順不同、敬称略)

    • 公益財団法人岡山県学校給食会
    • 岡山市連合婦人会 
    • 公益社団法人岡山県栄養士会
    • 岡山県栄養改善協議会
    • 岡山県生活協同組合連合会
    消費者団体等 5名
    農政局 6名
    出席者計 11名

    4. 出席者からの主な意見・要望・質問等

    • 国産品は値段が高いが、安心・安全を信じて国産品を買っているにもかかわらず、食品偽装で裏切られると凄く腹立たしく思う。
    • 食育については、若いお母さん方に対する啓発が非常に大事であり、母親が参加し易い時間帯にセミナーを開催すれば、和食などへの広がりも期待できるのではないか。
    • 食育について、最近は、朝ご飯を食べていない子が多く、朝ご飯を食べていても、菓子パンで済ませたり、一人でご飯を食べる孤食となっている。そういうところを大きな問題として取り上げて、少しでも良い方向にしたいと考えており、まずは朝ごはんを食べよう、次は家族で食べよう、その次にバランスの良い和食を食べて学校に行こうということで進めている。
    • 当団体では、食育活動として、地域での親子料理教室のほか、学校で子ども達と一緒に、野菜を育て、収穫して調理をすることに取り組んでいるが、子どもが少なくなり、学校によっては校長先生の考え方もいろいろあり、授業に入り込めないところもあるなど、どこでもということにはいかない状況にある。
    • 食料自給率の向上には、原料の国産比率を上げる必要があるが、例えば、卵は、国産飼料を使用すると通常より高額になってしまい、買い控えが起こるなど、その間をどう取り持つのかが非常に難しい。その方法として、飼料の国産化を具体的に進める施策と、その上に、消費者がお得感を持つようなものが必要ではないか。
    • 食料自給率が低迷しているが、企業でも10年計画を立てた場合、2、3年毎に細部の戦術を見直しているように、行政もポイントを絞った対策をしないと、食料自給率目標の達成は難しいのではないか。
    • 米の普及については、米粉は小麦粉に価格で負けることや、健康を意識する者は、もち麦や五穀米などの雑穀系にトレンドが流れており、白米での消費拡大は難しいのではないか。
    • 食品ロスについて、恵方巻、クリスマスケーキなどの食品廃棄が、非常に多いと聞くが、政策とのアンバランスを感じており、消費者団体としては理解に苦しむ。
    • 年代に共通して、孤食が増えており、商品を必要な量だけ食べて、残りは冷凍して食べるというトレンドにあるが、商品を小分けすれば、コストも上がり、ゴミが出るという難しい問題もある。
    • 学校給食で一番困っているのはアレルギー対応であり、生産ラインをストップして洗浄し、コンタミを防いでいるが、ラインを止めた時間や労賃は、商品に含まれるため費用が高くなるなど、非常に難しい問題である。
    • ジビエについては、食肉処理における衛生面での管理が気になる。
    • 水産資源について、日本だけではなく、世界的に取り合いになっている環境にあるが、魚と食は非常に密接な関係にあり、食生活にも関わってくる懸念があると危惧している。
    • 学校給食では鯨肉の使用が多く、調査捕鯨の鯨も活用していたが、今後、商業捕鯨になった場合、必要量が確保できるのか非常に心配している。食文化・食の歴史において、鯨は学校給食と切り離せない面もあることから、守って欲しい。
    • 豪雨被害への支援について、最近、一部のカキ養殖の産地で、殻を開けてみたら中身がなかったなど収穫量が減少していると聞いており、現時点で生産に影響が出ている品目もある。支援は単年度であるかもしれないが、その辺の声も聞いて生産の継続性を持たせることも必要ではないか。

    5. その他(意見交換会写真等)


    (農政局からの説明)

    (意見交換会の様子)

    お問合せ先

    消費・安全部消費生活課
    代表:086-224-4511(内線2322)
    ダイヤルイン:086-224-9428
    FAX番号:086-224-4530

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader