このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    農薬危害防止運動について

      
    農薬を安全で適正に使用し、その保管管理を徹底することは、農業生産の安定だけでなく、国民の健康や生活環境の保全の観点からも重要です。6月から8月は「農薬危害防止運動」の実施期間として、農薬を使う機会が多いこの時期を中心に、農薬による事故防止や農作物の安全確保、生活環境の保全を推進する運動を全国的に展開しています。

    農薬危害防止運動の目的

       農林水産省は、農薬取締法、毒物及び劇物取締法の関係法令に基づいた、農薬の適正な取扱いについて関係者を指導しています。
       農薬の使用に伴う人や家畜への危害を防止するためには、農薬を使用する機会が増える6月から8月に指導を強化するのが効果的です。「農薬危害防止運動」は、その一環として実施するものです。 

     

    実施期間

       原則として、毎年6月1日から8月31日までの3ヶ月間

     

    実施事項

       主な実施事項は以下のとおりです。

    • 啓発ポスターの作成及び配布、新聞への記事掲載等による、農薬及びその取扱いに関する正しい知識の普及啓発
    • 農薬による事故を防止するための指導
    • 農薬の適正使用等についての指導
    • 農薬の適正販売についての指導
    • 有用生物や水質への影響低減のための関係者の連携

     

    実施主体

       農林水産省、厚生労働省、環境省、都道府県、保健所設置市及び特別区が運動の実施主体です。
       また、農薬の使用現場においては、関係団体等が一体となって運動を推進します。

      

    農薬を使用の際には、チェックシート(農薬使用チェックシート(PDF:90KB))で確認を!

    お問合せ先

    消費・安全部安全管理課
    代表:086-224-4511(内線2391)
    ダイヤルイン:086-227-4302
    FAX:086-224-4530

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader