このページの本文へ移動

中国四国農政局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)の被害防止対策

    近年、温暖化等の影響による病害虫の発生時期の早期化、発生量の増加、発生地域の拡大がみられ、従来の防除体系で被害の防止が図れていた農作物にも被害が生じることがあります。

    特に令和2年度の水稲作では、暖冬の影響で越冬したジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)の個体数が多かったことから、複数の地域で平年に比べて発生が早くなり、田植え直後の移植苗に大きな被害が認められました。

    このような状況を踏まえ、農林水産省では、ジャンボタニシの被害軽減に資する防除対策ポイントや留意事項等を整理した指導者向け防除対策マニュアル及び生産者向け防除対策リーフレット等をとりまとめ、公表しています。

    農林水産省ホームページ
    参照URLhttps://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/gaicyu/siryou2/sukumi/sukumi.html

    お問合せ先

    消費・安全部農産安全管理課

    担当者:植物防疫係
    ダイヤルイン:086-227-4302
    FAX番号:086-224-4530

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader